« 青春の味 | トップページ | 1歳児の友達 »

本「うおつか流台所リストラ術」by 魚柄仁之助

副題が「ひとりひとつき9000円」。食費をひとり一月9000円以下におさえる暮らしはどんなふうに工夫すればできるのか、と、いろいろ料理のヒントなどを書いた本。しみったれたところに妙に共感してしまう魚柄さん。スピード料理の本をたくさん書かれている奥薗寿子さんも「乾物」の活用をすすめておられるが、魚柄さんのおすすめもやはり乾物。そうは言ってもなかなか使いこなせないんだけど、最近は干し椎茸をよく使うようになった。朝、味噌汁用にキッチンバサミで切って鍋に放り込んでおくと、干し椎茸からもいいダシが出て私は好き。ただ、なぜか子ども達はあまり椎茸が好きじゃないらしい。

奥薗さんや魚柄さんの本を読んでいると、料理って好きにやってみればいいんだ、っていう気になる。やってみてうまくいかなければまた違う方法を試せばいいだけのこと。どちらも砂糖をあまり使わないし、保温調理を使ったり、結構似ているところがある。ただ、奥薗さんがスピードを第一にしているのに比べて、魚柄さんは節約第一、という感じ。多少手間がかかっても無駄なお金を使いたくない。ゆで麺より乾麺が安いけど、もっと安いのは小麦粉から自分で作ることーと言って作ってしまう。もちろん、節約のためだけじゃなく、やはりそうすると美味しいから、というのも理由。フルタイム労働者の私としては、どうしても手間を節約するほうに流れてしまうし、この本に書かれているすべてのことを実践しようとは思わないが、参考にしたいことはいくつかあった。本はたいてい図書館で借りてすます私だけど、この本は何かのついでのときに買っておこうかな、と思っている。

うおつか流台所リストラ術

|

« 青春の味 | トップページ | 1歳児の友達 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17663/8695088

この記事へのトラックバック一覧です: 本「うおつか流台所リストラ術」by 魚柄仁之助:

« 青春の味 | トップページ | 1歳児の友達 »