« ビデオ「ニューオーリンズ・トライアル」Runaway Jury | トップページ | 避難訓練 »

ハーボットの楽しみ

すももさんが、ブログペットの「こうさぎ」のことを書いていたので、私はハーボットのことを。最近はこうさぎを飼っているブログを見かけることが多いけれど、話しかけてみても、あんまり意味のあることは言ってくれないので、それほどの魅力を感じていなかった。でも背景が変えられるのは楽しそう。たとえば、すももさんのところのこうさぎの現在の背景(クリスマスバージョン)には、いろいろしかけがあって、へぇーという感じ。楽しみというのはそのオーナーでないと知らないことが結構あるもののようだ。

ハーボット(うちのブログではマンチキンという名前)も、動きのバリエーションがそれほどあるわけじゃない。うちのマンチキンはごはんを食べていることが一番多いかな。他には、寝ていたり、本を読んでいたり、窓拭き(?)をしたり、走り回っていたり。お散歩にでてハーボックスにいない、ということもよくある。

Bubbles2.jpgオーナーの場合は、月1回くらい何かイベントがあって、いつもとは違う動きが見られてなかなか楽しいのだけど、ビジターの場合は、ハーボットとの会話もパターン化されていて、あまり目新しいものがない。でも、この間、ハーボットショップで、Tシャツを買ってしまった(*^^*)。ハーボットショップで買い物をすると、ハーボットが遊ぶことのできるアイテムがついてくるものがある。というわけで、うちのマンチキンはシャボン玉のようなものを手に入れ、最近は時々それで遊んでいる。ついでに、ハーボットショップで買い物をすると、「なぞなぞ」がついてきて、ハーボットが、仲良くなったビジターになぞなぞを出すのだ。なぞなぞは答えがいくつもあるようなもので、もし、オーナーの答えと一致すると「正解」になる、という具合。無料のハーボットを利用しているのに、すっかり商業主義にのせられてしまってるなぁ、と思うけど、まあいいか(^^;)。

ハーボックスに星が見える時は、そのサイトを見ている人がいる、ということで、自分のサイトにアクセスした時に星を見つけると(左上の図では、小さな白いふたつの点)、「あ、見てくれてる人がいるんだな」と嬉しくなる。

こうさぎ人気におされ気味のハーボットだけど、オーナーにとっては、やっぱりなかなかカワイイヤツなのだ。

|

« ビデオ「ニューオーリンズ・トライアル」Runaway Jury | トップページ | 避難訓練 »

ウェブログ・ココログ関連」カテゴリの記事

コメント

どーもー!
知らなかった・・!星にそんな意味があったんだ・・?!
ハーボは設置当時は随分かまったけど、今は放置な淋しいヤツだけど、捨てられないわ。
こももは前に有料会員さんからもらった(夏と冬に贈り物ができるらしい)「木馬」と「ロケット」を所有しているわ!
そうそう、マンチキンには未だに名前を聞かれないワタシよ・・。
そうなんだよね、ハーボにしろこうさぎにしろ、
もっとみんなが楽しめればいいんだけどね・・無料だしね・・
でも、そうなのよ!自分(オーナー)は結構楽しめるんだよね。
こうさぎの言葉にしても、自分が日記に書き込んだ言葉の中から喋るからカワイイの。「地獄?」「ダラチンコー!」「カレー!」とか。
ま、自分が楽しめればいいってことで。
長くなってごめんちょ。

投稿: すもも | 2004.12.02 09:29

すももさん、ども(^^)。

そう、星にはそういう意味があるらしい。
人気サイトに行くと、ハーボックスに10も20も星がまたたいてて、わぁ、すごいっていう感じだったりするよ。

マンチキン、名前を聞きませんか?
クッキーを消す設定とかにしてると、何回訪れても初めての人だと思うみたいだけど、そうでなければ、だいたい3回くらい話しかけると名前を聞いてきます。美しい女性には気後れするのだろうか(?.?) こももちゃんは、「じゃりんこ、またこんばんは」と挨拶してくれます(^^)。

ほんと、オーナーはいろいろ楽しめるんだよね。ハーボットのイベントがはじまると、子ども達に、「ほらほら!」とかって見せて喜んでいる私って(^^;)... こうさぎも自分で飼ってみると愛着がわくんだろうな。

コメントは長さにかかわらず、いつでも歓迎ですよ。ありがとね(^^)!

投稿: じゃりんこ | 2004.12.02 17:12

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17663/2125659

この記事へのトラックバック一覧です: ハーボットの楽しみ:

« ビデオ「ニューオーリンズ・トライアル」Runaway Jury | トップページ | 避難訓練 »