« 2006年カレンダー | トップページ | 英語のナゾナゾ »

子ども向け英語のジョークサイト

以前、「英語のだじゃれ」という記事を書いたときに、Pun of the day というサイトにリンクをはって、このページに毎日英語のだじゃれを配信してもらうようにしてあったのだけど、この2,3日どうも調子が悪く配信されない。サイトに行こうとしても行けない。また復活してくれるといいのだけど、とにかく何か毎日ジョークを配信してくれるようなサイトがないかな、と探してみて見つけたのが子ども向けのジョークのサイト。 毎日ページに配信してくれるサービスはなさそうだけど、ここ にリンクをはれば毎日違うのが読めるのかな。子ども向けということでわかりやすいのが多い。(わからないのもある。)ジョークというよりナゾナゾという感じで、だじゃれっぽいのが多い。ただし日本語に訳すのはむずかしかったりする。

Q: What did the mosquito say the first time it saw a camel?
A: Did I do that?

Q: 蚊が初めてラクダを見たとき、何と言ったか?
A: それ、ぼくがやったの?

これなんかは日本語で考えてもわかるけど、

Q: What do you call a deer that has no eyes?
A: No eye deer!

これになると訳せないなぁ(^^;)。

Q: 目のない鹿を何というか?
A: 目のない鹿

なんだけど、 No eye deer は No idea と発音が同じで「わかんないよ」という意味になる。(えーっと、もちろん、解説がうっとうしい方は読み飛ばしてくださいね(^^;)。)

Q: Did you hear the story about the peacock?
A: It's a beautiful tail!

Q: あのクジャクの話を聞いたかい?
A: 美しい話だね。

これは tale(話)と tail(しっぽ)の発音が同じなのをかけたもの。クジャクは美しい尾を持っているものね(^^)。

Q: What do ghosts spread on bagels?
A: Scream cheese!

Q: おばけがベーグルに塗るものは何か?
A: スクリームチーズ!

これはクリームチーズが普通なんだけど、おばけなので scream (キャーッと叫ぶ)cheese だと言っている。このあたりはおやじギャグのセンス?でも作っているのは10歳前後の子ども達(^^)。

Q: How do you make one disappear?
A: Add the letter g and make it gone!

Q: どうやって人を消しちゃうわけ?
A: G っていう文字を入れれば消えるよ。

これは私には翻訳不可能(--;)。one という単語(ひとつ。単に人というような意味に使われる)の前に g という文字を加えると、gone という単語になり、どこかへ行っちゃった、という意味になる。一緒にこのサイトを見ていた高1の長女が「犬を大きくするにはどうやったらいいか?」っていうようなものね、とみごとな例えを。(もちろん、点をなくせばいいのです(^^))

他にもいろいろと楽しいのがあるので、興味のある方はごらんください。
ついでに「本日のオヤジギャグ」というページも見つけたのでお好きな方はどうぞ(^^)。

|

« 2006年カレンダー | トップページ | 英語のナゾナゾ »

英語」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17663/7091519

この記事へのトラックバック一覧です: 子ども向け英語のジョークサイト:

« 2006年カレンダー | トップページ | 英語のナゾナゾ »