« 反抗期って必要? | トップページ | 放送大学「文化人類学」 »

ゴールド免許への道は遠い

免許の更新に行ってきた。

通知が来た時、区分が一般となっていたけど、次回の免許の有効期間が5年となっていたので、今度はゴールド免許がもらえるのかな、と勝手に思い込んでいた(なんでも自分に都合よく考えるヤツ(^^;))。

でも、ゴールド免許をもらうには、5年と40日違反行為がない、ということでなければならないらしい。私は5年前の誕生日の5日後にシートベルト着用義務違反をしたため、ゴールド免許がもらえないのだ。2年前の法改正で、一般運転者の免許証の有効期間が5年になったそうで(知らなかった(^^;))、免許の更新に行く回数が減ったのはいいけど、今後5年間ゴールド免許がもらえない、というのも悲しい。有効期間が3年だったら、違反がなければ3年後にはゴールド免許がもらえたのに...。

ネットで調べてみると、同じようなことを感じる人はいるようで、自動二輪などの別の免許をとれば、ゴールド免許が取れるらしいけど、別に乗る予定もないのにそのためだけに取るっていうのもなぁ。でも、ほぼ10年近く無違反状態を続けないとゴールド免許がもらえないっていうのは、なんか不条理な気がする。ほぼ5年でもらえる人もいるわけだから。まあ、違反をした者が悪い、と言われればそれまでなんだけど(--;)...

|

« 反抗期って必要? | トップページ | 放送大学「文化人類学」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

おはようございます。
私も愕然としていることがあります。
00年5月に人身事故(追突)りまして、02年の更新はブルー。そのときの法では、3年無事故無違反でゴールドが取れるはずで、講習の講師からも「3年頑張れば」と何度言われたことか。

ところがその後あっさり法改訂。
ゴールドを取るためには5年無事故無違反が必要になり、「次はゴールド」の夢を完璧なまでにぶっ潰してくれました。もちろんゴールドが取れるはずだった人の救済措置は皆無。
事故の責任は責任として、それでも理不尽さを感じずにはおれないのです。

投稿: The Depressionist | 2004.10.11 10:51

The Depressionist さん、コメントありがとうございます(^^)。

そうか、やっぱり昔は3年でゴールド免許だったんですね。
免許更新から次の免許更新まで違反がなければゴールド、
という気がしていたので、私もゴールドかと思っていたんですが、
がっかりでした。

実質5年40日違反ゼロならゴールド免許を申請することができる、
とかいうふうにしてくれればいいんですけど。
文句を言う人が増えれば、救済措置が講じられるようになるでしょうかねぇ。


投稿: じゃりんこ | 2004.10.11 15:50

へへ。こんばんは~
学生時代から常にあなたに勝ることはなかったけど・・
今唯一自慢できること・・二回連続ゴールド免許ってことかな?18歳で原付を取って以来、違反(見つかったもの)なし。まぁ・・自動車に乗る回数も距離も多分あなたよりかなり少ないでしょうけどね・・・さて私は誰でしょう??

投稿: yutanpo | 2004.10.13 00:38

えーっ、誰か学生時代の友達にこのブログのこと話したっけ...と考えて、そうか!と思い当たりました。最近ビデオを見まくってて、キアヌ・リーブスにはまっている、というあなたですね?ついに電磁波の克服に成功した(^^)?(もし違ってたら...ごめんなさい、誰なのか、こっそり教えてね。)

で、もしそうだとしたら、「学生時代から常にあなたに勝ることはなかった」なんて大嘘だね。yutanpo さんのバイタリティにかなう人はそうそういなかったでしょう。いつもいろんなことに積極的で、なんであんなにいろんなことができるんだ!?って思ってたもん(^^)。

>18歳で原付を取って以来、違反(見つかったもの)なし。

本当?すごい!!酒気帯び運転とかやってない(^^)!???
でも、これってほんとに自慢できるね(^^)。

コメントありがとう。体調がオーケーだったらまた遊びに来てね(^^)/。

投稿: じゃりんこ | 2004.10.13 16:58

おひさでございます。
本日美容室経由で行ってまいりました。
(3年残る写真ですからね…)

違反区分ごとに交付するので衆人環視のさらし者ですた。あと3年耐え忍ばなければ(違反しないのは当然として)。突然話が大きくなりますが、憲法では、刑事責任に関しては重ねて問われない(39条)とあるので、一度出た判決が新事実の発覚もないのに覆ることはありません。それなのに取れたはずのゴールドが取れなくなった。刑事罰じゃないといわれれればそれまでなんですがね…

ところで、最近は講習で映画ではなくビデオを見るのですが、違反講習では2本で、1つはABS普及を踏まえたパニックブレーキ・ハンドリング技術、もう一つは東名用賀で発生した飲酒酩酊運転トラック追突により2人のお子さんの命が失われた事件(と敢えて呼びます)から運動が広がって刑法208条の2に新設された「危険運転致死傷罪」についてでした(被害者両親登場)。このレポーターが、なんと東海林のりこさんで、制作が国とは犬猿の仲のはずの?テレ朝系。

それと、「飲んでいるのを知っているのに止めなかった」責任を民事で問う訴訟(8000万円)が提起された話が講義で出てきました。「額はそれなりに下がるがやはり高額となり、責任認定されるだろう、飲酒運転しようとしている人を見たら首根っこ捕まえてでも阻止してください」と。悲惨で見ているのがつらいものでしたが、この映画の告発と、この講義の発言は掛け値なしで遵守しなければならないとおもいました。同時に毎日車を使うだけに事故「期待値」(数学用語)も上がっているわけで、運転には注意しなければと思ったしだいです。

投稿: The Depressionist | 2005.02.04 20:22

The Depressionist さん、こんにちは(^^)。
美容室経由ですか。やりますね(^^)。
私ももっと気を使うべきだったかなぁ(^^;)。

事故の被害者の遺族とかは見ていてつらいですね。
私も毎日車を使うので、気をつけなくては、と思っています。

投稿: じゃりんこ | 2005.02.04 21:25

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17663/1644373

この記事へのトラックバック一覧です: ゴールド免許への道は遠い:

« 反抗期って必要? | トップページ | 放送大学「文化人類学」 »