« ホリエモンがフジテレビのアニメに!? | トップページ | ビデオ「インファナル・アフェア」無間道 »

映画「最後の恋のはじめ方」Hitch

楽しい映画だった。

ニューヨークのデートドクターである「ヒッチ」(ウィル・スミス)は、女性との付き合い方が苦手な男性にデートの仕方をコーチし、恋を成功に導く、というのが仕事。次のクライアント、アルバート(ケビン・ジェイムス)は、太っているしおっちょこちょいだしシャイだし、と、スマートな恋とは縁遠いタイプ。アルバートの意中の女性アレグラは業界のセレブで、彼には高嶺の花。ヒッチは、彼女が彼に興味を持つきっかけを作るアドバイスをし、ふたりはつきあいを始めるのだが、そのうちヒッチ自身が、アレグラを追うゴシップ記者サラ(エバ・メンデス)と恋に落ちて...

「女性はこんなふうに考える」とか「女性はこういうのが好き」とかいう知識やテクニックでデートを成功させよう、というのは、策略的な感じがするけれど、ヒッチのクライエントの場合、「きっかけ」が必要だったのだ。単に遊びが目的のクライエントはとらない、というのがヒッチの方針で、アルバートもそのドジさ加減が実に愛すべき人柄を感じさせる。

ヒッチがサラをデートに誘うやり方は、さすがデートドクターという感じのスマートなものだし、デート場所の選び方、相手の気持ちを惹きつける演出もあざやか。でも、たくさんのテクニックを知っているからといって、恋がうまくいくとは限らない...

(以下ネタバレ)

私が好きなのは、最後の結婚式の場面。アルバートのダンスもいいけれど、サラの派手な踊り方がほとんど「吉本」的で笑ってしまった。(サラがまちゃみに見えてしまう...ほくろのせいかな(^.^))

オープニングでかかったジミークリフの "You can get it if you really want" は個人的に思い出のある曲で、のっけから気持ちよく映画に入っていけた、というのもある。英語が完全に理解できていないところはもちろんあるけれど、心の動きが言葉なしに伝わってくるものが結構あった。そういう場面の描き方がうまいのだ。アレグラを家に送り届けた時の、アルバート、アレグラそれぞれの思いとか、サラの部屋から男性が出てくるのを見たヒッチとか。

最後の「おばあちゃんナッツ喉つめ作戦」なんかはちょっと冗談きつすぎかな、と思うけれど、たくさん笑って、ハッピーな気持ちになれる映画はいい(^^)。

|

« ホリエモンがフジテレビのアニメに!? | トップページ | ビデオ「インファナル・アフェア」無間道 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17663/3100992

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「最後の恋のはじめ方」Hitch:

» 『最後の恋のはじめ方』 [ラムの大通り]
------『最後の恋のはじめ方』ってソニー・ピクチャーズの映画だよね。 メジャーにしては、また珍しい邦題の付け方だ。 「うん。原題は『HITCH』=ヒッチ、人... [続きを読む]

受信: 2005.03.15 23:56

» Hitch [アリゾナ映画ログ - アメリカで観た映画のログノート]
2005年2月 Tagline: The cure for the common man. 邦題は「最後の恋のはじめ方」。(自分的にはわりと... [続きを読む]

受信: 2005.03.28 06:19

» 『最後の恋のはじめ方』 [京の昼寝〜♪]
 ひとつの出会いが、完璧な男を狂わせ始める。  61.5%=ニューヨークで暮らす独身女性の割合。   約240万人ものNY女性が結婚していないという事実。 ■監督 アンディ・テナント ■脚本 ケヴィン・ビッシュ ■キャスト ウィル・スミス、エヴァ・メンデス、ケヴィン・ジェームズ、アンバー・ヴァレッタ、マイケル・ラパポート、アダム・アーキン  ヒッチ(ウィル・スミス)は、恋愛下手な人を手助けす... [続きを読む]

受信: 2005.06.06 22:17

» 「最後の恋のはじめ方 」お決まりだけどあなどれない [soramove]
「最後の恋のはじめ方 」★★★(DVD) ウィル・スミス、エヴァ・メンデス主演 恋愛コンサルタントの 主人公。 どうすれば本物の 「恋」が手に入るか 指南する。 バカバカしいような ワリと正統なアドバイスを 散りばめつつ、 ほとんどのシーンに 笑いを...... [続きを読む]

受信: 2005.12.13 07:50

« ホリエモンがフジテレビのアニメに!? | トップページ | ビデオ「インファナル・アフェア」無間道 »