« 2005年5月 | トップページ | 2005年7月 »

いまどきの卒業アルバム

昨日、長女の中学卒業アルバムが届いた。一番後ろにCD-ROMが入っていたので、ああ、なるほど、今はCDに保存した写真もつけてくれるのか、と見てみたところ、写真がたくさん入っているのはもちろんのこと(紙のアルバムにあるものよりも多い)、音楽やナレーションが入って、彼女の中学時代のニュース映像が少し見られるようになっていたりする。写真は右クリックはきかないので、メールに添付して送る、なんていうことはできなさそうだけど、プリントすることはできるし、パソコンの画面上で拡大もできるので、「あれ、これ、誰?」なんていうときは拡大して見ることもできる。欲をいえば、ナレーションは先生とか生徒にやってほしかったな。娘達の幼稚園の卒園記念にカセットテープを一本ずつもらっているのだけど、これにはお友達や先生の声が入っていて懐かしい。

で、今日になって紙のアルバムのほうをじっくり見てみると、こちらはこちらでおもしろい。小学校のときはよく見かけていたのに、中学になってからはしばらく見ていなかった子などはなんだか雰囲気が変わっていたり、先生達の写真を見て 「何も知らない人にこの中から音楽の先生を選べ、とか言われたらむずかしそうだね」とか。

なんにしても、写真は楽しい(^^)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

リモートアシスタンスを体験

新しいパソコンがやってきた(^^)。木曜日に届いたのだけど、昨日の日曜になってようやくセットアップ。でも、モニタは前と同じだし、とにかく前のパソコンでできたことをできるようにした、というだけなのであんまり変わりばえしない感じだった。でも、さすがに画像の表示は速い(^^)。MeからXPになったのでユーザーアカウントを設定。娘達は、壁紙やお気に入りを自分好みに変えて楽しんでいた。

さて、昨日、やらなかったのはテレビのアンテナをパソコンにつなぐこと。今日、電気屋さんで、どういう器具を買えばいいのか尋ねてみたけど、やっぱりよくわからない(^^;)し、器具もそれなりの値段がするようなので、あきらめてケーブルテレビ会社に依頼。依頼してからまた訪問の日時を設定、とかいうことになるのかと思っていたら、すぐ来てくれた(^^)。

で、ちょいちょいとつないでくれて、でも、実際、パソコンでテレビが見られる状態になっているのか、ということを確認したかったのだけど、パソコンでテレビを見る方法がわからない(^^;)。マニュアルを開いてみても、どこにソフトがあるのかがわからなくてグズグズしていると、設定に来てくださった方が会社のパソコン担当の方に電話してくださって、その方がXPのリモートアシスタンス機能を使って私のパソコンを操作してくださることになった。

インターネットにつないで、その人の言われたアドレスを入力すると、その人のパソコンからうちのパソコンが見れる状態になったようで、いろいろ操作もできるのだ。なんか不思議な感じ。テレビを見るのにどういうソフトを使うのか、とか、そのソフトがどこにあるのか、とかが、直感的にわかるようになっていなくて(最初にひととおりよーく説明書を読んでいればわかったはず。@メニューというのがあってそこからやりたいことを選ぶようになっているのだけど、画面に表示されていた@メニューを私は昨日消してしまっていた(^^;))、ふたりしてさまよったけれど、なんとかプログラムを発見。無事、パソコンでテレビが見られるようになると、後は、設定に来られた方があれこれやってくださった。(で、この方の作業を見ていて、これはやっぱり私ひとりでは無理だっただろうな、と思った(^^;)。)

リモートアシスタンスは、他人が自分のパソコンを操作できるので、信頼できる相手でないとちょっとコワイ。一度リモートアシスタンスを許可したからって、いつでもその人がうちのパソコンを操作できる、というわけじゃないよね?(このあたりの仕組みが全然わかっていない私(^^;))。でも、適切に使えば確かに便利なものだなぁとは思う。

パソコンでのテレビ録画は今いろいろ実験中。新しいパソコンはまだ使いこなせていないので、もう少し使ってから感想を書こうかな、と思っている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

寝る時のこだわり

最近うちの保育園で働き始めた保母さんの息子Sがうちのクラスにいる。今日はいつになくぐずぐず言っていたので、ランチタイムにおかあさんに休憩室で会ったとき、「今日はSは眠いのかしら?」と訊いてみた。すると、「ああ、そういえば、実は、昨日、おしゃぶりを捨てたのよ。Sは寝る時はいつもおしゃぶりをしてたんだけど、もう大きいからって捨てたの。でも、そのせいか、夜中に何度も起きてたわ。だから、昨日はあんまりよく眠れてないかもしれないわね。」とのこと。なるほど。それは彼にはなかなかつらいことだったかもしれないな。

昨日からバケーションにでかけたNに代わって、その間来ることになったWは、お昼寝用に柔らかい青い枕を持ってきた。「これがないと寝ないのよ」とおかあさん。お昼寝の時は、枕をしっかりと抱き、ちょっと保母に「トントンして」と頼んで、すんなりと眠りに入ってくれた(^^)。

お気に入りの毛布を持ってきている子どもは、眠くなると、毛布を自分の棚から取り出してその上に横になったりすることもある。「寝る時にはこれがないと」というこだわりは、子どもだけでなく、大人もある場合があると思うけど、我が家の3人はだいたいどこでもすんなりと寝れる。次女(中2)なんて布団の上でちゃんと寝ているのを見るほうがめずらしい(^^;)。見つけると起こしていたけど、ちゃんと起きるまでが大変で、どこで寝ても風邪をひくわけでもないので、まあいいか、と放置することにしてしまった(^^;)。3日間、床(カーペット)とか座椅子で寝てしまい、久々に布団の上に横になるとしあわせを感じるそうだ(^^;)。かくいう私もふだんの睡眠時間が結構短いので、ちょっとした隙間時間に30分とか1時間とか寝るのは得意(^^)。「眠いー」と思ったらタイマーをセットしてソファで寝てしまう。

で、実は今日、またも(半年ぶりくらいかな(^^;))寝過ごしてしまった。6時には家を出なくちゃいけないのに、起きたのが6時前。5時過ぎに目覚ましをセットしていたのだけど、止めてしまったらしい。このところ、高校の懇談会とかPTAの役員会で夜遅くなったり、残業があったりで、自分が思ってるより疲れているのかも(自覚症状はない(^^;))。前回寝過ごしたのも金曜だった ので、やっぱり疲れがたまってくると起きられないっていうことか。

まあ、寝つきもよく、熟睡できるわけだから、幸せなことかな。さすがに、高速バスの窮屈な座席や、旅先などでベッドがやわらかすぎたり、空調の関係などで寝にくいことはあるから、いつでもどこでも寝られます、というわけではないけれど。

明日は寝坊するぞー(^^)!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

100万ドルの笑顔

小さい子どもはみんな可愛いけど、とりわけ、いつもきげんがよくて笑顔の多い子どもというのはこちらの気持ちを和ませてくれる。

Nはそんな子どものひとりだ。お昼寝の時は、うつぶせ寝にして背中をトントンしてあげると寝ていく子どもがほとんどだけど、Nは寝るときにはちょっと手がかかる子どもなのでトントンするのは後回しにしている。彼のマットは、部屋のくぼみになったところの後ろ側で、そこに隠れたりそこから出てきたりしながら、他の子どもを寝かしつけているこちらの様子をうかがっている。「ちゃんとねんねしなさい」と言うのだけど、そう言うこちらに向かって、なんともいえない嬉しそうな笑顔を見せる。そしてくぼみに隠れてまた現れて、こちらに向かってにこーっ(^^)。満面の笑み。それを見てると「早く寝なさい」なんてコワイ顔では言えなくて、こちらもつい笑ってしまう。100万ドルの笑顔...彼を見ていて、ふとそんな言葉が浮かんだ。

Nは、グアテマラから、養子としてCさんのところにやってきた。Cさんは未婚なのでシングルママになる。彼のおにいちゃんもグアテマラからやってきた養子で、2年前に私が担任した。彼もまたいつもきげんのよい子どもだった。2度ほどすごいかんしゃくを起こして手こずったことがあるけれど。

毎朝、おにいちゃんとママとNは一緒に登園してくる。ひとしきり、「今日はこんなことをするんだ」なんて話をした後、ママがおにいちゃんに「ほら、Nにキスして」と言うと、おにいちゃんがNにバイバイのキスをして、おにいちゃんのクラスに向かう。血はつながっていないけど、仲のいい家族だ。

さて、JとKを寝かしつけ終わったので、今度はNの番。マットに寝かせて毛布をかけてトントンしようとすると、いやがってぐずぐず言っていたけど(彼はうつぶせ寝が嫌いで仰向けに寝る)、しばらくすると眠りに落ちていった。彼の寝顔を見ながら、「あなたのような子どもが本当のミリオンダラーベイビーだよねぇ」としみじみと思った(^^)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Music Baton

ぴよ♪ さんから MUSIC BATON をもらいました。音楽談義を広げていこうという企画のようです。というわけで、質問への回答をば...

♪1. Total volume of music files on my computer
(コンピュータに入ってる音楽ファイルの容量)

私のノートに意図的に入れている音楽はゼロ。

♪2. Song playing right now (今聞いている曲)

なし。パソコンしてる時は音楽聴かない。

♪3. The last CD I bought(最後に買ったCD)

映画"Ray" のサントラ。

♪4. Five songs(tunes) I listen to a lot, or that mean a lot to me
(よく聞く、または特別な思い入れのある5曲)

1)Mundo Melhor (Beth Carvalho) すばらしき世界(ベッチ・カルバーリョ)

一時、サンバにはまりました。その中でもこのアルバムは一番好きなもの。「すばらしき世界」というのがアルバムタイトルの曲で、この曲も大好きですが、このアルバムにある他の曲もみんないいです。「すべては音楽」「こんな暮らし」なんかも大好き。サンバは明るく軽快なリズムが気持ちいいのですが、歌詞を見ると、とても悲しい内容だったりします。でも、悲しいことを明るく軽く歌ってしまう、そんなエネルギーも好き。(悲しいメロディのサンバもあります。) ベッチのちょっとハスキーで、それでいて伸びのある柔らかい歌声は何度聴いてもいいなぁって思う。

興味をもたれた方がおられましたら、このページでこの曲が聴けます。なんと、サイトのタイトルが Mundo Melhor(^^)。
サンバ歌手の有名どころの曲をたくさん紹介してあります。すごい(^^)!
アルファベット順になっているので、Beth のところで、Mundo Melhor を選択してください。

2)Many Rivers to Cross (Jimmy Cliff)

夫と初めて一緒に行ったコンサートはジミー・クリフでした(*^^*)。
我が家にあるのは輸入版のLPですが、どの曲も思い出深いです。"You can get it if you really want"も好きで、映画「最後の恋のはじめ方」のオープニングでこの曲がかかった時はおおっと思いました(^^)。

こちらで試聴できます。久しぶりにちょっと聴いてみたい、という方はどうぞ。歌詞はこちら

3)すずらん(ロシア民謡)

高校時代、「ギターマンドリンクラブ」に入っていて、そのクラブで演奏会をする時の最初と最後にはこの曲を演奏していました。大学時代はブラバンで、それぞれに思い出のある曲はありますが、ひとつ選ぶならこれかな。

4)たんぽぽ

養護学校に勤めていた頃、よく歌いました。多分「うたごえ運動」の影響を受けていた学校だったのだろうと思うのですが、この他にも好きな歌が多かったです。子ども達は音楽が好きで、職員も音楽の好きな人が多かった(いろんな楽器のできる人もたくさんいた)ので楽しかったです。

ネットで探してみると、この歌を好きな人は結構多いのだなぁと思いました(^^)が、サビの「どんな花よりたんぽぽの」というところのふたつめの「ぽ」の音程が、私が歌っていたのより半音低いのがほとんどで、このページのものは同じだったので嬉しくなりました(^^)。

5)コーリング・ユー(ジェベッタ・スティール)

映画「バグダッド・カフェ」の主題曲。私が持っているのは映画のサントラで、この曲を聴きたいために買いました。サビの部分のつやのある声がきれいで惹き込まれます。私が音楽を聴くのは「掃除」の時が多いかな。映画のサントラを聴くことが多いです。「フォレスト・ガンプ」のサントラも好き。

6)選外(^^;)

5曲選ぶのはむずかしい(^^;)。
長い時間車に乗る時は、なつかしめのJ-POPとかなつかしめの洋楽をよく聴いているので、うちのふたりの娘達は古い曲を結構知っている(^^;)。

J-POPからひとつ選ぶとすれば、「パラダイス銀河」(光GENJI)かなぁ。小学校に勤めていた頃、2年生の子ども達と演奏しました。ピアニカがそんなに得意じゃない子も、この曲をやりたいために一所懸命練習してくれたのを思い出します(^^)。

*************

で、次の5人にバトンを渡す、ということですが、これはパス(^^;)。
もし、この記事を見て、自分も書いてみたい、と思われた方がおられましたら、ぜひトラックバックしてくださいね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ひとり親家庭

ブログ「はなみずき保育園」の「父の日」という記事に「幼稚園と違って、シングルマザーの人たちも結構おられるので父の日はやらない保育園が多い」というようなことが書かれていた。

そうなのか...確かにママあるいはパパがいない子どもがクラスにいると、どうしようか、と考えることはある。

うちのクラス9人の子どものうち、現在、シングルママがふたり、シングルパパがひとり。ひとりはなんらかの事情で結婚されなかったのだと思う。ひとりはもともと結婚されたことがなく、ふたりの子どもを養子にされた。ひとりは離婚。

やっぱりアメリカは家族のあり方が多様化しているというか、同僚にも、母親あるいは父親の違う兄弟や子どもを持っている人は結構いる。シングルピアレントであることで、とやかく言われることがまったくないわけではないけれど、日本よりは特別視されることが少ないかな、という印象はある。

今年、私は「母の日」をまったく忘れていて(^^;)、クラスで何もしなかったので父の日も何もしなかったけど、子どもにとっては、母親あるいは父親が今一緒に住んでいないとしても、存在する(していた)ことは事実なのだから、何か活動を計画してもいいのでは、という気もする。「○○ちゃんの場合は、おかあさんがおとうさんの役目もやってるから(すごいねー!)、おかあさんに”ありがとう”のカードを作ってもいいよ」というのでもいいのでは。もし、母の日も父の日もやらないのなら、それはそれでもいいけれど、「ママ」「パパ」は子ども達が早くから覚える言葉のひとつであり、避けて通ることのできない話題なのだもの。子ども達も自分の現実を受け入れなければいけないのだし。その際、「ひとり親であることがマイナスの状態」だと子どもに感じさせないようにできればいいな、と思う。

他の保育園ではどうですか。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

個人情報保護

夜7時から次女の中学校のPTA運営委員会。その後、校外指導担当の人と、夏休みのパトロールの当番表を作っていて結局10時半までかかってしまった。「中学校の地域委員はそんなに忙しくないよ」と聞いていたのだけど、このところ、毎週のように平日の夜に何かの委員会があったりして、そんなにラクってことはないなぁ、と思ってしまう。

で、この当番表を作成するために、地域の生徒の名簿が必要なのだけど、今、個人情報の管理に学校のほうも神経質になっていて、なかなかすっきりした形のものを渡してもらえないのだ。クラス名簿に地域名のみ手書きされたものから、自分の担当する地域の生徒を選び出して当番表を作成。これが見落としがあったり、兄弟関係の見落としがあったり、となかなか世帯数が一致しなくて大変だった。去年までは当番表に各家庭の電話番号を載せていたのだけど、今年からは電話番号を載せるのは地域委員のみ。

長女の高校のクラス連絡網も、全員の電話番号を載せずに、自分が連絡しなければならない次の人とその次の人の電話番号だけを個人的に聞いて書き込む、という方式になっていた。こうした個人情報を悪用する人がいるから防御的にならざるをえないのだけど、窮屈だなぁ、という感じは否めない。私の個人情報保護に関する意識がまだまだだっていうことなのかな。

| | コメント (2) | トラックバック (2)

パソコン買った!

このところ、パソコンのカタログやら雑誌やらでの検討と、父の日のプレゼント選び、とで、ビデオも映画も見ず、放送大学の勉強もろくにせず、ブログも書かず、という状態だったのだけど、今日、ついに決断ε- (^O^; はぁ~

買ったのは、富士通 WEB MARTのカスタムメイドモデル。店頭モデルでいうと、FMVCE70L7 っていうのに近いかな。本体のみ購入して、モニタはバイオのものをそのまま使うことにした。

検討する途中で、DELL の人に、モニタとパソコンの相性というのがあるから、うまく映らないかもしれない、などと言われ、それだったらモニタも買おうかと思い、だったらやっぱりテレビもかなぁ、と、一体型パソコンを検討したりもした。一体型っていろんな端子がモニタの側面についているから、結構使いやすそうだし、スペースの節約にもなるし。それで、我が家で置けるスペースの関係から、NEC のバリュースターSR というのを、ウェブである程度カスタマイズすることを考えた。

昨日、店頭で見てきたところ、画面もきれいだし、パソコンのテレビというのもやっぱりおもしろそうだし、とかなりその気になったのだけど、店を出て、車に乗り込んだとき、目がすごく疲れた感じがしたのに愕然。思えば、NEC の今のパソコンのディスプレイはなんだかキラキラしてる。きれいだからテレビを見るのにはいいかもしれないけど、パソコンでいろいろ操作するにはちょっと明るすぎて疲れそう。フィルタを買うとしても、結構な値段がするし。

一体型パソコンでモニタが気に入らない場合は悲劇になってしまうし、やっぱりセパレートタイプがいいか、と、最終的には NEC のバリュースターLと富士通のCEシリーズで検討したところ、1)同じくらいのスペックで、富士通のほうが値段が安くなる (このあたりは、それぞれがやっているキャンペーンの違いなどで変わってくると思う)2)前面端子の配置が富士通のほうが使いやすそう というのが主な理由で、富士通に決定。そのほか、3)富士通はリカバリディスクがついている(NECはハードディスクリカバリという方式らしい)4)富士通 WEB MART にアフィリエイトのリンクを貼って、そこから購入すると、自分が買った場合でも2%のキャッシュバックがある(^^) などもついでの理由。

「パソコンでテレビ」にはトライしてみるつもり。今回、富士通 WEB MART では、本体にテレビチューナーをつけるのが無料というキャンペーンをやっていた(^^)。

アフィリエイトに興味のある方はリンクシェアへどうぞ...ってこれもアフィリエイトになってます(^^;)。

さて、到着は約1週間後だそうだ...楽しみ(^^)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

本「米軍はイラクで何をしたのか」by 土井敏邦

副題は「ファルージャと刑務所での証言から」で、著者が、2004年5月から6月にかけてイラクで行った取材をまとめた記録だ。3月末、アメリカ人4人が武装勢力に殺害され、その後、市民によってその遺体が傷つけられる、という事件が起き、これに対して米軍はファルージャを包囲攻撃、多数の市民が死傷した。

ファルージャでの米軍の攻撃が始まったため、町を脱出しようと、白旗をかかげた乗用車に乗った母親。彼女の子どもふたりがその隣にすわっていたが、米軍の銃撃を受けた。

(子ども達は)ともに後頭部のほぼ同じ箇所を撃たれ、頭蓋骨が砕かれました。患部から私の手と脚に脳がこぼれ落ちました。.....今は寝ていても、座っていても、何をしていても、子どもが私の膝の上で血まみれになって横たわっている光景を思い出してしまいます。...(p.16)

母親として、これ以上、ひどい状況に出会うことがあるだろうか。この本に書かれていることがすべて事実ではないとしても(事実であると思われるけれど、私自身が確かめたわけではないから断定はできない、という意味で)、米軍が多くの罪のない人の命を奪ったことは否定できないことに思われる。

さらに、刑務所で行われていたイラク人の「囚人」に対する虐待の事実。

多くの心あるアメリカ人は、こういう実態を知ったら心を痛めると思う。こうした事実はいったいどのくらいアメリカ人に知らされているのだろうか。

著者があとがきで書いている。

私はファルージャの破壊現場で生存者たちを取材しながら、世界で叫ばれる「正義」の欺瞞をいやというほど思い知った。ミサイルで粉々にされた幼児の肉片が壁にこびりついている現場で、ブッシュ大統領の「自由」「民主主義」という言葉はなんと虚ろに響くことか。

「武装勢力が潜んでいるかもしれないから」という理由で、市民への無差別攻撃をすることはとうてい正当化されない。「武装勢力がいるという情報はまちがいだった。すまない。」...そんな言葉だけで、自分の肉親を失った人が納得できるはずもない。

米軍が「正しい」行いをすることを望んでいるのは、軍で働く多くの人であると思う。多くの人はイラクの復興に手を貸したい、役にたちたい、と思っていると思う。そう思ってイラクに来ているのに、何故、自分達は歓迎されないのか。アメリカがイラクで行っていることをアメリカ人はもっと知る必要があるのではないだろうか。

アメリカが外交上とっている行動は、どう見ても自分勝手なものが多い。地球温暖化防止京都議定書からの離脱、国際刑事裁判所に参加しない、対人地雷禁止条約拒否...。アメリカの人たちが自分の国の外交政策を客観的に見ることができるようになればいいのに、と思う...

| | コメント (0) | トラックバック (0)

やくいちやくざ

中2の次女はただいま中間試験前。

次女 「なんか歴史の問題出して」
私 「試験範囲は?...ふーん、じゃあ、織田信長が商業振興のためにとった政策は?」
次女 「楽市楽座。...授業で最初にそれ聞いたとき、”やくいちやくざ”って聞こえて。薬市ヤクザ? クスリを売ってるヤクザ? 信長ってあぶない人だって聞いてたけど、そんなことしてたのかーって思ったら、先生が黒板に"楽市楽座”って書いたから聞き間違えだったってわかった」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

パソコン買い替え検討中

うちのデスクトップは2001年購入のバイオ RX51。Cドライブの空きを増やすためにパーティーションサイズの変更をしたり、となんとか使おうとしてきたのだけど、最近、またどうも不調になってきた。ドライブの空きには問題ないのだけど、しばらく前から、青い画面が現れることが多くなった(--;)。今日は突然画面が灰色になって何も受け付けなくなったというので、強制終了をしたら、今度は立ち上がらない(--;)。セーフモードで起動して、その後普通に立ち上げることはできたので、あわててデーターをバックアップ(--;)。パソコンの購入は夏の旅行が終わってから、と思っていたけど、そうも言っていられなくなってきた。

で、モニタには別段問題はないし、パソコン本体だけを買えばいいか、とBTOを検討。まずは DELL。メモリアップグレードとか、なんとなく魅力的なキャンペーンをやっているし、不要なソフトが入っていないのもいい。でも、そういうキャンペーンの対象になっているパソコンは、モニタをセットで買うことが前提になっていたりする。で、うちのモニタには問題ないのだけど、テレビのほうはもう20年使っている(何度か修理に来てもらった)ので、そろそろ換え時かな、と、どうせなら、チューナー付のモニタをテレビとして買う、というのもありかな、という気になってきた。

ところが、本体にチューナーをつけてテレパソにしようとすると、光学ドライブで DVD スーパーマルチを選べない。相性の問題だという。私は DVD を今まであまり活用していなくてよく知らないのだけど、テレビを録画するのならDVD-RAM が使いやすそう(放送大学の録画とか)なので、新しく買うなら RAM が使えるのがいいなぁ、という気がしている。

そんなわけで、今、検討中なのは、富士通の製品。私は長い間、富士通のノートを使ってきて、とにかく壊れなかったのでいい印象を持っている。富士通 WEB MARTで、ある程度カスタマイズできるし、ここでもお得なキャンペーンをやっていたりして心惹かれる(^^)。

ただ、ここでは、ハードディスクのパーティーションをDドライブに10ギガ程度割り当て、残りをCドライブに割り当てるらしい。CドライブにはOSだけを入れて、OSに何かがあっても、自分の作成した文書などはDドライブに保存されているので救われる、というのが普通かな、と思っていたので、なんとなく不思議な感じだ。でも、確かに、普通の設定だと、マイドキュメントもCドライブに作成されるし、何も考えずに使っていると、Cドライブの空きがどんどん少なくなっていくわけだけど...。パーティーションの仕方が気に入らない場合、自分でパソコンを初期化してパーティーションサイズの変更をすることは可能だそうだけど、買ってすぐに初期化するっていうのもなぁ...

いろいろ考えるうち、そもそも、テレパソにする意味はあるのか、とか、余計悩ましくなってしまった(^^;)。今使っているバイオもテレパソなのだけど、テレパソとして使ったことはほとんどない。バイオの説明書を見てみると、アンテナをパソコンに接続しないといけないようで、これがめんどくさそう(^^;)。ケーブルテレビだから、よりいっそう...。パソコンのテレビ機能はあきらめて、地上デジタル放送が本格化してからテレビを買う、というほうがいいのかなぁ。テレパソはやっぱりいいよ、という方はおられますか?

なんにしても、近いうちに電気屋さんに行っていろいろ見てこようとは思っている。新しいパソコンが来るまで今のバイオにはなんとか持ちこたえてほしいな。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

放送大学通信課題

放送大学の通信課題の提出期限が6月9日で、今日ようやく終了。今まで取った科目は、どれも選択式の問題だったのだけど、今回は、「国際政治」と「第三世界の政治」で、「放送教材を視聴して最も興味を抱いたテーマをひとつとりあげ、500字で論じなさい」というものだった。500字くらい、なんでも書けそうなものだけど、「論じなさい」ということだから、ただまとめるだけじゃだめなのかな、などと思うと、ちょっとむずかしく考えてしまう。イラク情勢やパレスチナ問題について、ちょっと勉強したからといって、なかなか自分の見解を書くところまではいかない(私の場合は)。でも、このふたつの講座はおもしろく、テキストもわかりやすいし、放送教材もよく工夫されている。おかげで、ニュースも今までより興味をもって見ることができるようになってきた。

結局私は、「イラクにおけるクルド人の状況」について、と、「インティファーダ」(パレスチナで、占領者であるイスラエルに対して自然発生的に起こった抵抗運動)について書き、感想程度の意見(^^;)を付け加えた。

もうひとつの「英語Ⅲ」の提出課題は選択式で簡単だった。これは、短い映画を見て、表現を学んだり、あるいは、その場面を英語で言い表したり、というもので、私には結構勉強になる。20分程度の映画1本を5回の講座で見るので、15回の講座で3本の映画を見ることになる。1作目は内容的にはつまらなかったけど、2作目は、今のところまた続きを見るのが楽しみ(^^)。

通信課題とかテストとか、それなりにプレッシャーだし、何を好き好んで放送大学なんてやっているんだろう、と思うこともある。書きたいと思っている卒論のテーマはあるのだけど、具体的に行動は起こしていないし(^^;)。それでも、今学期とっている科目は正解だったかな。イラク情勢とかパレスチナ問題を自分だけではなかなか学べなかったと思う。

さて、あとひとつ、面接授業「現代の国際政治」のレポートを6月末までに仕上げなくちゃ...(^^;)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

キャッチコピーの傑作!?

中学生向けに、塾の勧誘パンフレットなどが来ることがある。

「あったか指導の特訓塾。○○○(塾名)の夏」

あんまり行く気が起こるとは思えないけど...(^^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年5月 | トップページ | 2005年7月 »