« 京都 | トップページ | 放送大学面接授業「高齢者問題と医療・福祉・相談」 »

大文字

「大文字送り火」という電車内の吊り広告を見た娘が「おおもじおくりび」って読めてしまう、と言うので、そういえば同じ漢字を違う読み方することがあるねぇ、という話になった。

「日本にキリスト教を伝えたのは何人ですか」
「なにじん」を「なんにん」と読むとまぬけなことになる。

「それには一瞬で十分だった」
「じゅうぶん」が「じっぷん」だと???

「ちょっと人気のないところへ行こう」
「ひとけ」?「にんき」?

文脈でああそうか、とわかるけど、つい、違う読み方をして、え?となることがある。
日本語はややこしい(^^)。

|

« 京都 | トップページ | 放送大学面接授業「高齢者問題と医療・福祉・相談」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17663/1171192

この記事へのトラックバック一覧です: 大文字:

« 京都 | トップページ | 放送大学面接授業「高齢者問題と医療・福祉・相談」 »