« 本「さよなら、おっぱい」 by 高田昌彦、中村孝 | トップページ | 障子のはりかえ »

きたない?話

毎日新聞日曜版の「みんな集合」は、ずーっと前から、私の日曜日のお楽しみ。
今日、笑ってしまったのは、56歳の方からの投稿で、

もうすぐ2歳になる孫が何でも語尾に「チィ」と付けるようになりました。パパ、ママのことは「パパッチィ」「ママッチィ」と呼びます。ここまではかわいくてよかったのですが、私(バァバァ)にまでつけてくれるのです。あまり大きな声で呼ばないで。

子どもって何故かきたない話が大好き。
母親が日本人、父親がアメリカ人のMは、ふだん英語で話すが、この間日本語で「じじばば」のことを話していた時に、突然、「ばばっちぃ」と言ってゲラゲラ笑い出した。きっとおばあちゃんの家かどこかで、何かの拍子でそういう言葉が出て、意味を知ったのだろう。

英語でも yucky とか dirty という言葉は子どもが比較的早く覚える言葉だ。
dirty ...はそれほど多くないかな。ある女の子が1歳半くらいの頃に使い出して、「わぁ、この子、もうこんな言葉知ってるんだ」と思った。おかあさんがかなりきれい好き、という感じだ。

きれい好きの家庭とそうでない家庭では、子どもの覚え始める言葉が違いそうだな...

|

« 本「さよなら、おっぱい」 by 高田昌彦、中村孝 | トップページ | 障子のはりかえ »

育児」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17663/1523893

この記事へのトラックバック一覧です: きたない?話:

« 本「さよなら、おっぱい」 by 高田昌彦、中村孝 | トップページ | 障子のはりかえ »