« ドキュメンタリーだからできること、フィクションにしかできないこと | トップページ | 「お返し」という慣習 »

どっちが大事?

3週間の休暇が終わって今日から保育園に出勤。
早番なので、1歳の子ども達が私を覚えているかな、ってちょっと心配だったけれど、ほとんどの子どもは覚えてくれていたようだ。朝、いつも、親から離れる時にぐずぐず言う男の子が、今日もやっぱりぐずぐず言いだしたので、「(久しぶりに会ったんだから)ハグしてよ!」と言うとすんなりと私の腕に来てくれて嬉しかった(^^)。

そんな中、Kが3歳の姉と軍服姿の見知らぬ男性とともに登園。「え、Kのおとうさんってあんな感じじゃなかったよね」と思ったが、同僚のGは彼を知っている様子だったので、誰なのかはそこでは聞かず、その人が行ってから、Gに「あの人、誰?Kのおとうさんじゃないよね?」と尋ねた。「ああ、あれは、両親の友達よ。両親はバケーションに行ってるの。」

Kのおとうさんは6ヶ月ほどの長期出張に行っていたのだが、先週帰宅。で、今週は子ども達を友人に預けて夫婦でハワイに1週間のバケーションにでかけたのだという。久しぶりに帰ってきて、こんなに小さな子ども達をおいて?...ちょっと非難めいた気持ちが起きたのは事実だけど、まあ、そういうやり方もあるか、とすぐに思い直した。

その後、ランチタイムに、休憩室で0歳児クラスの担任の保母さんと話していて、子ども達のことになり、

私「ああ、そういえば、Kのママとパパはバケーションに行ったんだよね。」
N「ひどい話よね。」
私「そう思う?」
N「Kはパパとしばらく離れてたんだから。パパのことがわかるように、もっと一緒にいる必要があるわ。...ほんとにひどい話。でも、これがアメリカ人のやり方なのよね。」
私「アメリカ人がみんなそうだっていうわけじゃないでしょ。」
N「そうね。私だったらそんなことしないわ。」

Nはおそらく20代後半のアフリカ系アメリカ人だ。Nがそんな反応を示したことがちょっと意外で、部屋に帰った後、同室のC(20歳、白人)にどう思うか聞いてみたら、こちらは「普通のことだ」という反応。「夫婦は時にはふたりだけの時間を過ごす必要がある。特に、今回のような長期出張は、パパにとってもママにとっても大変だっただろうからね。」

ふたりの例を見てわかる通り、アメリカ人といってもみんな同じ考え方をするわけじゃない。でも、「半年間、子どもと離れた生活をしていて、もどってきてまもなく、子どもをおいて夫婦だけで1週間の休暇旅行にでかける」という日本人はかなり珍しいだろう。日本だと非難される可能性は高そうだ。

で、考えてみて...子どもと離れたくなければ、子どもと一緒にいればいいし、夫婦だけで少しの期間過ごしたいのであれば、それも悪いことじゃないと思う。信頼して子どもを預けることのできる友人や親などがいるのなら。すべて子どものためにガマンして、ストレスがたまってしまうようなら、夫婦だけの時間を持つ、という選択もありだと思う。子どもだって、幸せな両親を見ているほうがいい。両親が幸せでない状態で、本当の家庭の幸せなんてあるだろうか。誰が言っていたのか忘れたけど、「親子の縁は切っても切れないけど、夫婦の縁は切ろうと思えば切ることができる」。そのぶん気をつけて大切にしていかないといけないのかもしれない。もちろん、離れていても、子どもが親に愛されている、という実感が失われないようにしてほしいと思うけれど。

1歳の子どもをおいて夫婦ででかけるか、それよりも子どもと一緒にいるか。どういう方法がそのカップルにとって一番幸せと感じられるかは、人によって違うものだろうし、それぞれの選択を尊重すべきなんだと思う。

|

« ドキュメンタリーだからできること、フィクションにしかできないこと | トップページ | 「お返し」という慣習 »

米軍基地保育園」カテゴリの記事

コメント

ある程度はアメリカという国にいる人たちが
日本のように子どもべったりではないと知っていても、やっぱりずっと離れていたのに子どもをおいて旅行に行くというのは驚きかも。

ある意味では日本では子どもをかまいすぎるのかもしれないけど。

投稿: Cos | 2004.09.02 00:14

Cos さん、どうも(^^)。
うん、やっぱりびっくりするよね。

でも、Kはずっと機嫌よく登園してるし、Kの世話をしてくれているのもとっても感じのいい人達で、見ていて K達姉妹を可愛がってくれているのがわかる。黒人の女の子は髪を細かい三つ編みにしている場合が多いんだけど、ふたりともきれいにしてもらってるし(相当時間がかかると思います)、朝のバイバイをする様子を見ていても、いい関係なのは感じられます。

親もそんないいかげんな人たちじゃないしね。私はKのおねえちゃんも担任したので、もう結構長いつきあいなんですが、Kが生まれた時とかは、嬉しそうに見せに来てくれたし、おねえちゃんもKも、とても明るくおだやかな性格です。

だから、ほんと、それぞれのやり方があるんだな、って思います。

投稿: じゃりんこ | 2004.09.02 17:35

う~ん・・・
どんな子供かというのをきかないで、親が旅行に行ったと言う所だけをきいていたら子どもに対する先入観が違っただろうなぁ・・・

本当に「それぞれのやりかたがある」って言うことなんですね。

投稿: Cos | 2004.09.03 00:01

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17663/1318256

この記事へのトラックバック一覧です: どっちが大事?:

« ドキュメンタリーだからできること、フィクションにしかできないこと | トップページ | 「お返し」という慣習 »