« 病児保育 | トップページ | excite翻訳、やるなぁ(^^) »

学校の規則

中1の娘の保護者会にて。

ある子が授業中にマンガを読んでいたため、先生にとりあげられた。そのマンガを読んでいたのはAさんだが、それを貸したのはBさん。Bさんは先生のところに行き、「そのマンガは姉の大切な本なので返してほしい」と頼んだ。でも、先生は、「学校にマンガを持ってきてそれを貸したあなたが悪い」ということで返さず、「あなたが卒業する頃に返してあげる」と言ったそうだ。それが本気だとしたら、横暴じゃないだろうか。「学校に関係のないものはもってきてはいけない」ということでマンガを持ってくるのは禁止されているらしいけれど、持ってきた場合の処置については定められていないのだと思う。だからなんでもあり、ということにはならないだろう。そのマンガの所有権はBさん(あるいはBさんの姉)にあるのだから、先生としては、Bさんの親に連絡をとって事情を説明し、親に返して、親から指導してもらうようにする、くらいでいいのではないだろうか。先生が親にも言わずに生徒の持ち物を1年以上も管理しておく権利ってあるのだろうか。その子が何度もそれを繰り返している、というわけではなさそうだったし、一度目の対応としてはそのくらいが妥当なのではないか。

もう1件。
しばらく前に遠足があった。遠足では班毎に行動することになっている。ある町を訪れることだけは決められているが、どんな場所に行くか、何を食べるかは、班で決める。おみやげと昼食代として、所持金が確か1500円だったかな。交通費は別。食べ物に関しては「マクドナルド」などはダメで、その町でこそ食べられる味、を求めて食べるように、ということだった。

ところが、この班行動でハメをはずした人たちがいた、というようなことが学年だよりに書かれていて、娘に何があったのかを尋ねると「アイスを食べた人がいたらしい」ということだった。彼女自身は関わっていなかったようなので、私もそれ以上詳しく訊かなかったのだが、今日、先生の話を聞いて、それは生徒だけの責任にするのは可哀想じゃないか、と思ってしまった。

あるグループが食堂(?)での昼食中に先生を見つけたので「アイスを食べていいか」と尋ねた。すると、先生は「昼食(のデザート)として食べるのはかまわない」と答えた。アイスを食べた子ども達は嬉しくて、友達に会う度に「食事としてアイスを食べるのはかまわないんだって。○○先生が言ってた」というようなことを言ってまわった。それで、さっき食事をすませたばかりの子ども達が、それなら...ということでアイスを食べてしまった、ということらしい。

中学1年生で、そんな話を聞いたら自分達も...という気持ちになっても不思議ではない。帰宅してから、娘に「そう思わない?」と訊いたら、彼女は「買い食いはだめっていうことだったから」とクール。まあ、そういうルールがあったのなら、ルールを破った、ということで責められるのだろうけど、「昼食としてならアイスを食べてもいい」というルールが初めから明らかだったわけでなく、アイスがその町特有の味かというとそれも疑わしく、子ども達にしたら、どこまでが許されるのか判断するのがむずかしい部分があった気がする。

一般にアイスを食べるのがいけないことかというと、普通の生活でアイスを食べるのは何も悪いことではない。まあ、学校には学校のきまりがあってそれを守らなければいけない、ということなのだけど、アイスを食べたり、そのことを他の子ども達に言ってまわった子どもは、先生からこっぴどく叱られたらしい。あるおかあさんの話では、その子は今までそんなに叱られたことはなく、本人はびっくりしていた、とのこと。若干、(精神的に)体調をくずしている感じがあるという。おかあさんは、そのことで先生を責めるつもりは全然なく、もっと子どもと話をしなければ、という感じだったけど。でも、これってそんなにひどく叱らなければいけないことだろうか。誰かを精神的にとか身体的に傷つけたわけじゃない。法に触れるようなことでもない。もし、いじめとか、そんな状況があったなら、子どもに対して真剣に怒りを表明する、ということも必要だろう。でも、この「事件」のことで、子どもが萎縮してしまうほどひどく叱るっていうのは、なんか違うなぁ、という気がしてしまう。

|

« 病児保育 | トップページ | excite翻訳、やるなぁ(^^) »

育児」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17663/2298045

この記事へのトラックバック一覧です: 学校の規則:

« 病児保育 | トップページ | excite翻訳、やるなぁ(^^) »