« 本「アルジャジーラ 報道の戦争」by ヒュー・マイルズ | トップページ | 本「ラッシュライフ」by 伊坂幸太郎 »

トルコのお菓子 ロクム

トルコ語を習っていたところから「イフタルの夕べ」をするのでどうぞ、というお知らせが届いたので行ってきた。トルコは現在ラマダン期間に入っている。イフタルは一日の断食が終わったあとの食事だ。「イランという国で」の記事で知ったのだが、ラマダン中は普段よりも食料の消費が増えるらしい。 トルコ人の先生達は結構みなさん断食をされているようだった。ひとりの先生に「つらくないですか?」と聞いてみたら、「いつもラマダンが終わると次のラマダンが楽しみ」と言っておられた。トルコでメアドを交換した大学生の女の子もやはり現在ラマダンをしている、と言っていた。

CIMG0102
炊き込みご飯(?)とキョフテ(ハンバーグ)、サラダ、スープ、そのほかいくつかの野菜料理。デザートにストラッチ(ライスプディング)など。特にイフタルで食べる、というものではないようだったけど、トルコ人の先生達の手作りの料理をおいしくいただき、旅行の思い出話などをして楽しい時を過ごした。

写真を撮りそびれてしまったので、おみやげにいただいたロクムの写真を。ロクムは食感がおもちに似ていて、他のトルコのお菓子に比べると甘すぎるということがなく、私達は好きだった。それで友人や職場のおみやげにロクムを買ってきたのだけど、職場での反応は「悪くないわね」「独特の味ね(unique)」という感じで、「おいしいわ!」というストレートな絶賛はなかった(^^;)。でも、「食べてみると案外いけるわ」という人もいて、結局アジア系の人を中心に売り切れた(^^)。wedcar

こんなふうにかわいいラッピングは結婚式のときなどにするらしい。そういえば、トルコでは何度か結婚式の車を見かけた。こんなふうに大きなリボンを車にかけ、前のプレートには「結婚しました」と書かれている。トルコ人の先生にその話をしたら、「あれを見ると笑っちゃうんだよ」と言うので「どうしてですか?」と尋ねると、「だって幸せなのは短い間だけでしょ」...(x_x)...まあ、そうでもないと思うので、お幸せに!と願う(^^)。

|

« 本「アルジャジーラ 報道の戦争」by ヒュー・マイルズ | トップページ | 本「ラッシュライフ」by 伊坂幸太郎 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

トルコ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17663/6537062

この記事へのトラックバック一覧です: トルコのお菓子 ロクム:

» ナルニア国物語 Le Cronache di Narnia [amore spacey]
私のお気に入り度 ★★☆☆☆(★★★★★が最高) 期待しすぎた(何を?…だろ、子どもの時に読んで思い描いたイメージと違っていたからかなァ?)せいか、最後の最後まで作品の中に入り込めませんでした。とっても冷めていたアモーレです。この作品はこれとして独立して観なくてはいけないのですが、「ロード・オブ・ザ・リング」圧巻3部作を観たあと「ナルニア国物語」は、かなりキツイ。イタリア語版のライオンの声はオマー・シャリフでした。次男エドマンドが食べていた*赤いゼリーのようなイチゴ大福のようなお菓子が、妙に美... [続きを読む]

受信: 2005.12.28 19:19

« 本「アルジャジーラ 報道の戦争」by ヒュー・マイルズ | トップページ | 本「ラッシュライフ」by 伊坂幸太郎 »