« トントン、入ってますか? | トップページ | 黒柳徹子さんの理由 »

ビデオ「あの子を探して」Not one less

中国の小さな村の小学校。そこのたったひとりの教員カオ先生のおかあさんが病気になり先生は1ヶ月の休暇を申請した。代用教員としてやってきたのは13歳の少女ウェイ。とりたてて優秀な生徒にも見えない。彼女は50元のお給料がもらえると聞かされてやってきたのだ。カオ先生は不安を感じつつも、彼女以外の人は見つからず、彼女にいくつかの注意を与えて子ども達を託す。「帰ってきたときに子どもの数がひとりも減っていなかったら必ず給料を払うから」と約束して。

ウェイはとにもかくにも「先生」であるという権威をかさにきて子ども達にあれこれ命令。なんとも純真な子ども達で、こんな先生の言うこともよく聞く。しかし、ある日、問題児のホエクーが学校に来なくなる。家計を助けるため町へ働きに出たのだ。子どもの数を減らしては大変、とウェイは彼を連れ戻そうとする...

13歳の教員なんてありえないよなぁ、いつの話?と思いながら見ていたけど、後で出てくる町の様子を見ていると、現代(この映画が作られたのは1999年)なんだろう。町にはテレビ局があり、村とは全然雰囲気が違う。

ウェイは最初、カオ先生に言われたように、教科書を板書するだけだったけど、ホエクーを連れ戻すためにどうすればいいかをクラス全員で考えるようになって、だんだん先生らしくなっていく。自分が小学校の先生をしていたときのことを思い出した。子どもたちのおかげで先生になっていくんだなぁと思う。ウェイは小さな頭で一所懸命考えて行動するものの、所詮は子ども。ホエクーを連れ戻すための試みはことごとくうまくいかず...

村の大人、村の子ども、町の大人たち。ぶっきらぼうな人もいれば、親切な人もいる。様々な人とのかかわりについ目をひきつけられて見てしまう。これが現代の中国の姿なのかなぁ...。好きな作品だった。

|

« トントン、入ってますか? | トップページ | 黒柳徹子さんの理由 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

じゃりんこさん、再びドバイからです。 これと「初恋のきた道」それから「山の郵便配達」を同じ時期に観て、中国映画ってスゴイなあと思いました。

この映画で驚いたのは、どうやらプロの役者を(ほとんど)使っていないらしいこと。 クレジットを見る限り、主人公は本当に中学生だし、テレビの局長は本当にテレビの局長、村長は本当に村長…です。 ただ違うのは、市立公園の切符切りのおばさんがテレビ局の受付役なことで、どうしてかなあとつまらないことを思ったりして…。

途上国で仕事をしているせいか、私にはかなり自然に作られた映画、現場のリアリティーを伝えている映画に思えました。 人の描き方がちょっと楽観的だとは思いましたが、それは監督・脚本のスタイルでしょうから。

投稿: axbxcx | 2006.07.02 11:01

axbxcx さん、

これは現場のリアリティを伝えている映画なのですね(^^)。町と村の風景の落差がすごいですよね。私が中国に行ったのもちょうどこのくらいの時期だったのですが、東と西では全然雰囲気が違いました。車と自転車が同じ道を走り、様々な屋台が出ている町の風景を懐かしく思い出しました。

そう、子ども達は本名で出演していますよね。子ども達の「演技」がとても自然に見えました。無愛想な受付のおねえさんとかも、ああこういう人いるなぁ、という感じで、作り物の映画という感じがしないのがいいです。確かにちょっとうまく行き過ぎた話かなとは思いますが、どちらかというと、こういう結末のほうが私好みです。

私は「鬼が来た!」を見て中国映画ってスゴイと思ったのですが、axbxcx さんのあげておられる映画もそのうち見てたいと思います。明日は仕事が休みなので「ココシリ」を見てこようと思っています。

投稿: じゃりんこ | 2006.07.02 11:41

じゃりんこさん、まだ空港です。 「ココシリ」、友人がよかったよかったと言ってました。 特に自然の映像が…。

中国は都会(北京、大連、香港周辺)しか知りませんのでわかりませんが、ケニアであれば、東京とナイロビの格差より、ケニアの中の格差、ナイロビと田舎の格差の方を大きく感じます。

そして、友人などから聞く限り、中国内部の格差は、それ以上でしょう。 内陸部は荒廃して、とんでもない情況なのではないかと想像します。

投稿: axbxcx | 2006.07.02 12:15

axbxcx さん、

中国は7年前、北京・天津とシルクロードを旅行しました。友人のご主人が中国の方で手配を全部やってくださったのでおまかせのラクラク旅行でした。それでも旅行者が入ることのできない地域というのはありましたから、そういうところはすごいことになっているのかもしれません。

西部はトルコ系など漢民族以外の人が多くて、中国は多民族国家だったんだということを実感しました。一人っ子政策は漢民族だけに適用されているとのことで、西部では子どもをたくさん見ました。北京などできれいに着飾った子どもがひとりおばあちゃんなんかに連れられているのと、西部で裸足の子ども達がワイワイ楽しそうに遊んでいる、その違いが印象的でした。

話に聞くナイロビはずいぶん都会的なところに思えます。でも、この間「ナイロビの蜂」でスラムの風景が映し出されて、こういうところもあるんだなぁと思いました。ナイロビと田舎はまたずいぶん違うのでしょうね。

「ココシリがすごくよかった」と言っている人がいて、これはやっぱり映画館で見たい映画だなぁと思って見に行くことにしました。楽しみです。

投稿: じゃりんこ | 2006.07.02 13:52

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17663/10751709

この記事へのトラックバック一覧です: ビデオ「あの子を探して」Not one less:

» DVD「あの子を探して」見たよ。 [雪華と、うふふ]
はい、こんばんは。 今日は晴れた晴れた!です。 中国の「涙の雨どしゃぶり映画」見ました。ちょっと、前ですけどね。 1999年の製作らしいので、そんな前の話では、ないようなんです。 山村の小学校は、貧しいです。年間、一千万人が貧しさから退学するそうです....... [続きを読む]

受信: 2006.07.27 19:23

« トントン、入ってますか? | トップページ | 黒柳徹子さんの理由 »