« アフリカンフェスタ2005 | トップページ | 効果的な英語学習法(中級者編) »

アリの巣作り

アリ のところで書いたように、子ども達がアリを見るのが好きなので、アントクアリウム という、アリの観察ができるグッズを購入した。この青いジェル状のものがアリの栄養分になっている、ということで、アリはここで生活できるのだ。

部屋に持っていったのが5月5日。「同じ巣のアリでないと喧嘩するかもしれないから、菓子くずなどをしばらく放置した後、隊列を組んでいるアリをつかまえるように」ということで、朝早くキッチンから砂糖をもらって園庭においておいた。が、しばらくしてもアリが集まっている様子がないので、同じ巣のアリにこだわらず、とりあえず同じようなアリを捕まえる、ということにした(^^;)。

小さな紙コップに子ども達と一緒にアリを追い込んでなんとか1匹捕まえてアントクアリウムに入れる。2匹目、3匹めも入れたけど、素早く動き回るし、フタを開けると既に入っているアリが出てきそうになったりで、アリを入れるだけでも一苦労。3匹のアリを入れたところで、早番の私は帰宅。

で、次の日の朝、見てみると、明らかに種類の違う大きなアリが1匹加わっていて、なんと先に入れたアリのうちの1匹が既に死んでいた(--;)。同僚の保母さんに「同じ種類のアリでないと」ということは言っておいたのだけど、とりあえず捕まえたから入れてくれたのだろう。というわけで、この大きなアリを逃がし、生き残った2匹のアリがしばらくこのアントクアリウムの住人(住蟻というべきか(^^;))だった。

その翌日くらいに、少し縦に穴が掘り進まれた状態になっていたけど、それ以上広がることもなく、やっぱり2匹では巣作りをしないのかなぁ、と先週になってもう2匹同じくらいの大きさのアリを追加した。

antnestで、今朝、ようやくアリが横にも掘り進んでいるのを発見(^^)。この写真ではわかりにくいと思うので、もう少し大きな写真を見たい方はこちらへどうぞ。この写真と5月19日の写真 は裏表の関係になっている。今日の写真では、1匹だけが掘り進んだ穴の中にいるのが見える。他のアリは上部にいて、写真では見えないが、他のアリが穴に入ってくることもある。

上部に白い粒状のものが見えているのはジェルを掘るとこんなのが出てくるのだろうか。今日、びっくりしたことは、死んだアリがその白い粒状のもので覆われていたことだ。先週の金曜までは死んだアリが見えていたのに。外に出したほうがいいかなぁ、と思いながらそのままになっていたのだ。アリたちがそんなふうにしたのだろうか。それともたまたま?(追記:今日(5/24)もう一度よく見たら、意図的に覆われているふうに見える。)

子ども達に「ほら、アリさんがおうちを作ってるんだよ」と見せるのだけど、まだいまいち様子がわかりにくい。でも、今後、巣がどんなふうに広がっていくか楽しみだ(^^)。

|

« アフリカンフェスタ2005 | トップページ | 効果的な英語学習法(中級者編) »

保育」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17663/4253761

この記事へのトラックバック一覧です: アリの巣作り:

« アフリカンフェスタ2005 | トップページ | 効果的な英語学習法(中級者編) »