« 本「うおつか流台所リストラ術」by 魚柄仁之助 | トップページ | 我が家の重役 »

1歳児の友達

以前にも書いたことがあるが、1歳の子どもにとっても友達は大切な存在なんだなぁと感じることがある。

今日、基地はファミリーデー。来週の月曜が祝日でお休みなのだが、そういう場合、その前の金曜日は「ファミリーデー」といって、軍がお休みになることがよくある。そういう場合でも、休みにならない人もいるので、保育園は開けることが多い。ただ、全員来るわけではないので、基地にあるふたつの保育園のうちひとつだけを開けて、保母さんも休みをとりたい人はとれるようにしたりしている。

そんなわけで、今日は別の保育園へ。私の担当した1歳児クラスには10人の子どもが来たが、そのうちうちのクラスの子が3人。4人くらい別の保育園の子どもばかり来たところ、5人目に登園してきたのがうちのクラスのN(男の子)だった。いつも元気いっぱいで笑顔のステキなN だが、いつもとは様子が違うせいか、母親が去ろうとするとき、ちょっと泣き顔になった。それでも私がいるので、大泣きすることはなく、私にくっつくようにして遊んでいた。しかし、朝食はまったく食べようとしなかった。朝食のあと、しばらくして、うちのクラスのI(女の子)が登園。Nの嬉しそうなこと!NとIは特別仲がいいというわけではないし、Nはまだあまり言葉が話せないのだが、NにとってIは仲間なんだなぁ。さらにしばらくして、Kが登園し、Nもずいぶんリラックスした様子。子どもにとって、信頼できる大人がそばにいることはもちろん必要だけど、同じ年齢の友達がいることがこんなにも支えになるものなんだなぁと思う。

お昼寝のあとは、他の子どもとも遊び始めたN。ふだんとは違った環境への適応性は子どもによってもちろん違うけど、信頼できる大人がいて、いつも一緒にいる友達がいて、心が安定していると、新しいことにもチャレンジしていける、という場合が多いように思う。

|

« 本「うおつか流台所リストラ術」by 魚柄仁之助 | トップページ | 我が家の重役 »

保育」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17663/8708018

この記事へのトラックバック一覧です: 1歳児の友達:

« 本「うおつか流台所リストラ術」by 魚柄仁之助 | トップページ | 我が家の重役 »