« 映画「エレニの旅」 | トップページ | ゴッホ展 »

屋根裏部屋

今の家を建てた時、狭い家に少しでも収納を多く、と屋根裏部屋を作ってもらった。工務店の人は、「屋根裏って、温度の変化が激しくて、夏はすごい高温になり、大事なものは保管しておけないし、とりあえず使わないものを置いておくつもりでも、とりあえず使わないものは結局はいらないものなんだから、その時に捨てたほうがいいですよ。屋根裏を作るのはあまりおすすめしません」と言われたのだけど、なんせ小さな家だし、また、屋根裏ってなんか楽しそうで(^^)、作ってもらった。3畳ほどのスペースで、大人が立つことはできないくらいの高さだけど、思い出の品とか季節によって使わないものなどをしまいこみ、子ども達はたまにはそこに上って遊んだりしていた。約10年経った今、工務店の人が言われたとおり、「とりあえず使わないもの」をドンドン放り込んでいった結果、どこに何があるのやら、文字通り足の踏み場もない状態となった(^^;)。

で、人間には2種類あるらしく、散らかった状態が耐えられない人と、まあそれほど気にならない人。我が家では夫と長女が前者で、私と次女が後者(^^;)。私は気にならないわけではないけど、つい他にやりたいことがあって、かたづけが後回しになってしまう(^^;)。

というわけで、このゴールデンウィークに、長女が屋根裏の整理を買って出てくれた(^^)。私はゴールデンウィークは関係なく仕事なので(;_;)、仕事から帰ってみると、「おかあさん、これはどうする?いるの?いらないの?」と質問の嵐。学校に勤めていた頃のクラス便りとか、長女の保育園の時の連絡帳とか、私の中学時代のサイン帳とか...懐かしいものが多く、他のものの多くも、やっぱりなかなか捨てられない。「残しといて」と応えると、「えーっ、まじ?」「その”とりあえず”はやめようよ」と言われつつ、まあ、いくつかは捨てる決断をし、いくつかは保育園行きになり(この仕事をしてると、ついつい何でも残したくなる(^^;))、彼女のおかげで見違えるほど片付いた。ありがとう>長女(^^)。

昨日から早番になったので帰宅が早くなったのだけど、そんなこんなで夕食の準備にとりかかるのが遅くなった。今日は生協の配達日なので食材はたっぷりあるはず。まあ、豆腐の炒め物でも、と、準備をはじめたら、なんと豆腐がない。先週、注文するのを忘れたらしい。じゃあ、卵料理、と思ったら、卵もない(x_x)。卵も注文し忘れたらしい(x_x)。すっかり気力をなくした私は、とっても適当な夕食にしてしまったのでした(^^;)。

|

« 映画「エレニの旅」 | トップページ | ゴッホ展 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17663/3966525

この記事へのトラックバック一覧です: 屋根裏部屋:

« 映画「エレニの旅」 | トップページ | ゴッホ展 »