« 残り物の持ち帰り | トップページ | パレスチナの初等教育 »

本「電車男」 by 中野独人

図書館でリクエストして順番待ちだったのがようやく先週まわってきた。放送大学の試験準備で読めなかったのだけど、まだ次の人もいるだろうから、と今日、読み始めてあっというまに読んでしまった。うーん、楽しい(^^)。

人の恋愛話に、2ちゃんねるのメンバーが、みんなしてあーだこーだ、と意見し、その結果に一喜一憂し、本気で心配したり喜んだりしている様子が、リアルに伝わってくる。本にまとめられているのはいいとこどりで、もっと汚い書き込みがあった、と言われているけれど、まあ、そうだとしても、基本的にやっぱりいい話だなぁと思う。なんといっても、電車男さんのキャラが誠実な感じで、応援したくなる。読みながら、「男と女のあいだには...」なんていう歌を思い出してしまった。おたがいにナゾの部分があるからドキドキするし、おもしろいんだろうな(^^)。

アスキーアートも楽しい。2ちゃんねる用語などがあって、誰でも楽しめる本というわけではないと思うけど、アスキーアートのキャラクターの表情には思わずにっこりさせられてしまったりする。ネット上でのコミュニケーションに否定的なイメージを持っている人もいるようだが(とりわけ2ちゃんねるにはそういうイメージがあるかも?)、ネット上でも現実世界でも人間の感じることは変わらない。とにかく、他人のためにこんなに一所懸命になれる人たちがいて、読んだ後、幸せな気持ちになる本だった(^^)。

電車男
中野 独人著

|

« 残り物の持ち帰り | トップページ | パレスチナの初等教育 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17663/8387222

この記事へのトラックバック一覧です: 本「電車男」 by 中野独人:

« 残り物の持ち帰り | トップページ | パレスチナの初等教育 »