« 映画「かもめ食堂」 | トップページ | Three Little Birds »

本「イスラム世界のこれが常識」(改訂版)by 岡倉徹志

ムハンマドの風刺画問題などで、やはりイスラム教のことをもう少し知りたいな、と思っていたら、図書館でこの本を見つけたので借りてきた。内容は、「イスラム世界の信仰がはっきり分かる」以下、イスラム世界の「風習」「歴史」「政治」「原理主義」について全部で55問のQ&Aの形式で書かれている。

たとえば「偶像崇拝が禁止されているのはなぜですか?」という問いがある。これに対する答えを要約すると、「アッラーは唯一絶対なる神であって、ならぶ者なき御神」であるから、ほかの邪神と一緒にしてはならない。「アッラーは御自分が他の(偶像)と一緒にならべられたら絶対にお赦しにはならない。」とコーランに書かれている。神はアッラー以外になく、信徒が崇拝しなければならないのは、この神だけである...から、ということになるのだと思う。「アッラーとはどんな神様なのですか?」という問いには、「アッラーは子もなく親もない存在で、姿、形、色もない」とされていること、天地創造のずっと以前から存在し、未来永劫にわたって存在し続ける、天地万物の創造主であることなどが書かれている。

イエスを神の子として崇めたり、聖母マリアの像や十字架などを崇拝の対象にしているキリスト教は堕落した宗教である、など、キリスト教やユダヤ教との違いについても述べられている。ムハンマドは神の子などではなく、あくまでも人間であり、その生涯も興味深い。歴史の章はややごちゃごちゃしていて読みにくいが、イスラム教が「コーランか剣か」というような広め方をしたわけではなく、人頭税さえ払えばもともとあった宗教を認めるようなやり方をとってきたことなどについても述べられている。また、ウサマ・ビン・ラディンがどうしてアメリカを敵と考えるようになっていったのか、ということについても述べられている。

イスラム教についての手軽な入門書ではあるけれど、読んでみてもわからないものはやっぱりわからない。唯一絶対の神アッラーと邪神を並べてはいけない、という考えから偶像崇拝が禁止されているとしても、ムハンマドの肖像を描くことも許されないのか。それが崇拝の対象になってしまう可能性があるからだろうか?ホメイニ師の写真を掲げるのはかまわないのだろうか?「悪魔の詩」がイスラム教を冒涜するような内容であったことからイスラム教の人たちが怒るのは当然だとしても、だから作者や訳者は殺されるべきだろうか?米軍やイスラエル軍の攻撃により無実のイスラム教徒がたくさん殺されたのに国際社会は一部を除いて米軍の殺戮行為を黙認してきた。だからといって「イスラム教徒は、アメリカ人なら、軍人であれ民間人であれ、無差別的に殺害の対象にすべし」というファトワー(権威あるイスラム法学者の意見)が正しいとは思えない。

唯一神しか認めない、ということは、他の宗教の存在を認めないということなのか?他の宗教を信じる人たちとこの世界で共存することは可能なんだろうか?

谷川俊太郎作詞の「信じる」という歌がある。「信じることに理由はいらない」と歌われているのだけど、なんでもかんでも信じられるわけではない。納得できる理由がないのならば、少なくとも「これは信じられる」という直感が必要だ。神の存在を信じる人は、何かそれを感じるような経験をしたのだろうか。神が存在しないとは思わないけれど、「アッラーが唯一絶対の神である」と「信じる」ことは私にはむずかしい。でも、きっと「信じる」とはそういうことなのだ。納得して、こうこうこういう理由だから、と信じるのではなく、見たことがあるから理解できるから信じるのではなく、無条件に信じることが期待されている。そしてそれは私にはむずかしい。

|

« 映画「かもめ食堂」 | トップページ | Three Little Birds »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

お勧めにより、ネットで購入しました。
ちょっとは、お勉強しますね。

投稿: まみ | 2006.03.16 14:12

まみさん、こんにちは(^^)。

購入されたんですね。
ブックオフや楽天では品切れになっていましたが、
やはりアマゾンが一番なんでしょうかね。
私はこの間、うおつかさんの本をアマゾンの
中古で買い、それも悪くないかな、と思いました。

この本は、私は図書館で借りただけですが、
持っているのもいいかもしれませんね。
一度読んでも、すーっと落ちないところもあるので、
必要に応じて読み返してみたらわかるのかもしれません。

投稿: じゃりんこ | 2006.03.16 23:32

はい、100円でした。
手数料の方が高い・・・。

ブックオフでは、100円の棚でお目にかかる日がいつになるかわかりませんから(笑)

この価格なら、気兼ねなく赤線を書き込めます。

投稿: まみ | 2006.03.17 11:50

100円ですか。それはお買い得(^^)。
送料がかかっても、納得できる値段ですね。
アマゾンの中古は結構使えますね(^^)。

投稿: じゃりんこ | 2006.03.17 23:10

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17663/9043594

この記事へのトラックバック一覧です: 本「イスラム世界のこれが常識」(改訂版)by 岡倉徹志:

« 映画「かもめ食堂」 | トップページ | Three Little Birds »