« ビデオ「ザ・ペーパー」 | トップページ | ビデオ「トーク・トゥー・ハー」Hable con ella »

もうひとつの名前

アメリカでは、子どもに親と同じ名前をつける人がいる。父親と同じ名前の息子を「ジュニア」と呼んだり、あるいは息子をミドルネームで呼んだり、または2番目、3番目を意味する「デュース」「トレ」などという呼び方をしたりする。

Aは、そういう通称のある子どもで、彼がうちのクラスに来るときのオリエンテーションで、「ここにファーストネームを、こちらにラストネームを書いてください」と言って書類を渡したら、「本名を書くのか、通称を書くのか」と尋ねられた。それで通称があることを知ったのだけど、オリエンテーションのとき話をした父親は特にどちらで呼んでほしいという希望を話されず、前のクラスの担任に聞くと本名で呼んでいる、ということだったので、本名で呼び始めた。

うちのクラスの1歳児たちは新しい友達が好きで、とりわけその子が小さくて頼りなげだと、「赤ちゃん」だと思うようで、世話をやきたがる。Aは小さくて可愛い男の子で、たちまちみんなの人気者となった。まだ語彙がそれほど多くなく、友達の名前をうまく呼べなかったRがAの名前をうまく発音するのにびっくり。Aの名前は子どもにとって特に発音しやすい、というものではないのに(ベッキーとかデビーとか、イーと伸ばすのが比較的子どもに言いやすいのでは、という感じがする)「A,A」と呼ぶので、他の子たちもすっかり彼の名前を覚えて、かなりの子どもたちがAの名前を呼ぶようになった。名前の言えない子どもも、彼の名がAであることは知っている。

彼にはとなりの2歳児クラスにおねえちゃんがいる。おねえちゃんは彼のことを「バディ」(buddy)と呼び、先日、うちのクラスからそちらのクラスに移ったKが、彼のことを「バディ」と呼ぶようになった。一昨日、その話をAのおかあさんにしたら、「そう、うちではバディって呼ぶのよね。誰もAなんて呼ばないわ」とのこと。おかあさんには、「うちのクラスの子ども達がAの名前が好きで」という話をしたことはあったのだけど、そのときには「そんな名前で呼ばれては困る」というようなことは言っておられなかった。でも、一昨日のおかあさんの口調から、Aがその名前で呼ばれていることにとまどいを覚えておられるのかな、と思って「通称で呼んだほうがいいですか」と尋ねてみたら、「そうね、そうしてちょうだい。学校に行ったら通称で呼ばれるようになるはずだから。」とのこと。

というわけで、昨日から、Aを通称で呼び始めたのだけど、これがなかなかむずかしい。Aは、通称で呼ばれてもAと呼ばれても、それが自分のことだというのはわかっているが、他の子ども達にとって、AはAでしかない。Aの名前をとりわけ気に入っていたRは今バケーションに行っていて、来週戻ってくる。戻ってきたときAの名前が変わっていたら、どう思うのだろうか。まあ、でも、呼び方を変えるなら早いほうがいいし、そのうち慣れるだろうとは思うけれど。

|

« ビデオ「ザ・ペーパー」 | トップページ | ビデオ「トーク・トゥー・ハー」Hable con ella »

米軍基地保育園」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17663/3437212

この記事へのトラックバック一覧です: もうひとつの名前:

« ビデオ「ザ・ペーパー」 | トップページ | ビデオ「トーク・トゥー・ハー」Hable con ella »