« 放送大学面接授業「現代の国際政治」 | トップページ | もう歩けるよ »

はじめの一歩

何か新しいことをはじめたとき、「はじめの一歩を踏み出した」と比喩的に言うことがあるけど、実際の「はじめの一歩」を見ていると、「はじめの一歩」って大変なことだなぁ、と思う。

うちの1歳児クラスに来るには、「しっかり歩けるようになっている」ということが、一応の前提。でも、事情に応じて、まだ歩けなくてもうちのクラスに来ることがある。ここ2週間ほどの間に、そんな子どもがふたり入ってきた。

うちのクラスに来る前は、ふたりとも、つかまり立ちはするけど、動き回るのはハイハイが主で、全然、歩く様子はなかった。でも、そんな子どもも、うちのクラスに来ると、他の子ども達が歩き回っているのを見て歩きたいと思うのか、手を持ってあげると一緒に歩こうとする。日に日に足腰がしっかりしてきて、少しの間だと、支えなしで立つこともできるようになってきた。そうすると、「立てば歩め」の親心で、「ほら、ここまでおいで」とほんの少し離れた場所で手を広げて、その子がそこまで歩いてくるように促す。子どもはこちらの顔を見て、行きたいのだけど、やっぱりこわい。なんとか支えなしで立っているけど、一歩足をあげれば、バランスを失いそうだと知っている。実際、両手を持って一緒に歩いていても、まだまだ立つのが精一杯という感じで、あっちへフラフラ、こっちへフラフラ、とあぶなっかしい。それでも歩いてみたいーと、一歩を踏み出して倒れるか、あるいは足より先に手が出て、こちらの手にまずつかまろうと、こちらへ倒れこむような格好になったり。

今、私はなんの苦もなく歩き回っているけど、こうした能力のひとつひとつは、こうやって獲得されてきたんだなぁ、と思う。支えなしで立つことができるようになった子どもの得意そうな顔。そして、はじめの一歩を踏み出すのはこわいけど、やがてそれができる力が子どものなかに育っていく。子ども達が「はじめの一歩」に挑戦している姿を見てると、この言い回しが簡単に使えないような気になってくる。なんにしても、子どもが、日々、新しい力を身につけていくのを見るのは嬉しい(^^)。

|

« 放送大学面接授業「現代の国際政治」 | トップページ | もう歩けるよ »

保育」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17663/4171117

この記事へのトラックバック一覧です: はじめの一歩:

« 放送大学面接授業「現代の国際政治」 | トップページ | もう歩けるよ »