« ムハンマドの風刺画ーそもそもの発端は | トップページ | ビデオ「みんなのいえ」 »

個人情報保護と連絡網

今朝、テーブルの上に紙袋が置いてあり、何なのかを長女に訊くと、昨夜、友人のCちゃんが持ってきてくれたそうだ。中にはマフィンがふたつ。昨夜、私はPTAの地域委員会に出かけていたのだが、その間のことだったらしい。

一昨日、夜9時前に、Cちゃんのおかあさんから電話がかかってきた。「Dちゃんの電話番号がわかったら教えてほしい」と。うちの高1の長女とDちゃんは中学の時からの仲良しで、高校が違ってしまった今も時々会ったりしている。CちゃんはDちゃんと同じ高校だ。何の連絡もなく、まだ帰らないのだと言う。それは心配だなぁと思って、長女にDちゃんの家の電話番号を聞いてお知らせした。ほどなくまた電話があり、「Dちゃんのおかあさんに聞いたら、駅で中学時代の友達と会って話し込んでしまった、ということだそうです」とのことだった。おかあさんは本当にほっとした様子だった。Cちゃんの携帯に電話したりメールを入れても、怒られると思っているのか返事がなくて、本当に心配したそうだ。連絡がつかなかったら、いつ警察に連絡しようかと思っていたと言う。

子どもが帰るはずの時刻に帰っていないと本当に心配だ。映画「イノセント・ボイス」で帰りの遅い子どもをおかあさんが叱責する場面があったけど、あの気持ちは親ならみんなよくわかるだろう。私も、子どもの帰りが遅くて、子どもの友人の家に電話をしたりしたことがある。夜9時前で子どもの所在がわからなかったら、もう他に何も手につかないと思う。今回はDちゃんはちゃんと家に連絡していたからよかったものの、Cちゃんの行動はかなり罪だ。

で、ふと、「Cちゃんのおかあさん、うちの電話番号はわかったのに、Dちゃんの電話は知らなかったんだね」と長女に言うと、「だってCちゃんとDちゃんは同じクラスになったことないもん」との返事。そうか...学級連絡網ってそういうふうに役にたつこともあるんだよなぁ、と改めて思った。子どもがもっと小さい時には、遊びに行った家に電話を入れたりするのにも使った。

次女の中学では今のところ学級連絡網は作成されているが、長女の高校では、自分の連絡する次の人とその次の人の電話を手書きで入れる、という形だ。情報の扱いを安易に考えてはいけないのかもしれないけど、同じクラスになったのも何かの縁、同じ地域に住んでいるのも縁、個人情報をガチガチに固めてしまっていては交流するのはむずかしい。電話なりメールなり、なんらかの形でおたがいに連絡がとれるようにしておいたほうがいいんじゃないかなぁと思う。フリーのメアドとかをもっと活用するといいのかもしれない。

|

« ムハンマドの風刺画ーそもそもの発端は | トップページ | ビデオ「みんなのいえ」 »

育児」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17663/8611138

この記事へのトラックバック一覧です: 個人情報保護と連絡網:

« ムハンマドの風刺画ーそもそもの発端は | トップページ | ビデオ「みんなのいえ」 »