« ゴッホ展 | トップページ | ビデオ「ウォルター少年と夏の休日」Secondhand Lions »

トルコ語

今年の夏はトルコに行くつもりだ。「トルコで私も考えた」という漫画を読んで以来、次女がトルコに行きたがっていて、2年前に行くつもりだったのだが、イラク戦争が起こってしまったため、さすがにその隣のトルコに行くことはあきらめた。イラク戦争はまだ完全には終わった状態ではないけれど、トルコはそれほど危険ではなさそう(といってもクルド人問題などがあるので油断はできないけど)なので、今年行くことにした。航空券は一応確保したけれど、旅程などはまだ考えていない。でも、あれこれ、本を見たり、ホームページを見たり(これが楽しい(^^))、と、また、放送大学のほうも来週の面接授業の前にやっておかなければならないことがあって、ブログの更新が滞りがちになっている。多分、夏の旅行が終わるまでは、こんな調子での更新になると思う。

というわけで、トルコ語を少し習うことにした。イタリアに行ったときも、イタリア語を少しだけやったのだけど、少しだけでも話せると結構楽しい。大きな都市のホテルやお店では英語が通じるし、私のイタリア語はたどたどしいので、「英語できる?」と訊かれて英語に変わることもよくあったが、スーパーや電車でとなりになった人など、ちょっとでも言ってることがわかると嬉しいものだ。

で、昨日からトルコ語のレッスンが始まった。レッスンは基本的にトルコ語だけで行われる。このやり方はむずかしそうな感じがするが、案外なんとかなるものだ。昨日のレッスンでは、まず、いくつかの名詞を繰り返し、覚えていく。それから、「これは○○です」という文を習い、次に、「これは○○ですか?」という言い方を習う。トルコ語は日本語と似ているところがあって、英語のような冠詞がないし、疑問文も語順が変化せず、肯定文の最後に、日本語の「~か?」にあたる言葉をつけて作る。ただし、発音と聞き取りはむずかいしいのがある(--;)。先生は日本語がある程度(かなり?)わかる方なので、いざとなれば日本語で質問もできる。

生徒は私を含めて3人。同じ時間帯を希望する同レベルの生徒が3人いればクラスが成立する、というシステムになっていて、いい方法だな、と思う。私は来週は放送大学の面接授業で出席できないのだが、先生がその次の週のクラスの始まる前に補講をやってくださるそうで、とてもありがたい。先生は明るくおもしろい方だし、生徒にもおもしろい人がいて、これから当分、土曜日が楽しみ(^^)。

|

« ゴッホ展 | トップページ | ビデオ「ウォルター少年と夏の休日」Secondhand Lions »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

ターキーっていうのかな?違う?
ターキーと言えば、水之江滝子。
古いこと知っているでしょう・・・母が、日活映画で育った世代なんです。

裕次郎、ひばり大好きだったようです。
父とのデートで映画に行った時、「きゃー」と
画面の裕次郎に向かって叫んで、父はびっくりしたそうです。
似てるね・・・・遺伝だア・・・・

小津安二郎の「東京物語」だったかなあ、
衛星で観ましたが、家族間の丁寧な言葉遣い
にびっくりしました。
原節子きれいですね。
「カサブランカ」のイングリット・バーグマンも
高貴で素敵ですよね。

学生時代に「カサブランカ」を観た時の感動は
忘れられません。

投稿: 今日子 | 2005.05.08 22:05

今日子さん、はじめまして(^^)...ですよね?
実は、名前を見てちょっとドキっとしました(^^;)。

トルコのことはターキーと言いますね。
でも、私は水之江滝子とは結びつきませんでした。古いことをよくご存知ですね。
おかあさまはよほど映画の好きな方だったのでしょうね(^^).

投稿: じゃりんこ | 2005.05.08 22:34

トルコに行くためにトルコ語を学ぶ!素晴らしいですね。私なんて思いつきもしませんでした。前職で「トルコ事業管理課」という渋い部門にいた私は約15年ほど前、当時の駐在員を訪ねて一度だけ、旅行したことがあります。現地の駐在員のアテンド付でしたので至れり尽くせりの優雅な旅行でしたが、行くまではやっぱり色々と不安でした。行ってみるとそこに広がる風景も食事も何もかも素敵でした。ブルーモスク、トプカピ宮殿、夜のボスポラスのディナークルーズも幻想的で素敵でした。カッパドキアの遺跡も圧倒されますし見所満載ですよね。じゃりんこさんが羨ましい……。私も子供が大きくなったらもう一度くらい行ってみたいです。

投稿: sweet_smell | 2005.05.10 00:41

sweet_smell さん、どうも(^^)。
わ、ほんと、シブイ部門におられたんですね。仕事で外国と関われるのって楽しそうって思います(^^)。
sweet_smell さんのコメントを読んでますますトルコに行きたくなりました。
子どもが小さいうちはなかなか遠出はしにくいですが、今は今しか楽しめないことがありますものね。sweet_smell さんのぶんも楽しんできますので(へへ)、また時々のぞきにきてください(^^)。

投稿: じゃりんこ | 2005.05.10 20:46

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17663/4042700

この記事へのトラックバック一覧です: トルコ語:

« ゴッホ展 | トップページ | ビデオ「ウォルター少年と夏の休日」Secondhand Lions »