« オークションはむずかしい | トップページ | オークションはやっぱりむずかしい »

オークションは楽しい

昨日 とはまるで反対のようなタイトルだけど、私のオークション体験2回目は、「じゃりン子チエ」コミックだった。そしてこれは、ああ、こんな方法があるんだ、と感激した出来事だった。

「じゃりン子チエ」は、ある日夫が20冊くらいまとめて古本屋で買ってきた。映画やテレビアニメで見たことはあったけど、コミックは読んでいなくて、で、これが読み始めるとおもしろい(^^)。というわけで、続きを古本屋さんでまた買ったけど、そこで手に入るのは52巻までだった。じゃりン子チエは67巻まである。続きの53巻をネットの本屋さんで買って、当時はその続きの巻も普通にネットの本屋さんなどで手に入る状態だったのだが、夫が「そのうちまた古本屋で買おう」などと言うので、まあそれもいいか、といったん中断。家族で神田の古本屋に探しにいったこともあるが、結局新しい巻は古本屋では見つからなかった。

「じゃりン子チエ」に私以上にはまったのが次女だった。何度も何度も読み返し、どの巻のどこにどういうエピソードがあるかまで覚えている。そこで私は彼女の誕生日に残りの巻をまとめてドーンとプレゼントしようと考えて、ネットの本屋さんをあたりはじめた。が、数冊は手に入れたものの、後はどこも品切れ状態。新刊で買えないなら、と、町で古本屋さんを見かけるたびに探しに入っても、古い巻はあっても、59巻以降は見つからなかった。

で、何かのきっかけで、オークションのサイトでじゃりン子チエの59巻をゲット。こういう方法もあるのか、と他のオークションサイトやフリーマーケットのサイトを見に行き、立て続けに何巻かを手に入れた。私があと何巻と何巻をさがしてる、という話を出品者の人に伝えると、「それだったらどこそこのサイトで見ましたよ」などという情報をもらったり。なかなか見つからなかった2冊は、楽天フリマの「探し物」というコーナーに登録して見つけることができ、めでたく全巻収集達成(^^)。

この件に関しては、オークションというよりフリマに近い感じだったけど、こういうものを買う場合は、オークションサイトは役にたつなぁと感じた。(続く)

|

« オークションはむずかしい | トップページ | オークションはやっぱりむずかしい »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17663/7590086

この記事へのトラックバック一覧です: オークションは楽しい:

« オークションはむずかしい | トップページ | オークションはやっぱりむずかしい »