« お大事に! | トップページ | 放送大学「フィールド社会心理学」 »

イスラエル軍、レバノンの国連施設を爆撃

夏期講習に通う長女のお迎えに行った車のなかで、イスラエルが国連レバノン暫定軍(UNFIL)の施設を爆撃、国連要員4人が死亡、というニュースを聞いた。アナン事務総長は「この攻撃が意図的なものと思われる」として非難したそうだが、イスラエルは「意図的なものではない」と否定したと言う。さらに、イスラエルへの攻撃をしているヒズボラに対し、「罪のない市民への攻撃は許されない」と非難した、と言うのを聞いて、この人たちは、自分のしていることはなんだと思っているんだろうか、と思ってしまった。意図的であるにせよ、ないにせよ、罪のない人を何人も死なせているのは誰なんでしょう。「結果的に何人もの人が死んでいるけど、罪のない人を意図的に殺すつもりはなかった」ーだから許される、と言うのでしょうか。

|

« お大事に! | トップページ | 放送大学「フィールド社会心理学」 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

いつ果てるとも知れない中東の火薬庫ですね。

そもそも何が原因でいがみ合ってるんでしょうね。

一説にはサウジとイラン、エジプトがパレスチナをけしかけて和平をぶち壊しているとも言いますね。
そうしないと自国で革命が起こり、自分たちが殺されるからとも・・・
いつまでもイスラエルとアメリカを悪者にしておけば自分たちは安泰という図式とも言います。

そのサウジとエジプトと仲良くしているアメリカって何なんだ?
結局、アメリカの軍需産業が儲かるだけとも

投稿: カルロス | 2006.07.31 00:12

カルロスさん、

サウジとイランとエジプトがパレスチナをけしかけて云々という話は私は聞いたことがないです。
パレスチナの人たちはそういうところからけしかけられなくても、イスラエルに対する怒りをもつには十分な理由があると思います。

何故戦っているのか、私の分かる範囲で整理して、もう少し書いてみたいと思います。

投稿: じゃりんこ | 2006.07.31 20:22

>何故戦っているのか、私の分かる範囲で整理して、もう少し書いてみたいと思います。

期待しています。

投稿: カルロス | 2006.07.31 21:18

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17663/11110176

この記事へのトラックバック一覧です: イスラエル軍、レバノンの国連施設を爆撃:

« お大事に! | トップページ | 放送大学「フィールド社会心理学」 »