« 映画「南極物語」Eight Below | トップページ | ピアノ発表会 »

次女は小学校3年生の冬から習字を習い始めた。その年の正月、学校の書初めの宿題、書いた半紙を重ねてしまってぐちゃぐちゃにしてしまったことを覚えている。友達が習っているから、というような単純な理由で習い始め、はたして習って字がうまくなるものなのか、と思っていたのだが、どうしてどうしてなかなかの字を書くようになった。なぜか習字をしている時が好きだそうで、中学に入っても続けていたが、この春中3になるにあたってさすがに時間のやりくりをつけるのはむずかしいと判断したらしく、やめることにした。

その習字教室では、最後に色紙に何かを書いて残すのが恒例になっているらしい。何と書こうか、としばらく前から思案していた。

次女:ほんとは「夏炉冬扇」とか書きたいんだけど。やっぱり漢字一文字がいいな。
次女:...「空」っていうのはどうかな。
長女:いいんじゃない。「くう」とも読むし、なんかかっこいいよね。
母:整理整頓の「整」にすれば?
次女:いやみかよ?
母:いやみだよ。

...といった調子で、他に「遊」「柔」「響」「歩」...など、もう忘れてしまったが、たくさんの候補があがっていた。

そして結局彼女の書いた字は「今」。

過去も未来も大切だけど、今。
「今日」がいつも一番ステキな日であるといい(^^)。

|

« 映画「南極物語」Eight Below | トップページ | ピアノ発表会 »

育児」カテゴリの記事

コメント

お久しぶりです、Pです。
なんだか「ほのぼの」としてしまいました。
そうか、次女さんは「今」を書いたのですね…
なんとなくせつないような、色々な気持ちを思い出すような気がします。
私もお習字を習っていたので懐かしい気持ちになりました(^^
(小1から高3まで習っていました。字は下手ですけども…)

PS:アイシェ先生を今日見かけたら、すっごく細くなっていて…驚きました!

投稿: P | 2006.03.28 00:02

Pさん、お久しぶり(^^)。
そう、Pさんも習っていたんですか。
着物を着るのが好きだったり、なんか
日本文化に造詣が深いのですね(^^)。

彼女が「今」って書いたのは親としては
結構嬉しいです(^^)。

ところで、アイシェ先生、そうなんですか。
会ってみたーい。
機会があったら,どうしてそうなったのか
聞いてみてくださいね(^^)。

投稿: じゃりんこ | 2006.03.28 18:39

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17663/9289270

この記事へのトラックバック一覧です: :

« 映画「南極物語」Eight Below | トップページ | ピアノ発表会 »