« ハワイの香り | トップページ | 本「アジア大バカ珍道中」 by 黒田信一 »

本「清潔はビョーキだ」 by 藤田紘一郎

1960年代半ばから日本人に多発してきた花粉症やアトピー性皮膚炎、気管支喘息などのアレルギー疾患。あるいは、1996年に起こった病原性大腸菌O157による食中毒事件。MRSA(メチシリン耐性黄色ブドウ球菌)などの抗菌薬が効かない耐性菌による院内感染。衛生状態のよい先進国でこうした問題が起こるのはどうしてなのか。抗菌グッズがあふれ、必要以上に抗生物質が使われ、徹底した清潔志向、無菌化をめざす風潮に問題があるのでは、と著者は言う。

無菌状態で育てられた人間は、菌に対する免疫をもたず、昔なら人間とうまく共存していた大腸菌や黄色ブドウ球菌などの菌によってすら発病してしまうのだ。1996年のO157事件で、たくさんの児童が同じ給食を食べているが、実際に感染した子どものうち、30%は無症状、60%が下痢のみの症状、10%で合併症が起き、重い症状を示した子どもは超清潔志向に育てられた子どもであったという。

ややこしい話をわりとわかりやすく書いてあり、主張にもうなずかせられることが多かった。

保育園では「清潔」ということにとても気をつかう。うちの保育園でも、子どもが口に入れたおもちゃは石鹸で洗い、ブリーチ消毒。砂場も、犬や猫のフンの心配があって閉鎖されてしまった。乳児の部屋では特に神経質で、部屋の中では靴を履いているアメリカ人も、数年前から乳児の部屋だけは保育者はスリッパを履くようになった。そしてもちろん、手洗い、手洗い、手洗い...。おむつを替えたらその子の手も洗う。子どもの鼻水を拭いたら保母は手を洗わなければいけない、とされている。

私は保育関係のメーリングリストに参加しているが、先日、そこで、衛生上の理由などで母親の保育園での授乳を拒否しているところがあるらしい、という話を聞いた。「衛生面の問題とはどういうことなのか」と訊くと、乳児の保育にたずさわっている園では職員は月1~2回の検便を提出しなければいけないそうで、結局、そういう検査を受けていないような人にはあまり部屋に長居してもらいたくない、ということのようだ。

保育園はたくさんの子どもが一緒に生活する場なので、清潔面に気をつけなければならないのはもちろんだが、うちの園にしても他の園にしても、いきすぎているところがある気がする。でも、私も含めて、「清潔を気にしすぎるのはよくないんじゃないの」とはなかなか言い出せないのだ...

4022613211清潔はビョーキだ (朝日文庫)
藤田 紘一郎
朝日新聞社 2001-01

by G-Tools

|

« ハワイの香り | トップページ | 本「アジア大バカ珍道中」 by 黒田信一 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

MLで一緒のあさこです。
お久しぶりです。
4月から、産休代替で保育園で働いています。
今の、園も衛生面はすごくきびしくてびっくりしています。

今まで見てきた園で一番きびしい・・
食事の前には、子供の手にアルコールをふきかける。
テーブルを吹くときも、アルコールをかけてから
テーブルをふく。

汚れた椅子もアルコールを霧吹きでかけてからふく。

子供が食べるものを素手ではさわらない。
触るときにはビニール手袋をする。

うんととかをとりかえるときには、ビニール手袋を
してとりかえる。

小さい子が横になってオムツ変えをするときは、
その台を1度、アルコールで霧吹きをかけて
吹いてから、子供を寝かせる。(だから机のマットみたいな台)

保育士も、子供の食事を配る前には手にアルコールを吹きかけてから配膳する。

衛生面って大事だと思うんだけれど、ちょっといきすぎだなあと
思っています。 おかげで私の手はガサガサになりましたね。

投稿: あさこ | 2004.04.20 17:50

あさこさん、こんにちは(^^)。

おむつがえの時に手袋をしたり、その台をブリーチ消毒したりする
のはうちも同じです。子どもが怪我をして出血しているような時も
必ず手袋をするように、と言われています。何かする度に手を洗え、と言われているので、私の手も悲惨です。

でも、あさこさんの園はうち以上に大変そうですね...

清潔は大事だけど、菌をすべてやっつけてしまおう、とするのは
確かにかえって悪影響があるのでは、と、この本を読んで思いました。

親が自分の子どもに保育室で授乳することすら許されないのも
やっぱり変だと感じます。

ただ、清潔に関する感覚って個人でだいぶ違うから、むずかしい面
はありますね。
たとえば、うちのクラスの保母さんのひとりは、配膳の時のおたま
をシンクの配膳台にボンっと置いたりするんですが(直前にそこを拭
いたりはしていない。絵の具やおもちゃなどが置かれていたりする
こともある場所...食事時にはかたづけられてはいますが)、私は
いやだなぁと思っています。

つまり、「普通の」感覚で変だと思うこと...という言い方をしても、普通の感覚にかなりばらつきがありそうなので、やっぱりある程度の基準があるのはいいかなぁとは思います。ただ、今の保育園とかはどう考えても清潔志向がいきすぎている面はある気はしますね。

投稿: じゃりんこ | 2004.04.20 21:22

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17663/446759

この記事へのトラックバック一覧です: 本「清潔はビョーキだ」 by 藤田紘一郎:

« ハワイの香り | トップページ | 本「アジア大バカ珍道中」 by 黒田信一 »