« 「心の理論」と自己イメージの形成について | トップページ | 本「極限の民族」 by 本多勝一 »

コーヒーの香り

放送大学のスペイン語講座の録音に失敗したので(どうもFM放送の受信状態がよくない)、昨日、放送大学の学習センターに行ってきたのだが、月曜日は休みなのを忘れていた(^^;)。というわけで、今日また行ってきた。早番は3時半に仕事が終わる。なんだかんだで職場を出るのは15分くらい後になるが、学習センターまでは車で30分から40分の距離だ。ところが、今日から、センターに一番近いゲートが閉鎖になったため、更に10分くらい時間がかかることになってしまったが、やはり学習センターに行くと集中できるのはいい。

仕事を終わってすぐ急いで車をとばしていくので、着くとたいてい喉がかわいている。学生控室にウォータークーラーがあるので、控室のドアを開けると、ふわっとコーヒーの香りが漂う。それだけで幸せな気分になる(^^)。娘の中学に保護者会などでたまに行くと、職員室の前でコーヒーの香りがしてきたりして、ああいいなぁと思う。コーヒーの香りをかぐとリラックスした気分になる。アロマセラピーにはコーヒーの香りはなさそうだけれど、香りで癒される、というのはわかる気がする。

|

« 「心の理論」と自己イメージの形成について | トップページ | 本「極限の民族」 by 本多勝一 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17663/734920

この記事へのトラックバック一覧です: コーヒーの香り:

« 「心の理論」と自己イメージの形成について | トップページ | 本「極限の民族」 by 本多勝一 »