« 空 | トップページ | ルンピア »

電化製品のこわれかた

デジカメがこわれた。私は子ども達の写真を撮るのが好きで、保育園での仕事中、いつもカメラを持ち歩いている。しばらく前、小さなネジがひとつはずれているのには気づいていたのだけど、ネジがどこにいったかはわからず、とにかく使えていたのでそのまま使っていたところ、ついに電源を押しても「レンズエラー」というのが出て使えなくなってしまった。こうなると修理に出すしかないので、先週の土曜日、修理工場に送った。

もともと、保育園で子ども達の写真を撮るのに私が愛用していたのはカシオのEXILIM EX-M2 という機種だ。これの何がいいかというと、とにかく薄い。ジーパンのポケットに入れていて全然じゃまにならない。そして反応が速い。初めて買ったデジカメはソニーのサイバーショットだったけど、シャッターを押してから実際にシャッターがおりるまでのタイムラグが大きく、子どもの写真を撮るのには向かなかった。子どもの表情がいいなと思った瞬間にシャッターを押しても、おりる時には子どもはもうアサッテの方向をむいている、ということになる。(現在のサイバーショットはきっともっと改善されているのだろうと思うけれど)

その点、EX-M2 は、シャッターを押してから降りるまでのタイムラグがほとんどなく、まさにシャッターチャンスを逃さない、という感じだった。唯一、望遠機能がついていないことが不満で、望遠機能つきのEXILIM が出た時にこちらも買ってしまった。でも、望遠機能のないほうが反応が早く、望遠を使わなくても、大きなサイズで撮ってトリミングすればいいので、保育園ではもっぱらEX-M2 を使っていた。

ところが、数ヶ月前、この調子が悪くなった。シャッターを押しても写真が撮れなかったり、すぐに写真が見られなかったり。でも、完全にだめというわけではなく、ちゃんと写真が撮れることもある。それでもあまりに調子が悪いので、こちらをあきらめて、望遠機能つきの EX-Z3 を使っていたのだけど、こちらが完璧にこわれてしまった、というわけなのだ。

EX-M2 の調子が悪い時にすぐに修理に出しておけばよかったのだが、故障の症状が出たり出なかったり、というのは結構困りものだ。そういう電化製品を修理に出しても、「症状がでないことには修理できませんしねぇ」なんて言われたりする。

今、うちのプリンターもそんな感じで、印刷すると端っこのほうに赤い線が入ることが多いのだが、それ以外はきれいで、続けてもう1枚印刷してみるとちゃんとできたりする。ただ、調子の悪いことが多いので、年賀状の季節をひかえてどうしようかなぁ、と思っている。デスクトップパソコンも調子がいまいちだ。今日、スタッフミーティングを終えて帰宅したら、娘が「見たことのない画面になってる」というので見ると、「なんとか保護違反」とかいうような青い画面(x_x)。強制終了して立ち上げると、立ち上がる途中で、またフリーズ(*_*)。

完璧にこわれてしまったら困るので、それまでに手をうたないといけない、とわかってはいるのだけど...(^^;)

|

« 空 | トップページ | ルンピア »

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17663/2185484

この記事へのトラックバック一覧です: 電化製品のこわれかた:

« 空 | トップページ | ルンピア »