« 効果的な英語学習法(中級者編) | トップページ | 雑誌ビッグイシュー24号「笑いは人生を変える!」 »

働く者のマナー

今、うちのクラスの保母さんのひとりがバケーション中なので、最近入った保母さんが中番でヘルプに入ってくれている。うちの1歳児クラスでは、子どもと保母の割合は5対1と決められていて、だいたい7時15分には6人目の子どもが来る、ということがあるので、中番の出勤時刻は7時15分。彼女には2歳の息子さんがいて、うちの保育園の2歳児クラスに入っている。

7時15分になっても彼女は来なかった。でも、これには驚かない。彼女は車を持っていなくてバスを使っているため、7時に保育園前に着くバスに乗り遅れる、ということは今までも何度かあった。今日も乗り遅れたんだな。7時半のバスで着くだろう。子どもは5人で、割合をオーバーしているわけじゃないから、まあいいや。

ところが、7時半になって子どもが7人になったため、フロントに電話。主任の保育士さんがヘルプに入ってくれ、彼女を待っていたのだけど、来る様子がないので、7時半のバスにも乗り遅れてしまったのか、と思った。ところが8時近くになっても何の連絡もないので、事務の人が電話を入れたところ、「息子さんが病気だから休む」という。

ヘルプに入ってくれていた保育士さんは、「まったく信じられないよ」と言っていたけど、あとでヘルプに入ってくれた保育士さんに話したら、「(連絡するのを)忘れちゃったのね」の一言。

日本でも無断欠勤をする人はいると思うし、うちの保育園で働いている人でも無断欠勤をする人は多くはないけど、でも、日本よりは多い気がしてしまう(--;)。

|

« 効果的な英語学習法(中級者編) | トップページ | 雑誌ビッグイシュー24号「笑いは人生を変える!」 »

米軍基地保育園」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17663/4278546

この記事へのトラックバック一覧です: 働く者のマナー:

« 効果的な英語学習法(中級者編) | トップページ | 雑誌ビッグイシュー24号「笑いは人生を変える!」 »