« 保育園のクラス便り | トップページ | 掲示板つけました »

本「フフフの歩」 by 先崎学

しばらく前、毎日新聞に先崎学八段のコラムが連載されていて、おもしろいので、エッセー集を読んでみることにした。

「フフフの歩」は、アマゾンのカスタマーレビューで、「将棋のことをまったく知らない私ですが、楽しく感じる本を読みたいと思うと本書を手に取り、何度も読み返しています」という感想もあり、楽しみにしていたが、私はそこまでははまれなかった。でも、思わず笑ってしまったり、うまいなぁ、と思ったり。私は将棋をやらないが、夫の影響で棋士の顔は少し知っているので、へぇあの人がねぇ、とか、ああそんな感じだなぁ(神吉さんとか)、という感じで楽しめる部分もあった。

一番おもしろかったエピソードは、やはり、中村・郷田両氏による「点のある・ない論争」かな。この本の中では2度も登場してるけど、中村八段は気を悪くしていないのかしら。

楽しい文を書く人だけど、鬱になることもあるらしく、棋士という仕事も大変なんだろうなぁと思う。もっとも鬱になるのは、棋士という職業が原因というわけではないだろうけど。対局前の心境など、棋士ならではの文も、私には興味深かった。

ご存知の方も多いと思うが、「アフィリエイトは我が魂に及び!」というサイトに、「業種別blog百選」という記事がある。「13歳のハローワーク」もいいけど、実際にその職業に就いている人のブログというのはおもしろい。棋士にはまだブログを始めている人はいないのかな。先崎さんにブログを始めてほしいものだ(^^)。

先崎さんの毎日新聞のコラムは楽しみにしていたのに、あっというまに終わってしまって残念。不評だったとは思えないんだけど...著者側の都合なのかなぁ。

フフフの歩フフフの歩
先崎 学

講談社 2001-04
売り上げランキング : 138820

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

|

« 保育園のクラス便り | トップページ | 掲示板つけました »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

こんばんは、始めまして、高木のおっちゃんといいます。
私も先崎さんの隠れたファンですので、ぜひ先崎さんにBlogを始めてもらいたいと思います。先崎さんの文章はとても面白くて良いですよね。

投稿: 高木のおっちゃん | 2004.08.13 22:02

高木のおっちゃん、はじめまして(^^)。
棋士にはクセのあるおもしろい人が多いようですが、
先崎さんは文がおもしろいですよね。
でも、文を書いてお金をもらっている人は、ただで
ブログを始めてはくれないかな(^^;)。

投稿: じゃりんこ | 2004.08.13 23:28

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17663/1145195

この記事へのトラックバック一覧です: 本「フフフの歩」 by 先崎学:

« 保育園のクラス便り | トップページ | 掲示板つけました »