« 兄弟の性格 | トップページ | 本「医者のホンネ」 by 柴田二郎 »

友達

私は保育園で1歳児クラスを担当している。今日は、先週の木曜に体調をくずして帰宅した子ども(A)が1週間ぶりに登園してきた。朝、Aの姿を見たとたん、別の子(B)が、Aを指してAの名前を呼んだ。今までBがAの名前を呼ぶのを聞いたことがない。「そう、Aだよね。BはAに会えて嬉しいね」と言うと、また、A!A!と繰り返した。
続いて登園してきたCも、Aを見てはっと息をのみ、Aを指差して私の顔を見る。「そう、Aが帰ってきたんだよ(^^)。」

きわめつけはD。今日、Dは12時頃、みんなが昼食を終えてお昼寝態勢に入っている時に登園してきたため、来てすぐにお昼寝、ということになった。昼寝からめざめてしばらくして、Aが寝ているのを見つけ、「A!」と言って嬉しそうな叫び声をあげ、Aに襲いかかった(^^;)。

Aはふだん、友達を押したり、友達のおもちゃを取ったり、ということをする子なので、Dもしょっちゅう「Aがやった」と保育者に訴えにきたりする。でも本当はとても仲のいい友達なのだ。

お休みの子や、2歳になって隣の部屋へ移った子、アメリカへ帰ってしまった子などのことを時々話題にして、「Eはどこ?」と子ども達に尋ねたりする。両手をひろげて「さあ?」という素振りをする子、ちょっと考えて「バイバイ」と言う子、2歳近くになると、「Eは疲れてるんだよ」とか「Eは病気なんだよ」と言う子もいる。Aが休んでいる間も、時々Aのことを話題にして、Aは病気なんだよ、だから今日は来ていないんだよ、と子ども達に話していた。

今日の子ども達の反応を見ていて、この子たちはこんなに小さいけど、友達なんだなぁ、と改めて思った。Aがしばらく来ていないこともわかっていたし、Aが久しぶりに来たことを喜んでいる。「3歳までは家庭で」という意見もあるが、保育園で友達のいるこの子達はそれなりにラッキーなのかもしれない。

|

« 兄弟の性格 | トップページ | 本「医者のホンネ」 by 柴田二郎 »

保育」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17663/418647

この記事へのトラックバック一覧です: 友達:

« 兄弟の性格 | トップページ | 本「医者のホンネ」 by 柴田二郎 »