« 3週間の休暇 | トップページ | ビデオ「アバウト・シュミット」 »

イラク駐留米軍兵士の生活

今朝、登園してきた子どものTシャツが、いつも彼女が着ているのとは違った雰囲気のもので、「かっこいいね」と言ったら、Tシャツを指差して、「ダディ」と言う。「ダディが送ってくれたの?」と訊くと、母親がそうだ、と答える。彼女の父親はイラクに赴任中だ。

Tshirt.jpgTシャツには大きな鷲が描かれ、"OPERATION IRAQI FREEDOM" と書かれている。イラク解放事業...現地に行っているアメリカ兵は、イラクの自由のために働いているのだと思っている...というか、思おうとしているのかもしれない。子どもサイズのこのTシャツはどんな意図で作られたのだろうか。

同室の保母さんのご主人もイラクに赴任中だ。彼女に「イラクの米軍基地にも、Tシャツが売っているような店があるのか」と訊くと、規模はとても小さいけれど、一応、日用品の買える店があるらしい。彼女のご主人は、テントで寝泊りし、仕事をしている簡易オフィスでは数日前にエアコンが壊れ、猛暑の中、一日中、軍服を着て過ごさなければならない。しかも、下には防弾チョッキをつけて。それでも、今は基本的に基地から出ない仕事で、メールや電話で連絡をとることができるし、今、彼のいる所では危険なことは起きていないようだから少しは安心だ、と言っていた。クウェートからイラクの基地に移動する時など、しばらく連絡のとれない時期などもあり、その時はとても心配していた。テレビをつけるとしょっちゅう恐ろしいニュースが流れているので、こわくてテレビが見られない、と話していたこともある。彼女自身、4人の子どもを抱えての一人親状態で、かなりのストレスを感じている。

家族もおそらく本人も、イラク行きを歓迎していなくて、「じゃあ、イラクに行きたくないから軍をやめます、とかってできないの?」と尋ねたことがある。どういう仕組みなのかよくはわからなかったが、とにかくそれはできないらしい。そんなことをすると、一生まともな仕事にはつけないらしい。まあ、軍を維持する側から考えれば、そういう仕組みを作っておくのは当然ではあるだろう。

ono さんの、イラク駐留米軍によるイラク人虐待事件には考えさせられた。

一般ピーポーが権力を持つこと以上に、一般ピーポーが組織に所属しているその事で、既に倫理観・道徳観が吹っ飛ぶことがあるわけですよねぇ。

家庭ではよき父、夫であった人が、どうして残虐な行為を行うことができるのか。組織に属していれば、上司の命令には従わなければならず、その組織を簡単にぬけることもできない。

「イラクの自由」のために働いている米軍兵士や自衛隊の人たちは、個人的には「いい人」がほとんどなのかもしれない(軍に入ると、住居が無料で提供されたり、大学で学ぶことができたり、様々な資格が得られる、という特典があるという理由で入隊する人たちも結構いる、と聞いている)が、その人たちが組織の一員として働くことで出てくる結果が必ずしもイラクの人たち、あるいは世界にとってプラスとはいえないものである時...

アメリカ軍では死亡の原因として自殺がかなり高い率を占めている、というのもわかるような気がする。

つきつめて考えれば、私も米軍の活動をサポートしている一員であり、でも、今の仕事を失うことは考えられない...

|

« 3週間の休暇 | トップページ | ビデオ「アバウト・シュミット」 »

米軍基地保育園」カテゴリの記事

コメント

トラバ、ありがとうございました。

登場する子どもはアメリカ人?日本人?とかいろいろと考えながら、とても悩ましく読みました。

良きことと生活が関係しない場合や良きことと生活が同じ方向の場合は良いのだけれど、良きことと生活が矛盾する場合、事態はとても難しいことになります。
個人に「良きことを選択しなさい」とはとても言えなくなる。

はっきりと「社会が悪いのだ」と表明できて生活もうまく転換できれば良いんだけれど、「自己責任」などと責められる可能性さえあり、個人が追いつめられてしまう。

もう少し、なんとかならんのか、人類の蓄積した知恵ってまだこんなもんかいなと、悲観的になってしまいます。

あとで トラバ返しをしておきますね。

投稿: ono | 2004.05.14 00:45

ono さん、コメントありがとうございます(^^)。

登場する子どもはアメリカ人です。プロフィールに書いていますが、米軍基地の保育園で保育士をしているので、子どもはみんなアメリカ人です。たまに、母親が日本人、という子がいたりしますが、父親がアメリカ人なので、子どもはアメリカ国籍も持っていると思います。

例の9・11事件が起きた時、戦争にならなければいいけどな、戦争になって、この基地から戦地に行くような人が出たらどうしよう、仕事をやめるかなぁ、と思ったりしましたが、実際に戦争が始まってしまった今、私は今の仕事がとても好き(日本にいながら異文化社会の保育が見られるのでとてもおもしろい)なのと生活する必要もあって、仕事をやめることは考えられずにいます。

米軍はイラクの自由のために仕事をしている、と信じたいのは私でもあります。...

でも、米軍は現地で歓迎されていませんよね...同僚にそう話すと彼女も「そうだよね...」と言いました。でも、彼女達やあるいはそのご主人達に何ができるかというと...無力感にとらわれてしまいますね...

投稿: じゃりんこ | 2004.05.14 16:15

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17663/589896

この記事へのトラックバック一覧です: イラク駐留米軍兵士の生活:

» イラク駐留米軍によるイラク人虐待事件 [ono]
駐留米軍による虐待はなぜ起きたか。  ●戦争という極限状態が人を狂わせる。倫理観を失わせる。  ●上官からの命令は、人を簡単に残虐にさせる。   http:... [続きを読む]

受信: 2004.05.14 00:46

« 3週間の休暇 | トップページ | ビデオ「アバウト・シュミット」 »