« 映画「日本国憲法」 | トップページ | オークションは楽しい »

オークションはむずかしい

私が初めてオークションで買ったものはDVDプレーヤーだった。DVDが出回り始め、DVDだとビデオにはない特典映像がついていたり、英語字幕がついているものが多かったりして、DVDで見たいなぁと思うようになったが、DVDプレーヤーは私にはまだ高価だと感じられて買う決心がつかなかった。

で、オークションだと、すごく安い値段から売り出しが始まっていることがあって、つい、もしかするとかなり安く買えるかも、なんて思ってしまう。眺めているうち、DVDプレーヤーにはリージョンフリーのものがある、ということも知った。アメリカと日本では、ビデオの形式は同じなのでアメリカのビデオを日本のビデオプレーヤーで見ることができるが、DVDに関しては形式が違うので、一般の家電ショップで売られているDVDプレーヤーではアメリカのDVDは見られない場合が多い。ところがオークションではリージョンフリーのものがたくさんある。私の場合、基地の図書館や同僚からDVDを借りたりすることもありえるから、どうせ買うならリージョンフリーのものがいいな、と思うようになった。

落札されたものの価格を見ていても、一般の家電ショップで売られているDVDプレーヤーより安かったりして、オークションでDVDプレーヤーを買うのもありかな、という気がしてきた。私の場合、画質やら音質やらにそうこだわるほうでなく、ブランドにこだわるということもない。ある日、これまでにも何度か落札されているリージョンフリーのDVDプレーヤーが出品されていて、ついに落札。今までのオークションの落札結果と比べても妥当な値段で、1万円以下で買えたことに満足していた。今なら1万円以下のプレーヤーもたくさんあるけれど、当時はなかなかなかったのだ。

製品の紹介ページには、「いついつまでの保証がついている」と書かれてあり、送られてきた製品には、保証のため、買ったときのレシートが添付されていた。それを見てびっくり。原価は私の買った値段の約半値だった。出品者がもともとその値段をつけていたわけではなく(1円開始)、オークション参加者が値段をつりあげていったわけだし、私もその値段で納得して買ったのだから、文句を言うすじあいはないが、なんとなく損をした気分。それでも、DVDプレーヤーは使えるし、同僚からソフトを借りたりもしたし、まあいいか...と思っていたものの、途中、急に使えなくなることがあったり、性能は不安定だった。保証期間内なのでショップに電話をしようとしたこともあるが、その前にもう一度、と試すと使えたり。ショップに修理を依頼するにも、送料やらなんやらややこしくなりそうだなぁ、と思うとおっくうで、そのうち保証期間も過ぎてしまった。

電化製品を買うなら、やっぱり信頼できるメーカーのものを、普通のお店で買うのがいいのかなぁ、と思ったできごとだった。(続く)

|

« 映画「日本国憲法」 | トップページ | オークションは楽しい »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17663/7574206

この記事へのトラックバック一覧です: オークションはむずかしい:

« 映画「日本国憲法」 | トップページ | オークションは楽しい »