« ビデオ「ファーゴ」 | トップページ | 本当に非難されるべきなのは »

旅人の自己責任

「イランという国で」の”「自己責任」って何だろう” で、現在イランで生活されているサラさんが、今回のイラク人質事件に関連して、自分の行動に責任を持たず、「なんとかなる」と考えて行動しているような旅行者が結構いる、という話を書いておられる。この記事のトラックバック先、「中東に降る雪@らくだの夢」の「なんちゃってジャーナリスト、サイクリングへゆく。」 では、この旅行者がバイトをしていたというイスラエルに住んでおられるらくださんが、現地の人が決して行かないような危険地域に「どうしても真実を見たい」と言って「気軽に」でかけていくバックパッカーに対し、「一週間やそこらの旅行でいったい真実がわかるのか」と書いておられる。イスラム圏やユダヤ教の国で暮らしておられる人たちの意見には、本当にそうだなぁと思わせられる。

一昨日だったか、「通販生活」が届いて、同誌前号の「イラク人質事件の自己責任論、是か非か。」という特集での読者の投票で、「自己責任を問われるべき」が53%、「自己責任を問われるのは間違い」が36%、「どちらともいえない」が11%、という結果を見て、「政府の責任より行動した個人の責任を問う人が多いのか」と思っていたところだった。人質となった高遠さん、郡山さん、今井さんの3人については、イラクに行く明確な目的があったと思われ、日本政府の「自衛隊派遣」という行動がはたして本当にイラクの人たちのためになっているのか、という状況の中で、彼らの自己責任云々という論調には、私は疑問を感じていたからだ。

しかし、今回人質になった香田さんについては、報道されていることからは、イラクに行く明確な目的があったとは思えない。事情をよく知っている人が止めるのもきかず、何故、今、イラクに行かなければいけなかったのか。無責任な行動、と非難されてもしかたない、と思える。

私も旅が好きだ。先日見た映画「モーターサイクルダイアリーズ」は、ろくにお金ももたず、南米をバイクで旅するふたりの若者が主人公で、ワクワクする話だった。彼らは旅の中で、いろいろな人に出会い、変わっていく。旅にはそんな力があり、人を信じ、自分の力を信じて「なんとかなる」という態度で旅をする冒険旅行、というのは魅力的だ。

でも、「今、イラクに旅行」はないだろう。自分の命は自分のもので好きにしていい、というものじゃないと思う。危険をおかしてまで行く意味があるのか。自分の行動が招くかもしれない結果について十分考えたのか。若さゆえの無鉄砲さ、というのは魅力的にうつることがあるけれど、まわりの人、事情をよく知る人の意見を聞く耳をもたないのでは旅をする資格はないのではないか。

今回のことで、一所懸命イラクの人たちを支援しようとしている高遠さんのような人たちが、また活動しにくくなるとしたらとても残念だ。通販生活の読者の意見にも「高遠さんがイラクへ行ったから救われた命、行かなくては救われなかった命が現に存在するのです。そのことの重みは彼女が人質になろうと軽くなるものでは決してない」というのがあり、そのとおりだなぁと思う。

通販生活の読者の投票結果について、今井さんと高遠さんは、「実際には家族は会見の冒頭で謝罪していたのだが、それがテレビではほとんど報道されなかった」ということを話しておられる。報道から知ることができることは限られている。自衛隊撤退を要求する家族の映像ばかりを流した報道が、自己責任論を形作ってきたところがある。だから、今回の事件に関しても、本当のところはまだわからない。ただ、今回、報道されていることが事実だとするなら、安易な気持ちで危険地域に旅行するのはやめてほしい、と思う。香田さんが無事に帰ってこられることはもちろん願っているけれど。

|

« ビデオ「ファーゴ」 | トップページ | 本当に非難されるべきなのは »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

TBどうもありがとうございます。
「自己責任」という言葉が一人歩きしているような気がするのです。そして政府によって妙な意味づけがされたような気も。
「責任を持って行動する」これは人間として当たり前の行為だと思うのですが、自分の責任で危険なところへ行ったのだ、だから政府は国民を保護する義務を放棄するという論調はどうもおかしいと思わずにいられません。
日本では、本当に議論すべきところが議論されていないような気がしますね。
もっと大人になろうよ、日本人。です。

投稿: sarasayajp | 2004.10.28 22:20

サラさん、コメントありがとうございます(^^)。

おっしゃるとおりだと思います。
正義感に駆られて危険な地域に出かけていく人もいます。
危険だから行くな、と言われても、だからといって、
危険な地域にいる人たちのことをほおっておけない。
アメリカによる「支援」がいったい支援なのか、という状況で、
自分が何かしたい、と思う人もいるのでしょう。
私なんて、何かしたいと思ってもなかなか行動にうつせなかったりしますが、
そういう人たちは本当にえらいと思います。

それを「危険だから行くなと言ったはず」と切り捨てるのは
おかしいと思います。
ただ、最低限の自己責任というのは確かにあるのですよね。
そういうのがごちゃごちゃになってる気がします。


投稿: じゃりんこ | 2004.10.28 23:57

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17663/1797577

この記事へのトラックバック一覧です: 旅人の自己責任:

» 香田青年の行いは「極めて愚か」だが、それでも「命は命」。★★イラク邦人人質は福岡県直方市出身★★ [創難駄project(そうなんだプロジェクト)]
考えただけで、とっても気が沈んでしまうニュースなので、触れたくない気もするが、今 [続きを読む]

受信: 2004.10.28 22:36

« ビデオ「ファーゴ」 | トップページ | 本当に非難されるべきなのは »