« ビデオ「夢のチョコレート工場」 | トップページ | トルコのお菓子 ロクム »

本「アルジャジーラ 報道の戦争」by ヒュー・マイルズ

アルジャジーラについて私が持っていたイメージは、「中東にあって、オサマ・ビン・ラディンから渡されたテープを放送したり、人質殺害などの残虐な映像も流すテレビ局」というようなもの。しかし、この本を読んで、公正な報道者であろうとしている本物のジャーナリズム精神にあふれたテレビ局なんだ、という印象を持った。

アルジャジーラは、中東の小国カタールに本部をおく、アラビア語による、ニュース中心の24時間放送を行っている衛星テレビ局。その中心となる方針は「ひとつの意見があれば、また別の意見がある」というもの。オサマ・ビン・ラディンの映像も流すし、パウエルのインタビューも、サダム・フセインのインタビューも流す。「テロ組織の手先だ」という批判をアメリカから受けたり、「報道姿勢がアメリカ寄りだ」などの批判をアラブ諸国から受けたりしながらも、ニュース価値があると判断したものについては報道する。

イラク戦争に際して、アメリカは従軍記者制度というのを採用した。軍公認のジャーナリストを従軍させ、兵士たちとともに過ごさせる。ただし、軍の決めた規定には従わねばならず、従わない場合は従軍記者資格を剥奪される。これによって、米軍は軍に都合の悪い報道は行わないようにコントロールすることができる。

しかし、イラクに独自の拠点を持っていたアルジャジーラは、米軍の攻撃によってイラクの人々の生活がめちゃくちゃになってしまった様子や、民間人が多数死傷したことについて報道したし、米英兵の遺体の映像も放送した。爆弾は軍事施設だけをピンポイント攻撃できるし、アメリカ人に損害はない、というイメージを国民に持っていてほしいアメリカ政府としては(他のアメリカのメディアは基本的に米政府の方針に従った。米英軍に都合の悪い情報は伏せられ、民間人の被害を伝える映像が流れるとしても、米英軍の手で治療を受けているところしか放送されない。「イラク解放のための戦い」というイメージを作り上げるのに貢献している。)、アルジャジーラは実に厄介な存在だ。カタール政府に抗議したり、あらゆる手段を使ってアルジャジーラの報道姿勢を変えさせようと圧力をかけた。こうしたアメリカのやり方に対しては、アラブの国々での反応はたとえば次のようなものだった。

パウエルが中東の国に対して民主主義や言論の自由を求めてくるならまだわかる。まさか検閲を求めるとは思いもよらなかった。(p.169)

つまり、アメリカにとって、民主主義のルールが大切なのはアメリカ国内のことであって、第三世界では適用されないものなのだ。

この本では、アルジャジーラはあらゆるところからの圧力に屈せず、公平な報道者たらんとする姿勢を貫く素晴らしいメディア、という感じに書かれていて(いくつか小さな批判はあるものの)、そのままこの本に書かれていることを鵜呑みにしていいのかどうかはわからないが、それが真実であるなら(真実のようだ、という気はする)、ぜひ、その姿勢を貫いてほしい。

日本では、2005年10月現在、自分で巨大なパラボラアンテナを購入してオーストラリアの事業者と契約でもしないかぎり、アルジャジーラを見ることはできないらしいが、もうすぐ英語放送も始まるそうなので、気軽に見ることができるようになればいいなと思う。

アルジャジーラ

|

« ビデオ「夢のチョコレート工場」 | トップページ | トルコのお菓子 ロクム »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

この本の書評を放送大学の高橋先生が書いておられるのを見つけました。同じ本でも、やっぱり私の感想と専門家の書評は違いますね。興味のある方はどうぞ。
http://www.takahashi-seminar.jp/books/20051030.html

投稿: じゃりんこ | 2005.11.06 11:09

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17663/6515987

この記事へのトラックバック一覧です: 本「アルジャジーラ 報道の戦争」by ヒュー・マイルズ:

« ビデオ「夢のチョコレート工場」 | トップページ | トルコのお菓子 ロクム »