« 放送大学面接授業「臨床心理学実習I」 | トップページ | ホームページの引越し »

OpenOffice.org

きっと知っている人はたくさんいるのだと思うけど、私は知らなくて、へぇ、と思ったので書いてみたい。知って嬉しかったことはすぐ誰かに話したくなる(^^)。

ワードで書いた文書をネット上にアップしてもマックユーザーの人は読めない 。保育メーリングリストでのそのやりとりを読んでいた人が、「こんなソフトがあるよ」と教えてくれたのが、OpenOffice.org だった。

Linux が数年前に話題になったけど、それと同じくオープンソースで開発されたプログラムで、マイクロソフトのオフィスと高い互換性がある。マイクロソフトのオフィスはしばしばバージョンアップされ、そのたびに高いソフトを買わなければならないけど、これは無料で、しかもプログラムのソースコードは公開されている。

そういう開発思想には共感する。儲けを独り占めしようとするマイクロソフトに立ち向かい、情報はみんなで共有しよう、っていう姿勢には拍手を送りたくなる(^^)。

で、私の場合、このソフトがありがたいのは、PDF ファイルが作れること。これなら、マックユーザーの人でも読むことができる。PDF ファイルを読むためのソフトは無料で手に入るけど、作るのには高いソフトを買わなければいけない、と思っていたのだけど、無料のソフトで作ることができるなんて(^^)。(というわけで、しばらく前に書いたクラス便りを PDF ファイルでアップしてみた。)

もちろん、私のように、パソコンの知識がろくにない者がこういうフリーソフトを利用するのは簡単ではない。インストールしようとすると、やれ「なんたら.DLL がない」とか「JAVA なんたらが見つからない」などと言われ、OpenOffice.org 日本ユーザー会のFAQ はかなりいろいろ載っているとはいうものの、文字化けで読めないページがあったり、で、そんなにスムーズにはいかないのだ。有料ソフトのようなサポートを期待する、というわけにはいかない。

マイクロソフトに反発を感じることはあっても、基本的にはやはりお世話にならざるをえない私は、OpenOffice.org をメインで使おうとまでは思わないけど、ユーザーがそれぞれ助け合っていこう、という考え方はとても好きだし、こういうのを使うことで、自分自身、パソコンのことが勉強できる、という面はある。

コメントスパムとの闘い(--;)はまだ続いていて、今日もふたつやってきた。昨夜、ad-aware と同じく有名なスパイウェア駆除ソフトSpybot を入れて、またいくつか発見されたばかりで、ああやっぱり Spybot を使うのも意味があるのかな、なんて思っていたところなのに。コメントスパムが来たので、ad-aware で検索をかけてみてもスパイウェアは発見されなかったが、Spybot を使うとひとつ発見された。そこで、セーフモードでもう一度 Spybot を使って、発見されたふたつのファイルを削除。ニフティがコメントスパム対策を強化した、みたいなことを言ってたけど、それでこの状態なのだから...(x_x) でも、ここまでやったから、当分は大丈夫...だといいな(^^;)

|

« 放送大学面接授業「臨床心理学実習I」 | トップページ | ホームページの引越し »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

OpenOfficeはCosも持っています。

Cosの場合にはワードを使うことはまずない(一太郎も使いませんが・・・)ので、いざとなったらマイクロソフトのは一台だけであとはOpenOfficeでいいかな、なんて思っていたりもします。

でも、PDFはフリーソフトにもあるので、どんなファイルでもPDFにできると思います。

Cosが持っているのはアメリカのソフトなので、B4サイズやB5サイズが選択できないのですが・・・・

あと、ソースネクストから1980円でも出ています。

ついでに、Spybotを使っているときにはほとんどのファイルはセーフモードにしなくてもそのまま削除できると思うけど・・・

投稿: Cos | 2004.08.23 22:13

Cos さん、どうも(^^)。

>いざとなったらマイクロソフトのは一台だけであとはOpenOfficeでいいかな、
>なんて思っていたりもします。

これを知って私もそう思いました。
でも、一台はやっぱりマイクロソフトのがいるんですよねぇ(^^;)。

>でも、PDFはフリーソフトにもあるので、どんなファイルでもPDFにできると思います。

そうだったんですか。
PDF は、Adobe reader は無料だけど、PDF を作るほうのは、高い Adobe のソフトを買わなきゃならないものだと思ってました(^^;)。

>Cosが持っているのはアメリカのソフトなので、
>B4サイズやB5サイズが選択できないのですが・・・・

うん、アメリカで、B4 とか B5 は見ないですね。
A4 も大きさが違うんです。アメリカのほうが長さが少し短い。
最初の頃、うちのパソコンで文書を作っていって、画面いっぱいを使っていた時は、保育園のパソコンで印刷しようとすると2枚になってしまうので、1枚に収まるように、フォントサイズを変えるか、文章を短くするかしなくちゃなりませんでした。今は、そのことを考えて、余白の多い文書にしています。

>ついでに、Spybotを使っているときにはほとんどのファイルは
>セーフモードにしなくてもそのまま削除できると思うけど・・・

ええ、ほとんどはそうだと思うんですが、昨日、普通モードで Spybot を使ったばっかりだったので、これは、普通モードでは削除できなかったのがあったのかな、と思ったんです。案の定、ふたつ発見されたので...これでしばらくないといいけど...タメイキ

投稿: じゃりんこ | 2004.08.23 23:38

こんにちは。

OpenOffice.orgを縮めてOOoと呼ぶ人もいるようですね。倒れた鏡餅か雪だるまみたい...。

官庁の統計も最近はExcel配布が多くなってきたので、少なくとも読めるソフトが必要でした。ダウンロードする根性がなくてソースネクストのディストリビューション(StarSuite7)を購入しました。

思ったよりも使えるかな、という感じ。あまり見た目(フォント・罫線)に手をかけないので...。

SpyBotで調べるたびに必ず見つかる2件はWindowsの正常な動きで生成されるファイルのようです。ファイル名で検索するとFAQであることがわかりますよ。

防御ソフトウェアやルーターは設定がなかなかたいへんで、やはりコンピュータというのは(多くの使用者にとっては)発展途上の装置だなーと思います。

投稿: Shira | 2004.08.24 21:30

Shira さん、どうも(^^)。

昨日、OpenOffice.org のサポート掲示板 みたいなところで、「OOo という呼び方は恥ずかしい」とかいうスレッドがあって、つい読んでしまいました(^^;)。私は好きですけど(^^)。

>ソースネクストのディストリビューション(StarSuite7)を購入しました。

つまり、マイクロソフトのオフィスは使っておられない、ということですか。
あくまでも裏街道を行くと(^^)。

>SpyBotで調べるたびに必ず見つかる2件はWindowsの正常な動きで生成される
>ファイルのようです。ファイル名で検索するとFAQであることがわかりますよ。

これを読んで、またSpybot をかけてみました。見つかったファイルを検索すると、確かに問題ないファイルなのですね。教えてくださってありがとうございます(^^)。
でも、じゃあ、コメントスパムがなくならないのは何故なんだろう?今日は来てないけど...

ほんと、コンピューターがテレビ感覚で使えるまでにはまだまだ道のりは遠そうですね。

投稿: じゃりんこ | 2004.08.25 00:37

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17663/1258439

この記事へのトラックバック一覧です: OpenOffice.org:

« 放送大学面接授業「臨床心理学実習I」 | トップページ | ホームページの引越し »