« 本「トニー流幸せを栽培する方法」by トニー・ラズロ | トップページ | ココログメンテナンスのお知らせ »

ミサイル

北朝鮮のミサイル発射には驚いたし、擁護するつもりはまったくないけれど、「やっぱりあの国は変だ」とか「制裁を」という論調に、こういう見方もある、ということを書いておきたいと思った。

パレスチナ情報センタースタッフノート「「拉致」報道に「ミサイル」報道――日本のこと(だけ)ではありません」 という記事によれば、7月4日にガザからイスラエル側に一発のロケットが着弾したそうだ。これまでもそこ(アシュケロン市)が狙われたことはあったがそこまで届かなかった。しかし、初めてそこに届いてイスラエルのメディアは「イスラエルがミサイル包囲網のなかに置かれている」と大騒ぎをしたという。

これもまた不謹慎な言い方になるかもしれませんが、たかだか一発が着弾しただけのことです。それがイスラエルでは、毎日のように「誤爆」だ「巻き添え」だと言ってガザ地区で殺されている、無実のパレスチナ人の政策的虐殺を「帳消し」にするかのような論調で報じられているのです。
200発とも言われるイスラエル自らが保有する核ミサイルのことも顧みず、自らの持つ圧倒的軍事力とそれが具体的に日々生み出しているパレスチナの人間や施設への被害も顧みず、自らがもたらしている政情不安や想像を絶するパレスチナ人への心理的圧迫をも顧みず、一発の着弾をもって、あたかも自分たちこそが被抑圧者であり被害者であると、堂々と振る舞える権利を手にしたかのような、ヒステリックな論調です。

で、今日、毎日新聞で北朝鮮のミサイル発射について特集が組まれていて、小川和久さんという国際政治・軍事アナリストの人が書いていたこと。

確かに、200ものノドンが日本に照準を合わせていると聞かされると、恐ろしげである。しかし、北朝鮮という「木」ばかりに気を取られず、「森」全体に目を転じると、日本や韓国に展開する米軍の戦力が目に入る。例えば、神奈川県横須賀を母港とする米海軍の空母キティホークの機動部隊のうち7隻の巡洋艦と駆逐艦は約200発のトマホーク巡航ミサイル(射程1300キロ)を標準装備し、北朝鮮全域を射程圏内に収めている。しかも、これは、米軍が北朝鮮に投入できる戦力のごく一部でしかない。このように眺めれば、脅えているのは北朝鮮のほうだという現実が明らかになる。

だから日米同盟をしっかり機能させて北朝鮮の脅威を抑止しよう、という小川さんの結論は、私にはよく理解できない。また、パレスチナに対するイスラエルとは違って、日本やアメリカが北朝鮮に具体的に軍事的攻撃をしかけているわけではない。でも、とにかく北朝鮮が一方的に悪いんだ、という論調は注意して聞かなければいけないんじゃないかと思う。

|

« 本「トニー流幸せを栽培する方法」by トニー・ラズロ | トップページ | ココログメンテナンスのお知らせ »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

そうですね。もちろん北朝鮮の行動は許されるものではありませんが、だからと言って、軍事的圧力しか方法が無いと言う論調には、恐ろしさを感じます。

「毅然とした態度を!」と評論家さんが口々におっしゃっていますが、“毅然とした態度”というのは、ビクビク怯えて「やられる前にやっちまえ」的態度ではなく、日本に危害を加えると損だと思わせる状況をつくり、堂々と交渉の席に座ることだと思います。今の日本は、怯えて泣き叫ぶ子供のようです。

今日、講演を聴きに行っていたのですが、そこで漫画家の石坂啓さんが、「北朝鮮のミサイルで一番しめしめと思っているのは、安倍晋三でしょう」とおっしゃっていました。
次の選挙に、ミサイルと拉致被害者が利用されている気がしてなりません。

投稿: tabe | 2006.07.17 00:11

tabe さん、

石坂啓さんって会ってみたい人です。tabe さんっておもしろそうな講演会とかに時々行ってるんですね(^^)。

うん、なんか、北朝鮮がミサイル発射をして、「それみたことか、やっぱりあの国は...」って感じに利用されてますよね。

でも考えてみれば、アメリカはいっぱい武器を持ってて、そして他の国には持つなと言う。「おまえはよくてなんでおれはだめなんだ?」っていう問いにどう答えるんだろうか。北朝鮮を納得させられるような答えを出せないから北朝鮮としても交渉カードを捨てられない。今、武器の開発をやめることが本当に北朝鮮にとって得策かといえばそうだとも言い切れないものね。

安保理の北朝鮮非難決議は制裁決議にはならなかったようですが、制裁決議をしたとして、北朝鮮が「はいそうですか」とそれを受け入れるとは誰も思わないよね。どう動けば北朝鮮の考え方を変えられるか、とか、もっと「政治心理学」みたいなものが必要なのかも。

投稿: じゃりんこ | 2006.07.17 16:30

石坂啓さんは、実は私のブログに写真がのってるんです。http://d.hatena.ne.jp/tabeo/searchdiary?word=%2a%5b%cb%cc%c4%ab%c1%af%5d
下の方の「討論会(漫画家)」ってキャプション入った派手なお姉様です(笑)

このころは、辻●清美さんの友達で〜すって感じで現れて、「私はただの漫画家で、良く分からないんですけど」って言いながらちょこちょこっと話される程度だったんですけど、最近はガンガン出てしゃべってます。
辻元議員のバタバタが(^^ゞ影響しるのかもなーなんて。。。


アメリカ的ダブルスタンダードって、そろそろ国際社会では認められなくなるんじゃないかと思います。それに気づかなかったのは日本だけだった!ってことにならないようにして欲しいです。特に北朝鮮問題は日本の問題でもあるし、、、。

投稿: tabeo | 2006.07.20 18:38

tabeo さん、

写真、見ました。うん、なんかマンガのイメージと一致する(^^)。でも会ってもみたいです。
それにしても、tabeo さん、やっぱ、人にはなかなかできない経験をしているのがうらやましい(^^)。

ダブルスタンダード...まさしくそうですよねぇ。
ほんと、アメリカを支持している国は日本だけになってしまうかも...で、そういう政府を選んでいるのって私たち国民なんですよね...

投稿: じゃりんこ | 2006.07.20 21:08

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17663/10849151

この記事へのトラックバック一覧です: ミサイル:

« 本「トニー流幸せを栽培する方法」by トニー・ラズロ | トップページ | ココログメンテナンスのお知らせ »