« 映画「ポーラー・エクスプレス」 | トップページ | 現代の民族紛争 »

映画「Mr.インクレディブル」The Incredibles

公開されてまだ間もない(多分、1ヶ月くらい)のに、今日現在、インターネットムービーデータベースの投票で8.4 という評価(投票総数8,598 だからそれなりの数)を得ていてすごい人気。基地でも既に何度か上映されているにもかかわらず、先日はチケット売り切れで見られなかったほどで、これはきっとおもしろいに違いない、と思っていたのだけど。

かつてのスーパーヒーロー Mr.インクレディブルは、その驚異的な力がものを破壊したり、など、かえって街の迷惑になる、ということで訴えられ、力を使うことを禁じられてしまい、現在は普通のサラリーマンとしての人生を送っている。かつてはスーパーヒロインだったその妻、そしてやはり超人的能力を持つ子ども達も、その力を使わずに普通の生活を送るように(無理やり)努めている。Mr.インクレディブルは自分の力を持て余し、口に出さないながらも悶々とした日々を送っているが、ある日、「あなたの力が必要」と言われて、嬉々として新しい仕事にのりだす...

私があまり好きになれないのは、やはり「戦い」の話があまり好きじゃないからだろう。Mr.インクレディブルが戦う相手は、彼がそのような「悪役」となる理由があったわけだけど、そのことにはあまりふれられず、インクレディブル一家の超人的パワーの素晴らしさが強調され、悪者から逃れ悪者をやっつける、それを楽しむようなストーリーなのだ。自分の持っていない力への憧れ、というのはあるし、そういうのを映画で楽しむ気持ちはわからなくもないけど、たとえば、「ドラえもん」に出てくるのび太君は生まれながらの「ヒーロー」ではない。「Mr.インクレディブル」を見てると、強い者、特別な能力を持つ者への肯定を感じ、弱者への視点があまり感じられない。

もちろん、思わず笑ってしまうような楽しい場面もあるし、個人的には Mr.インクレディブルの上司とかスーツデザイナーがなんとなくイッセー尾形に似ていて可笑しかったり、「結局優しい心を持っている者が勝つのだ」みたいなことをにおわせる場面や家族愛を見せる場面もあるのだけど...

ネットでの評価はおおむね好評で、ブログなどの感想を見ていても「誰にでもおすすめできる作品」みたに書いてあったりする。やはり「優しくて力持ち」なキャラクターが悪をやっつけていく、というのは気持ちいいことなんだろうな。

|

« 映画「ポーラー・エクスプレス」 | トップページ | 現代の民族紛争 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17663/2072666

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「Mr.インクレディブル」The Incredibles:

» 「Mr.インクレディブル」 [うっちーの SPECIAL DAYS!!]
「Mr.インクレディブル」、観てきましたよ~。 もう最高!!期待以上に面白かった [続きを読む]

受信: 2004.12.06 00:14

» Mr.インクレディブル [女ざかり映画日記]
Mr.インクレディブル★★★★ とっても面白かったです。思わず笑いました(*^_^*) [続きを読む]

受信: 2005.08.23 13:58

« 映画「ポーラー・エクスプレス」 | トップページ | 現代の民族紛争 »