« 足指のけがとデジカメの故障 | トップページ | トルコのお酒ラク »

ビデオ「スーパーサイズ・ミー」

マクドナルドのメニューを朝昼晩、1ヶ月食べ続けたらどうなるか?それを実際にやって撮影した映画...というのは見てみたくなる。結果はまあ予想されたとおりではあるけれど、予想外のこともあった。

実験を続けるうえでの決め事として、朝昼晩マクドナルドのメニューしか食べない、というのはまあいいとして(実際それに近い生活を送っている人もアメリカにいないわけではなさそうだし)、「スーパーサイズをすすめられたら断らない」というのはちょっとどうかな、と思った。普通の人間はおなかの具合と相談して、無理にスーパーサイズを食べないし、満腹しているのにさらに食べ続けている姿は不自然な感じがした。多分、そこまでやらなくても、つまり、おいしかった、満腹した、という状態を続けるだけでもほぼ同様の結果は出ただろうから(この映画のタイトルは「スーパーサイズ・ミー」だけど、”量”が一番の問題というわけではないと思う)、そのほうが警鐘としての意味があったのでは、と思える。「おいしく楽しく食べて、そしてこの結果ですよ」というほうが。

もともと、「太ったのはハンバーガーのせい」とマクドナルドを訴えたティーンエージャーのニュースがこの映画を作るきっかけになったということだが、ハンバーガーを食べてきたのは彼女達で、彼女達には他の選択肢だってあったわけだから(自由意志がないわけじゃないし、ハンバーガーしか食べることのできない状況におかれていたわけでもないだろう)、マクドナルドを訴えるのは筋違いだろう。では、企業にはなんの責任もないのかといえば、

(以下ネタバレ)

マクドナルドの宣伝のすごさ、巧さ。そしてマクドナルドへの肯定的なイメージが子どもの頃から刷り込まれていくことのこわさ。

学校のカフェテリアにもあふれるお手軽な食事。そういう食環境で育った子ども達は、自らの食事の質について考える習慣は身につかないかもしれない。「野菜をとらなきゃ」ということでフライドポテトを食べる。日本だと家庭科の授業で「バランスのとれた食事」をしっかり習うと思うけど、アメリカでは「とりあえず何か野菜をとりなさい」程度にしか教えられないのだろうか。うちの保育園の給食を見ていてもいつも思うことだけど、緑黄色野菜も淡色野菜もないランチメニューはめずらしくない。 それでも「バランスのとれた食事を提供する」ということはうたわれていて、一応「野菜」が何かひとつはつくのだけど、缶詰のコーンスープだったり、冷凍のさやいんげんだったりで、なんだかなぁと思ってしまう。

こわいと思ったのは(予想外だったのは)、中毒性があるのだ、ということ。実験を行った監督のモーガン・スパーロックは、この食事を始めてしばらくして気分の落ち込みがちな状態になり、しかしマクドナルドの食事をすると気分がよくなる、という状態を経験する。中毒症状を起こす物質が使われているとは知らなかった。

現代のアメリカ人にとっては何かを気づかせてくれるきっかけになる映画になっているのじゃないかな、と思うけど、はたして、この映画を見たせいで、自分の食生活を見直した、という人はどれくらいいたんだろう。しばしばファーストフード店で「ディナー」を食べている人は、簡単には生活を変えられないんじゃないかなぁ...

|

« 足指のけがとデジカメの故障 | トップページ | トルコのお酒ラク »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

欧米の肥満は中途半端じゃないですね。
まともな食文化のある仏、伊は多少マシ。
ろくな食べ物のない英はひどいもの。

飛行機で隣に座ったフランス人に、フランスはシャネルとかのブランドとかファッションで外貨を得ている。
庶民といかに遊離していようと、これは厳然たる事実だ。
そのため、フランス人はシェイプアップして、格好良くするべきだ。
日本は、車売って生活しているので、みんな車ピカピカにしている。これが国民の義務だ。
何か違うか?
相手はとても頭抱えました。

投稿: はなまち | 2005.10.01 10:31

はなまちさん、

すみません、国民の義務をはたしてなくて(^^;)。

フランス人は十分かっこいい人が多かったという印象があります。

イギリスの食べ物ってまともなものがないのですか。そして太った人も多い?ロンドンに住むメールフレンドの話を聞いていると、そんなにひどい食事をしているようにも思えませんが(彼女はベジタリアン志向)、一度行ってみたいものです。

投稿: じゃりんこ | 2005.10.01 11:01

私もあんまり車洗いませんが・・・・
フランスでへそ出しファッション大流行なんですが、あれはウエストキュンと締まっていてこそいいのですが、脂肪たっぷりでは、そんなの見せるなよと感じます。
イギリスでおいしいところはイタリアかインドの経営のところ。
ポテトチップスなんて、日本人が見たら、それ全部食べるの?と言う感じで食べていますね。探せばそれなりのところもありますが、とてもひどいところが多いですね。
20そこそこの女性などは普通無駄な脂肪はないものですが、かなりの比率でプヨプヨでしたね。気づいている人もかなりいるようではありましたが。

投稿: はなまち | 2005.10.01 11:29

はなまちさん、

イタリアンか中華はどこへ行ってもあまりはずれないからいいですね。
「家庭料理を食べなければイギリス料理は語れない」ということも聞きますから、外食だけでは判断できないかもしれませんね。アメリカ人はディナーを作らず宅配ピザなどですます人が多分日本よりは結構多いと思いますが。

投稿: じゃりんこ | 2005.10.01 23:43

日本でもスーパーで50ぐらいの主婦のカゴを見て、あんた何やってんの?と感じることばかり。
パン、カップヌードル類、パックの煮物、寿司パック、菓子。
私のカゴの方は、ほうれん草、揚げ豆腐、がんもどき、味噌、肉類、魚の切り身。
私の買い物の方がよほど主婦らしき買い物かと思うのですが・・・・

投稿: はなまち | 2005.10.02 10:36

はなまちさん、

私の場合、肉や魚、野菜は生協で買うので、スーパーで買い物をすると、パンやお菓子ばかりになりがちです。野菜を買い足すこともありますが、肉や魚をスーパーで買うことはほとんどありません。

ファーストフードがすべて悪いわけではない、と思っています。料理は、食べてくれる人がいるから作る気になる、というところはあって、もし一人暮らしだったら、なかなか作ろうと思わないかもなぁ、と思います。その50くらいの女性もたまたまその日はひとりで食事をしなければならなかったとか、その日は作る気にならなかったということかもしれません。「パックの煮物」というところに、ハンバーガーやピザにはない気配りを感じます(^^)。

投稿: じゃりんこ | 2005.10.02 23:05

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17663/6163543

この記事へのトラックバック一覧です: ビデオ「スーパーサイズ・ミー」:

« 足指のけがとデジカメの故障 | トップページ | トルコのお酒ラク »