« 「華氏911」全米800館満員! | トップページ | 本「日本とアメリカ逆さの常識」by アントラム栢木利美 »

コミック「NHKにようこそ!」by 滝本竜彦&大岩ケンヂ

NHKってご存知でしょうか。日本放送協会ではありません。日本ひきこもり協会だそうで...

昨日、中1と中3の娘たちと出かけた時、電車の吊り広告に「NHKにようこそ」というのがあった。コミックらしかったので、彼女らに「あれ知ってる?」と訊いてみたところ、「知ってるよ」「わぁ、コミックになったんだ」「ほしい~」...というわけで、本屋に寄って買って帰る。

娘はふたりとも帰りの電車の中で読んでしまい、「おもしろいの?」と訊くと、「うーん、私は好きだよ」「でも、私は”ネガティブハッピーチェーンソーエッヂ”のほうが好きだけど。」
ネガティブハッピーチェーンソーエッヂ?...なんちゅうタイトルだ。
家に帰ってアマゾンで見てみると、ああ、確かにこの本は娘の部屋にあった。

今日、娘に貸してもらって「NHK...}を読んでみた。
大学を中退し、4年間ひきこもりをしている男性が主人公で、彼をひきこもりから救い出そうとする(?)高校生の女の子とか、たまたま彼のアパートの隣の部屋に越してきた彼の高校時代の後輩などとの関わりで、物語が進行していく。

中学生にはあんまり見てほしくないなぁ、と思うような絵もあったりして、私には入り込めない作品だったけど、こういう作品に彼女らがどうして惹かれるのかが気になって、アマゾンで感想を読んでいたら、娘がそばにやってきた。

母「ねぇ、この主人公に共感したりとかするわけ?」
娘「それはない」
母「じゃあ、何がおもしろいの?」
娘「うーん、展開が読めないところとか」

私がアマゾンで見ていたのは、原作のほうで、原作とコミックとは結構違っているらしい。コミックはまだ完結していないので、私はラストを知らないのだけど、「最後のおちもいい具合にきまっています」という感想に、娘は「ええ、そうかなぁ、私は拍子抜けしたけど」と言っていた。でも、「後味の悪い終わり方ではない」という感想に、「それはそう」とも言っていた。

「絶対に予想できないラスト」という感想もあったし、「展開がよめない」という娘の感想もなるほど、という感じはする。私には入り込めないけど、退屈な本ではない。ふたりともコミックと原作では原作のほうが好き、と言っていたので、原作のほうがおもしろいのかも。

「ひきこもり」について、共感はできなくても、理解はできる、というところはあるのかな、と思う。

|

« 「華氏911」全米800館満員! | トップページ | 本「日本とアメリカ逆さの常識」by アントラム栢木利美 »

育児」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17663/855115

この記事へのトラックバック一覧です: コミック「NHKにようこそ!」by 滝本竜彦&大岩ケンヂ:

» NHKにようこそ! [よっしーの脳内世界]
NHKにようこそ! 1 NHKってなんだと思っていたら、日本ひきこもり協会のこと... [続きを読む]

受信: 2005.07.25 07:29

« 「華氏911」全米800館満員! | トップページ | 本「日本とアメリカ逆さの常識」by アントラム栢木利美 »