« ボランティアって | トップページ | ドキュメンタリーだからできること、フィクションにしかできないこと »

映画「華氏911」

おもしろかった。
マイケル・ムーアのメッセージは明快で気持ちがいい。
米軍基地で働きながら、アメリカのことをよく知らないものだなぁ、と思わせられた(^^;)。ブッシュの履歴や、大統領選のこと...
ちょうど今「自壊するアメリカ」(赤木昭夫他著 2001年12月発行)という本で、戦争で儲ける人たち、石油のこと、サウジアラビアのことなど、を読んで、そうなんだ...と思っていたところで、マイケル・ムーアが伝えているようなことを、もっと前から言っている人たちもいるわけだけど、彼がこうして映画という形にしたことはやっぱりすごいことだと思う。そして、それは確かに、ある意味で、アメリカという国の健全性を示しているとも言える。時の大統領を正面きって批判することができる国なのだから。

(以下ネタバレ)

もっともそれは、マイケル・ムーアが、今やある種の「権力」になっていて、当局も簡単には手が出せない、というところがあるのかもしれないけど。スポーツジムで政府に批判的なことを言ったら、FBI が家に来た、というエピソードを語る老人。平和を語る市民運動にスパイとして潜入していた人がいた、という事実。誰でも言いたいことが自由に言えるのか、というと、どうなんだろう。

戦場で、自分のしていることに疑問を感じている、と吐露する兵士。映画であんな発言をしたことで、彼は軍にはいられなくなるんじゃないかなぁ、と思ってしまった...

息子や家族を亡くした人達の様子は、見ていて胸がしめつけられた...

"Do Something" ...映画が終わってクレジットが流れた時、この言葉を見て、そうだ、マイケル・ムーアという人は、自分にできることをやっているんだなぁ、と思った...

|

« ボランティアって | トップページ | ドキュメンタリーだからできること、フィクションにしかできないこと »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

SFとかファンタジー以外の映画は見たいと思わないCosですが、これだけはちょっと見てみたいなぁと思っています。

ただ、かなり忙しいので時間が取れなさそうなのがちょっと残念

投稿: Cos | 2004.08.29 10:43

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17663/1301856

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「華氏911」:

» 映画評:「華氏911」と日本の民主主義 [【きまぐれ偏拾帖】]
 何を今さら、と言う感じですが一応観てきました、「華氏911」。実は上映が終わっ [続きを読む]

受信: 2004.08.28 23:43

» 映画「華氏911」 [こすもす]
じゃりんこのコーヒータイム: 映画「華氏911」かぁ・・・・ 映画といえばSFか [続きを読む]

受信: 2004.08.29 11:05

» Cinema@華氏911 [☆ラムチョコ☆RummyChocolat☆]
何かと話題のマイケル・ムーア監督作品『華氏911』を観ました。 近くに出来たばか [続きを読む]

受信: 2004.09.02 02:04

» 華氏911-見られる状態ではないが一言- [The Depressionist's Blog]
(相当改稿を重ねています) 見たい映画ですが感情を負の方向に激しく揺さぶられそうな映画は避けるべき状況にあるのが残念なのです。 華氏911。カンヌのパルムドール... [続きを読む]

受信: 2004.10.17 21:29

« ボランティアって | トップページ | ドキュメンタリーだからできること、フィクションにしかできないこと »