« パレスチナの初等教育 | トップページ | 放送大学「国際化と教育」 »

個人情報保護とPTA活動

中学校の地域委員の仕事もようやく終わりに近づきつつあるが、最後の仕事は、次の地域委員さんを決めること。同じ地域の各学年から2名ずつ選出、という決まり。昨年度までは、地域の見回り当番表に各家庭の電話番号を載せていたので、新2年生と新3年生については、多少の異動はあるものの、それを頼りに連絡をとる。しかし、新1年生は誰が入学してくるのかもわからない。昨年の役員の人に訊くと、小学校の地域委員の人に名簿を貸してもらったとのこと。そこで、小学校の地域委員長さんに連絡をとると、「貸していいものなら貸すけれど、このご時世だから、私の一存というわけには...」とおっしゃる。当然だ。というわけで、中学校に訊くと、まだ新入生の名簿は私たちの地域のぶんは小学校からもらっていない、ということで、小学校に訊くように、と言われる。で、小学校に訊くと、案の定、そんな名簿を見せるわけにいかない、とのこと。「今まではどうしていたのか」と訊かれたので、今までのやり方を話すと、「今までどおりにしてもらうのがいいんじゃないですか」とのこと。それって結局、地域委員の人から名簿(電話番号などを含む)を見せてもらってくれ、ということなわけで、なんだか学校の責任逃れ、という印象だ。自分の手から名簿を見せるのでなければいいわけなんだろうか。ともかく、学校のお墨付きが出たわけなので、小学校の地域委員さんに名簿を貸してもらう。

うちの娘は中2なので、私は新3年生の人の家に電話をかけて、来年度の役員をやってもらえないかを尋ねる。基本的には、もう下の子がいない人を優先して声かけをするんだけど、「とにかくできない」という人や、いつも子どもが電話に出て連絡のつかない人。「おかあさんが戻ってこられたら連絡するように言ってね」と伝言しておいても、かかってこない。また、電話番号は、去年作った当番表をもとにかけているので、「現在、使われておりません」というものがあったり。結局、以前、一緒に役員をやったとか、で、つい声のかけやすそうな人に声をかけてしまう。そういう人は無碍に断る、ということはないけど、既に他の役員をすることが決まっていたり、で、なかなかスムーズには決まらない。地域委員の仕事は、他のおかあさんと仲良くなったり、と、楽しいことがあるといっても、夜に何度もでかけなければならなかったり、いろいろ雑用もあるので、人に頼むのも結構気が重い。でも、今日で、なんとか引き受けてくれる人が見つかった(^^)v。

ただ、このまま、学校の個人情報保護姿勢が続くようであれば、地域委員の仕事はかなりむずかしくなるだろう。1月24日の毎日新聞に、連絡網を作らない学校や保育園のことがとりあげられていて 、「コミュニティーや学校という小さな単位の中でコミュニケーションや理解を深めるには、情報を開示していかねばならない。それを考えたら学級の連絡網を作るのは当たり前だ。」という教育評論家の談話が載っていた。「「出して文句言われるより、出さずに文句を言われる方がまし」という保身的な学校が多い。」とも書かれている。確かに、先ほどのうちの地域の小学校の対応などを見ていると、「とりあえず自分さえ関わらなければ」という感じになっているところが多いのでは、と思ってしまう。個人情報を悪用する人がいるのは事実で、学校が神経質になるのもわかる。しかし、地域委員にその地域の人の名簿や電話を知らせないで、いったい何をせよ、というのだろうか。地域に開かれた学校、などと言って、地域懇談会を開いたりしているが、おたがいを知らなくて、どうやってコミュニケーションを深めるのだろうか。このままでは、地域委員の活動はやめてしまうしかないのではないだろうか...。

|

« パレスチナの初等教育 | トップページ | 放送大学「国際化と教育」 »

育児」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17663/8426124

この記事へのトラックバック一覧です: 個人情報保護とPTA活動:

« パレスチナの初等教育 | トップページ | 放送大学「国際化と教育」 »