« Music Baton | トップページ | 寝る時のこだわり »

100万ドルの笑顔

小さい子どもはみんな可愛いけど、とりわけ、いつもきげんがよくて笑顔の多い子どもというのはこちらの気持ちを和ませてくれる。

Nはそんな子どものひとりだ。お昼寝の時は、うつぶせ寝にして背中をトントンしてあげると寝ていく子どもがほとんどだけど、Nは寝るときにはちょっと手がかかる子どもなのでトントンするのは後回しにしている。彼のマットは、部屋のくぼみになったところの後ろ側で、そこに隠れたりそこから出てきたりしながら、他の子どもを寝かしつけているこちらの様子をうかがっている。「ちゃんとねんねしなさい」と言うのだけど、そう言うこちらに向かって、なんともいえない嬉しそうな笑顔を見せる。そしてくぼみに隠れてまた現れて、こちらに向かってにこーっ(^^)。満面の笑み。それを見てると「早く寝なさい」なんてコワイ顔では言えなくて、こちらもつい笑ってしまう。100万ドルの笑顔...彼を見ていて、ふとそんな言葉が浮かんだ。

Nは、グアテマラから、養子としてCさんのところにやってきた。Cさんは未婚なのでシングルママになる。彼のおにいちゃんもグアテマラからやってきた養子で、2年前に私が担任した。彼もまたいつもきげんのよい子どもだった。2度ほどすごいかんしゃくを起こして手こずったことがあるけれど。

毎朝、おにいちゃんとママとNは一緒に登園してくる。ひとしきり、「今日はこんなことをするんだ」なんて話をした後、ママがおにいちゃんに「ほら、Nにキスして」と言うと、おにいちゃんがNにバイバイのキスをして、おにいちゃんのクラスに向かう。血はつながっていないけど、仲のいい家族だ。

さて、JとKを寝かしつけ終わったので、今度はNの番。マットに寝かせて毛布をかけてトントンしようとすると、いやがってぐずぐず言っていたけど(彼はうつぶせ寝が嫌いで仰向けに寝る)、しばらくすると眠りに落ちていった。彼の寝顔を見ながら、「あなたのような子どもが本当のミリオンダラーベイビーだよねぇ」としみじみと思った(^^)。

|

« Music Baton | トップページ | 寝る時のこだわり »

米軍基地保育園」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17663/4652592

この記事へのトラックバック一覧です: 100万ドルの笑顔:

« Music Baton | トップページ | 寝る時のこだわり »