« 障子のはりかえ | トップページ | ビデオ「すべては愛のために」Beyond borders »

映画「ボーン・スプレマシー」

「ボーン・アイデンティティ」がわりと好きだったので、続編を見に行ったのだけど、この映画は字幕なしでは私にはきつかった(^^;)。

一作目に比べてカーチェイスはさらに派手。
一作目はビデオで見て、結構どきどきしたのだけど、映画館で見た今回は、「映画のためにこんなことをしていいのだろうか」なんて思ってしまった(^^;)。

舞台が、インド、ドイツ、ロシア、イタリアなど転々とし、そういう風景は楽しめる。マットディモンは、どこにいても浮くことなく、溶け込んでしまう人だなぁ、と思った。

私は「ボーン・アイデンティティ」のほうが好きだった。アクション映画はそんなに見ないほうだけど、謎解きの楽しさのようなものがあった。今回も、ボーンは何故自分がねらわれるのかという「謎」を解こうとしていくわけで、展開が完璧には理解できなかった私に公平な評価は無理なんだけど(^^;)。

|

« 障子のはりかえ | トップページ | ビデオ「すべては愛のために」Beyond borders »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17663/1543414

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「ボーン・スプレマシー」:

» ボーン・スプレマシー [エンタメ!ブレイク?]
さらにパワーアップした スリリングなスパイ活劇は、 追いつ追われつ…かなりイイ! [続きを読む]

受信: 2005.01.08 09:12

« 障子のはりかえ | トップページ | ビデオ「すべては愛のために」Beyond borders »