« 「セプテンバー11」 | トップページ | チエちゃん »

放送大学

先ほど、放送大学の合格通知が届いた。合格通知といっても、試験があるわけではなく、基本的に高卒の資格があれば入学することができるのだが、はっきりと結果が来るまではちょっと不安な気持ちもあったのでとても嬉しい。

もともと、日経トレンディの「得する裏ワザランキング」という特集で、「放送大学の全科履修生になれば、au の学割が使える」というのを読んだのがきっかけだった。また、放送大学の学生証があれば国際学生証を作ることができ、海外では美術館などの割引が受けられたり、無料になるところもある。4年で卒業する必要はないので、最長10年、学生の特権を使うことができるわけだ。日本の映画館などで使うことができるかどうかについては書いていなかったのでわからないが、JRの長距離切符も割引になるという。それっておいしい話じゃん、と思って資料を取り寄せてみたところ、おもしろそうな科目もたくさんあり、入学することにした。

4月からの前期で受講するつもりなのが、「乳幼児心理学」「アメリカの歴史」「スペイン語」の3つだ。6年生の娘は、「放送大学」と聞いて、私が放送関係の勉強をすると思ったらしく、「なんでまた?」と怪訝そうにする。放送の勉強ではなく、通信教育だ、と言うと納得していたが、受講する科目を聞いて「なんで乳幼児心理学とかアメリカの歴史なの?スペイン語はわかるけど。」とわけのわからないことを言う(^^;)。中2の娘が、「おかあさんは保育士なんだから乳幼児心理学とか勉強するのは普通でしょ。スペイン語のほうがわからないよ。」と言うと、6年生の娘は「えー、だって、スペイン語はたくさんの国で話されてるし...」 要するに、彼女にとって勉強する価値があるかどうか、ということなのかな。

昨年、イタリアに行く前にイタリア語を少し勉強したのだが、これがとても楽しかった。先生が若いイタリア人女性で、彼女がとてもよい先生だったのと、同じクラスになったメンバーがみんなユニークな人たちだったからだ。今年は海外に行く予定はないが、スペイン語圏には行ってみたい国がいろいろあるので、できる時にちょっと勉強しておきたい、という気持ちがある。スペイン語はイタリア語と似ているところがあるので、イタリア語を忘れないうちにスペイン語をやってみたい、というのもある。ただ、語学はやっぱり通信教育ではなく、仲間がいたほうが楽しいだろうな、とは思う。まあ、職場にはスペイン語が母国語、という人もいるので、その人たちにいろいろ聞いたりしながらやっていければいいな、と思う。

ロンドンに住むペンフレンド(今はメールフレンドだが)に、「通信教育を始めるつもりだ」と話すと、「私はそういうの、できそうにないわ」と言う。彼女は主婦をしながら大学に通っている。「私は大学に行って、課題を出されたり期限を設定してもらわないと、とてもやれないと思う。怠け者だから、追い立ててくれる人が必要だわ。」
同じ保育園で働いているもうひとりの日本人の人も「以前大学の通信教育をやったことがあるが、自分には向かなかった。スクーリングは楽しかったけど」と言っていた。

はたして、私はどうだろう?
ともかく、今はとてもワクワクしている(^^)。

|

« 「セプテンバー11」 | トップページ | チエちゃん »

学問・資格」カテゴリの記事

コメント

放送大学って、そういう美味しさがあったんですね(笑)
学割だと、色々な特典がいっぱいあものね。
PC関連ではソフトのアカデミーパックもありますよ。

進研ゼミなどの、通信教育は私も続かなかった方です。
でも、10年かけていいなら私も勉強してみたいなぁ。
ちょっと気持ちが揺れたぴかです。

投稿: ぴか | 2004.03.14 07:42

ぴかさん、コメントありがとう(^^)。

卒論では、「アメリカと日本の保育観の違い」あるいは、「バイリンガルは育つか?」などについてやってみたいなぁ、と今から楽しみにしています。
放送大学には大学院もあるので、そっちのほうを考えるのもいいかな、とも思っています。今回は募集が締め切られていたので検討しませんでしたが。

でも、卒論にいきつくまでに、はたして続くかどうかが問題ですが(^^;)。ぴかさんも通信教育は続かなかったんですか...
ちょっと心配だけど、ブログで宣言したからにはやらなくちゃ!?

子どもが小さい時はどうしてもそちらに時間をとられてしまうけど、子どもはいつか大きくなるから、ぴかさんにも時間のとれる時がきっときますよ(^^)。

投稿: じゃりんこ | 2004.03.14 12:42

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17663/636120

この記事へのトラックバック一覧です: 放送大学:

« 「セプテンバー11」 | トップページ | チエちゃん »