« パレスチナの子どもたちからのアピール | トップページ | 手をつなぐ »

ビデオ「ビューティフル・ボーイ」Beautiful Boxer

タイ北部の貧しい家庭で育った少年トゥムは美しい女性が好きで自分もそうなりたいという願望を持っていた。しかし、ふとしたことから、タイのボクシング「ムエタイ」で戦って勝ち、貧しい両親を助けるため、ムエタイの選手になることを決意。他人を傷つけるのが基本的に好きではないトゥムだが、よきトレーナーに恵まれてムエタイのスポーツとしての魅力を感じ、次々と技をマスターして力をつけていく。試合にも勝ち、お金を稼ぐこともできるようになるが、(女性として)美しくなりたいという気持ちをおさえることができない...

アタックナンバーハーフ」を見たころ、タイ出身の同僚に「タイにはゲイ(この言葉が適切なのかどうか疑問だけど。持って生まれた身体と心の性が一致していない人、のつもり)の人が多いのか」と尋ねたら、「すごく多い」と言っていた。アタックナンバーハーフでもゲイであることの悩みが語られる場面はあったけど、それほど深刻には感じられなかった。でもやはり自分の持っている身体と心の性が一致しないのはつらいだろうなぁ。

この話のもとになったムエタイの選手は実在するらしい。現在は性転換手術を受けて女優・モデルとして活躍されているそうで、きれいな人だ。この人にとって手術は幸せな結果をもたらしている。

手術を受けるお金がない人もいるし、自分の心と身体が一致していないということを公には出来ない人もいる。でも、その人がその人であることを認められる人でありたいなぁと思う。

トゥムがどんな人生を選び取っていくのかが、まわりの人との関わりのなかで興味深く描かれ(これが実話に基づいていると聞くと、人間の一生って本当にドラマだなぁと思う)、ムエタイがシルエットで浮かび上がる場面の美しい映画だ。

|

« パレスチナの子どもたちからのアピール | トップページ | 手をつなぐ »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17663/10501495

この記事へのトラックバック一覧です: ビデオ「ビューティフル・ボーイ」Beautiful Boxer:

« パレスチナの子どもたちからのアピール | トップページ | 手をつなぐ »