« ビデオ「アタックナンバーハーフ」 | トップページ | ダーティライス »

かなしいとき、うれしいとき

かなしいときー。
せっかく作ったお弁当を持ってくるのを忘れたのに気づいた時!

うちの職場はアメリカカレンダーなので、ゴールデンウィークは関係なく、今日もいつもどおり6時に家を出た。以前、早番だった頃は、5時台に朝ご飯を食べていたが、そうすると、10時にとることになっている1時間休憩の時には既におなかがすいて、つい何か食べてしまい、でもって、保育室にもどって11時半には子どもと一緒の給食も食べるので、どうしても過食気味になってしまう。その証拠に、遅番に代わってから、体重が4キロ減った。遅番だと、11時半に子どもと給食を食べた後で1時間休憩をとるので、その時に何か食べようという気にはならないからだ。

で、今度また早番になるにあたって、5時台にご飯を食べることをやめ、8時半の15分休憩の時に、家から持ってきたお弁当を食べることにした。そうすれば、10時の休憩時にはまだおなかが空いていないので、コーヒーだけですむ。お弁当といっても、ほとんど前日の夕食の残りとおにぎりくらいのものだが、一応ちゃんとお弁当箱につめて袋に入れて用意しておいたのに忘れてしまう...ということが時々ある。

まあ、子ども達が代わりに食べてくれるので、ムダになってしまうことはないとはいえ、通勤途中の車の中でそのことに気づいた時は悲しい。

うれしいときー。
アメリカに帰った子どもの親から、久々に子どもの写真とともにメールが届いた時!

Mは、金髪で色白の、目がくりくりした男の子だった。通常は、2歳になると隣のクラスに移るのだが、彼の場合は、2歳になって数週間でアメリカに帰ることがわかっていたので、親の希望で2歳になってからもうちのクラスに残っていた。そんな彼ももうすぐ3歳になるという。おかあさんは、日本を去る時、おなかが大きかったのだが、アメリカに戻ってから男の子が生まれ、Mはおにいちゃんになった。しばらく前、赤ちゃんの写真とMの写真を別々に送ってもらっていたが、今日は、Mと7ヶ月になった弟が一緒に写っている写真で、ああ、やっぱり兄弟だなぁ、と思わせられる雰囲気がある。

おもしろかったのは、おかあさんが兄弟の性格について書いていたことだ。彼女によれば、Mは父親に似て落ち着いているが、弟は彼女に似て気分屋だという。彼女とそのご主人は、Mは手のかかる子だと思っていたけど、今となっては、彼はなんてやりやすい子どもだったんだろう、と思う、と書いている。でも、弟がこれからどんなふうに大きくなっていくのか楽しみだ、とも書いている。彼女は自分が気分屋だと書いているけれど、私はもちろん彼女の温かい人柄を知っているし、メールからもふたりの息子への愛情がいっぱい感じられる。

Mは日本を離れた頃、少しずつ文単位で話すようになっていたけど、今はもっといっぱい話すんだろうな。M以上に手のかかる、という弟君にも会ってみたい。いつまで彼女が私にメールをくれるかわからないけれど、大きくなった子どもを見るのは本当に嬉しいものだ。

|

« ビデオ「アタックナンバーハーフ」 | トップページ | ダーティライス »

米軍基地保育園」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17663/538874

この記事へのトラックバック一覧です: かなしいとき、うれしいとき:

« ビデオ「アタックナンバーハーフ」 | トップページ | ダーティライス »