« 蕎麦とチューインガム | トップページ | 目覚めの音楽 »

続・蕎麦とチューインガム

昨日の続き。

ある日、休憩室でテレビを見ていたら、「日本の文化を尊重しましょう」という趣旨の、基地住民向けのコマーシャルが放映されていた。

場面は、日本人の女性がアメリカ人の彼氏を初めて家に連れて行く、という設定。女性が彼氏に対して、「家に入るときには靴をぬいでね」、さらに「おとうさんと話すときはガムを噛まないでね。日本ではそれは失礼なことだとされているから」と話して、彼氏が「うん、わかったよ」と答える、というようなもの。これを見て、「アメリカ人って初めて恋人の親に会うときでも、ガムを噛んでいたりするものなんだろうか?」と疑問に思った。

昨日、麺類を食べるときの日本人のマナーが話題になったので、私もこのことを思い出して尋ねてみた。

じゃりんこ:アメリカ人って初めて彼女の親に会うような場面でもガムを噛んでいたりするものなの?それって失礼にならないわけ?
B:僕は自分ではガムを噛まないからよくわからないけど...フーセンをふくらましたり、やたらクチャクチャ音をたてたりするのでなく、ちゃんとガムを噛んでるなら別にいいんじゃないかなぁ。
じゃりんこ:(ちゃんとガムを噛む(chew gum properly) って、なんか笑ってしまうなあと思いつつ)じゃあ、自分に娘がいたとして、彼女が初めて彼氏を家に連れてきて、その彼がガムを噛みながら話しても気にならないわけ?
B:うん。
じゃりんこ:うちの親だったら気分を害すると思うよ。
B:そうなんだ。

E:映画館なんかで音をたててガムを噛むのはだめだけど、別にガムを噛んでるからだめってことはないよ。

J:ガムを噛んでても別にいいんじゃない。
じゃりんこ:初めて彼女の親に会うのって緊張するじゃん。そういうときに...
J:緊張するから、ガムを噛んで気持ちを静めるっていうのはあるかもね。

うーん。まあアメリカ人は最初から堅苦しくない人が多いかなとは思うけど、初めて恋人の親に会うときにガムを噛んでてもオーケーというのはやっぱりびっくりするなぁ。でも、3人とも、自分はやらないタイプのようだったけど。

実は、昨日、うちのクラスの保育士Kが「腰が痛い」と言って休んでいて、今日「10ポンド(約4.5キロ)以上のものを持ち上げてはいけない」という診断書を持ってきた。うちのクラスだとオムツ換えなどで、子どもを抱っこしたりするのは避けられない。3歳児以上のクラス(プリスクール)だと原則としてオムツ換えがないため、園長先生はKとプリスクールルームのAを交替させることにした。KもAも突然の決定に不満顔だが、園長先生としては、その診断書がある以上、Kをうちのクラスで働かせるわけにはいかないという。

で、Kに代わってうちのクラスに入ったAは(多分)30代のヒスパニックの女性なのだが、昼食前、私が子ども達に本を読んでいるときににガムを噛んでいたので「部屋でガムは噛まないことになってると思うんだけど」と言うと「ああ」と言っただけ(--;)。午後もまた噛んでいるのを見つけてしまい、ちょっとめげる(--;)。彼女には「恋人の親に会うときにガムを噛むのは云々」という質問をしても一笑にふされてしまいそうだなぁ(^^;)...,

|

« 蕎麦とチューインガム | トップページ | 目覚めの音楽 »

米軍基地保育園」カテゴリの記事

コメント

どうしてそんなにガムを噛むんでしょうねぇ。
ずっと前から野球選手とか見てて、みんなが自分を見てるところでくちゃくちゃやってるっていうのがどうしてもわからなかった。TVでニュース読んでる人たちとか役人の会見とかではガム噛みながらお話してないよねぇ。公式の場ではだめって言う感覚がないわけではないんじゃないかな。
なんでそんなに必需品なんだろ?
虫歯、カロリーの問題はクリアできるような商品を作ってるんだろうけど。
Aさんは自分が学校行ってる時の授業中でもガムを噛んでたんだろうか?公式の場のランク付けが私の感覚とは違うのかなぁ。

投稿: ぴよ♪ | 2006.07.21 08:42

ぴよ♪さん、

うん、公式の場でガムを噛むのはダメだっていう感覚はあると思うよ。でも、恋人の親に会うのはそんなに「公式の場」っていうことにはならないんでしょうね。多分。野球選手の試合中は、私たちの感覚でいえば「公式の場」だよねぇ。でも、Jも言ってたように「気持ちを静める」とかジンクスとかいろいろあるのかもしれない。観客にすれば、結果をだしてくれればいい、っていうのがあるのかも。
Aも学生時代の授業中にガムを噛んでいるということはなかったんじゃないかと思うけど...っていうのは、うちの保育園でも、もちろん、仕事中にものを食べたり(それはガムを噛むことも含まれると思う)してはいけないことになっているからです。それにもかかわらず、今日もガムを噛んでいたA。私ももう一回「部屋でガムを噛まないで」って言ったけど、どこ吹く風という感じ。ガムを噛まずにはいられない体質かなんかなんだろうか...子どもたちの前で口論したくなくてうやむやのままだけれど、お昼寝時間かなにかの機会をとらえて、そのうち一度話してみようとは思っています。

投稿: じゃりんこ | 2006.07.21 20:25

こんにちは。はじめてお邪魔いたします。
医学的効能の詳細なことはよくわかりませんが、ガムに限らず、何かを噛み続けていることは、前頭葉を活性化させたり、あごの発達を促したり、いいことがたくさんあるんだと聞いたことがあります。
でも、サッカーや野球の選手が、試合中やインタビュー時にくちゃくちゃやってるのは、とても見苦しく、幻滅さえ覚えます。ボンバー中沢や、おばか新庄とか、日本の将来を真剣に憂うならばTVに映すべきじゃない。もう遅いかもしれませんが。

投稿: 白 | 2006.07.27 13:25

白さん、はじめまして。
コメントありがとうございます(^^)。

聞いたところによると、部屋でガムを噛んでいるAはうつ病の薬をのんでいるらしいです。ガムを噛むことで気持ちを落ち着かせるような効果があるのかな、と思うのですが、ぴよ♪さんへのコメントを書いた翌日、部屋でガムを噛んでいるのを園長先生に咎められてそれから部屋ではガムを噛まなくなりました。というわけで、彼女ともそれ以来ガムのことは話していないのですが。

ボンバー中沢とかおばか新庄って試合中などにガムを噛んでいるんですか。日本人にもそういう選手がいるとすればちょっと悲しくなりますね。気持ちを落ち着かせる効果があって、その結果いい記録を残した、とかいうことになれば容認されていくのでしょうね。

投稿: じゃりんこ | 2006.07.27 16:53

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17663/11032240

この記事へのトラックバック一覧です: 続・蕎麦とチューインガム:

« 蕎麦とチューインガム | トップページ | 目覚めの音楽 »