« 流行の先端をいく? | トップページ | ムハンマドの風刺漫画 »

映画「イノセント・ボイス」

1980年、エルサルバドルで、反政府ゲリラと政府軍の内戦が勃発。アメリカは政府軍を支援し、内戦は12年間続いた。そんななかで生きていた人々の日常ー戦争がすぐ身近にあるような日常ーを描いた映画。

主人公のチャバは11歳。彼は12歳になることを恐れている。12歳になると政府軍の兵士にならなければならないのだ。政府軍は学校に予告なくやってきて、12歳になっている子ども達を政府軍の車に乗せ、兵士になるべく訓練する。そして、銃を持って戦いに参加することになるのだ、12歳の子どもが!

家のなか、町のなか、銃撃は突然始まり、兵士にならなくても、いつ命を失うかわからない。政府軍の兵士が町にいて、外出禁止令が守られているか、禁止された歌を歌っていないか、などを常にチェックしている。みすぼらしいバラックに住み、父親は家族をおいて米国に行ってしまって母のミシン仕事で生計をたてているような生活。それでも、家族や子ども達の間には笑いがあり、遊びがあり、小さな恋があり、決して悲惨な暮らしには見えない。ただ、そんな明るさを一瞬のうちに壊すものとして戦争がある。

エルサルバドルの状況をよく知らないので、そもそも、政府軍とゲリラが何故戦っているのかがわからなかった。でも、それはきっと子ども達も同じだったのだろう。どんな理由があるにせよ、突然、自分の家に銃弾がうちこまれる理由を説明はできないだろう。

ある日、チャバの友達も徴兵される。しばらくして、チャバ達が川辺で遊んでいるときにその友人が現れる。軍服姿で銃を持つ少年は、もはや昔の仲間ではなかった。チャバの大好きなおじさんはゲリラ軍だ。でも、このままいけば、チャバは政府軍の一員となる。政府軍として戦っているのも、こうした貧しい者なのだ。いったい誰が何故戦っていたのか、ますますもってわからなくなる。

主人公のチャバをはじめ、子ども達はとても明るく、子どの心配をする母親、町の人々や子ども達のことを気遣う神父、ギターを弾くおじさん、少し頭の弱い青年アンチャ、ちょっと変わったバスの運転手、子どもに媚びないおばあちゃん...と登場人物がみんな魅力的だ。どうにも不条理なテーマを扱っているわりに、映画全般を通じてそれほど重苦しさが支配的じゃないのは、これらの人々のおかげなのだろう。それだけに、戦争のわけのわからなさがますます胸にせまってくる。

|

« 流行の先端をいく? | トップページ | ムハンマドの風刺漫画 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

見てきました。
調べてみたら、銀座でしかやってなくて、仕方なく、上京しました。
よかったです。
私もエルサルバドルっていう国がどこにあるかも知らないくらい無知でした。
ついこの間の話なんですね。
その頃、私は出産して穏やかな日々でした。
そんな頃・・・・。
何がよくて何が悪いのか・・・・。
考えさせられる映画でした。
ありがとうございました。

投稿: まみ | 2006.02.07 20:59

まみさん、こんにちは。これを読んででかけてくださったのですか。なんか感激です(*^^*)。でも、これは本当にいい映画だったからよかったです。期待して見に行ってもいまいち、ということもあるのですが、今年は「ホテル・ルワンダ」「イノセント・ボイス」と続けていい映画だったので嬉しいです。
都心に単館上映の映画を見に行くときは私もほとんど「上京」です(^^;)。でも、単館上映の映画におもしろそうなものって結構あるんですよね。メジャーなものでは今は「ミュンヘン」を見たい、と思っていますが、これはおたがい近くのシネコンで見られるでしょうから、そのうち単館上映のものでおもしろそうなものがあるときに、一緒に見に行けたらいいな、と思います(^^)。

投稿: じゃりんこ | 2006.02.07 23:34

お誘いありがとうございます。
じゃりんこさんの放送大学の書き込み?を読んで、私にも出来るかな?などと、かなり影響を受けています。
<袖振れ合うも他生の縁>で、お会いできましたら、うれしいです。
これからもいろんな感じた事書いてくださいね、期待してます。

投稿: まみ | 2006.02.08 11:48

まみさん、どうも(^^)。話題があちこちにとんでまとまりのないブログですが、読んでくださる方がいるというのは本当に嬉しいです(^^)。
放送大学は全科履修生として卒業をめざすこともできるし、選科履修生として好きな科目だけとることもできます。ただ、選科履修生だと人気のある面接授業なんかは優先順位の関係でなかなかとれないかもしれません。試験の時期になると、何を好き好んでこんなことしてるんだろう、と思うことはあるし、たとえばある授業がおもしろかったからといって、さらにそれを深めるような授業は用意されていない、など、不満がないわけではありませんが、おもしろいこともあります。とりあえず資料を取り寄せてみられるのもいいかもしれません。

投稿: じゃりんこ | 2006.02.08 21:58

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17663/8521634

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「イノセント・ボイス」:

» 「イノセントボイス ~12歳の戦場~」見てきました [よしなしごと]
 宮崎あおいさんの声で「知っていますか?現在でも世界で30万人以上の子どもが戦場へ送られていることを。」と始まる予告のイノセントボイス ~12歳の戦場~を見てきました。予告を見て、「これは絶対見に行かねば!」と思っていたのですが、期待が大きいものほど裏切られる可能性も大きいので、ちょっとドキドキでしたが、この映画は期待を裏切りませんでした。... [続きを読む]

受信: 2006.02.18 22:48

» 「イノセント・ボイス」12歳の子供が銃を持つ現実 [soramove]
「イノセント・ボイス-12歳の戦場-」★★★★ ルイス・マンドーキ監督、2004年、メキシ ポップコーンを 食べながら見ると 罪悪感を覚える映画だ。 1980年、中米の小国エルサルバドル 政府とゲリラの内戦下にあった。 12歳になると戦場に駆り出される 村の子...... [続きを読む]

受信: 2006.02.24 19:30

« 流行の先端をいく? | トップページ | ムハンマドの風刺漫画 »