« 80年代の英語 | トップページ | 映画「アルナの子どもたち」 »

女の子の父親

朝、子どもを保育園に送ってきた親は、子どもにキスやハグをねだって(^^)、それからバイバイと去る、ということが多い。Iは今日は両親と一緒に登園。おとうさんっ子の彼女はパパに抱きついたまま離れたがらないので、「ママにもハグしてあげようか」と言うとママにハグをしてあげて、それからまたおとうさんのところへもどる(^^)。このままだと両親が去りにくいだろう、と、彼女の仲良しの男の子Tがそばにいたので、「Tにもハグしてあげる?」と言うと、おとうさんが、「ダメダメ。B(女の子)やS(女の子)にハグするのはいいけど、Tはダメ。」と(^^)。冗談めかして言っていたけど、まんざら冗談でもないかも。Iのおとうさんは、彼女が前の赤ちゃんクラスにいたときは、毎日のように昼休みにやってきて、彼女と時間を過ごすのを楽しんでいた。うちのクラスになってからは、おとうさんの昼休み時間はちょうど子ども達のお昼寝タイムになってしまうため、来られなくなったけれど。女の子の父親は娘の初めてのボーイフレンドと会うときは複雑な気持ちになるのかなぁ。なんにせよ、今は、両親からキスとハグをいっぱいもらっている子ども達を見ると幸せな気分になる(^^)。

|

« 80年代の英語 | トップページ | 映画「アルナの子どもたち」 »

米軍基地保育園」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17663/7269720

この記事へのトラックバック一覧です: 女の子の父親:

« 80年代の英語 | トップページ | 映画「アルナの子どもたち」 »