« 放送大学「フィールド社会心理学」 | トップページ | カナ(レバノン)で起きたことの真実は »

レバノンでの緊急救援活動への支援を

今朝の新聞に、イスラエル軍がレバノン南部の町カナの民間人居住区を空爆、子ども30人を含む57人が死亡した、との記事があった。

そもそも何故、レバノンとイスラエルが戦っているのか。私の理解している範囲で書いてみたい。

今回の事の発端は、レバノンのイスラム教シーア派組織「ヒズボラ」がイスラエル兵2名を拉致し、それに対してイスラエルが報復攻撃をしたことにある、とされている。では、何故、ヒズボラはイスラエル兵を拉致したのか。レバノン大学のダーヘル教授によれば、パレスチナ自治区でイスラエル兵を拉致しているイスラム教原理主義組織「ハマス」を支援する行動だったという。今年1月末に行なわれたパレスチナ評議会選挙でハマスは圧倒的な勝利をおさめたが、イスラエルは和平交渉の相手としてハマスを認めないとし、国際社会も「ハマスが政権に参加した場合はパレスチナに対する支援を停止する」などとしてきた。そういうわけで、パレスチナの人たちの生活は日々苦しくなってきていた。

しかし、本当に、ヒズボラがイスラエル兵2名を拉致したことが大規模な空爆の原因なのだろうか。これまでにもヒズボラがイスラエル兵を拉致したことはあった。それに、イスラエルに拉致・監禁同様の状態におかれているパレスチナの人たちは大勢いる。ダーヘル教授は、イスラエル軍の攻撃が大規模かつ用意周到だったことなどから「拉致事件の発生前からレバノンを攻撃する計画はあったはずだ」とする。その上で、ヒズボラを武装解除し、ヒズボラの拠点のレバノン南部にレバノン政府軍を駐留させ、国境画定の不安定要素を取り除くのがイスラエルの狙いだと分析している。

実際、イスラエルが攻撃しているのは軍事拠点ばかりではない。今朝のニュースにあるように、住民が避難用シェルターとして使っていたビルやモスクが破壊されている。昨年、イスラエルがガザから撤退したことが話題となった。しかし、その実態は、ガザから「撤退」しながら、別の入植地を増やしているし、ガザの状況も撤退前とほとんど変わっていない。このあたりのことは、パレスチナ情報センター Staff Note 「撤退」というレトリック――イスラエルの「一方的措置」と終りなき占領 にわかりやすく書かれている。

昨日、「レバノンの戦争-80年代からたどるイスラエル・レバノンの闘い」というフォトジャーナリスト広河隆一さんの講演会に参加してきた。現地では、薬・食品・水などの物資が極端に不足していて、レバノンの人もパレスチナの人も「ないもの」をわけあっているような状況だという。NPO法人「パレスチナ子どものキャンペーン」では現在、現地のNGOを通じてレバノンでの緊急救援活動をおこなっています。下のサイトを読んで、活動の手助けをしようと思われたら、ぜひ、募金に協力してください。

レバノンでの緊急救援活動開始と募金のお知らせ

郵便局からの振込み、またはインターネットからも募金ができます。

|

« 放送大学「フィールド社会心理学」 | トップページ | カナ(レバノン)で起きたことの真実は »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

そういう見方もあるのですね。
参考になりました。
↓のエジプトうんぬんの話は落合信彦氏の著書から、パレスチナ人記者との対話での一節です。

投稿: カルロス | 2006.07.31 23:42

カルロスさん、

ブッシュ大統領は「イランとシリアがヒズボラを支援している」とか言っているようですね。いろいろな情報があって何を信じればいいのか、と思うことがありますが、私が信じられるかな、と思うところをまとめると上に書いたようになりました。私自身が現地に行っているわけではないし、100パーセント確かとはいえないかもしれませんが。

ただ、戦いの原因がなんであれ、現地の普通の人たちが苦しんでいるのは事実だろうと思います。パレスチナ子どものキャンペーンでは、イスラエル、ヒズボラ、パレスチナ武装勢力に対して即時停戦を求める声明を出しています。
http://www32.ocn.ne.jp/~ccp/others/appeal7.html

投稿: じゃりんこ | 2006.08.01 00:28

おお、7月30日のDAYS JAPAN講演に行かれたのですね。私は予定があって行けませんでした。
でも、急に決まったのに、よくご存知でしたね(@.@) さすがです。

ヒズボラをイラクが支援しているというのは、確かなのではないかと思いますが、それを理由にイラク、ヒズボラ非難を辞めないアメリカの態度が気になります。
結局ブッシュさんは、次の選挙のために、アメリカ国内のユダヤ人支持を得たいだけなのかもしれません。

ヒズボラを支援しているのがイラクで、イスラエルを支援しているのがアメリカ。どっちもどっちな気がします。

投稿: tabeo | 2006.08.01 11:05

tabeo さん、

>でも、急に決まったのに、よくご存知でしたね

そういう tabeo さんも(笑)。でも確かに私は読者でもないしね(^^;)。

>ヒズボラをイラクが支援しているというのは、確かなのではないかと思いますが

そうなんですか。イランではなくて?イランはまあ当然として、イラクも、ということでしょうか。

今日、AFNを聞いてたら、この事件について、ヒズボラによるプロパガンダだ、と話していてびっくりしてしまいました...「報道はウソをつく」という話で、それをアメリカサイドから聞くとは...ということで、このことについてまたちょっと書いてみたいと思います。

投稿: じゃりんこ | 2006.08.01 22:06

タイプミスチャンピオンのtabeです。

あああ、イランです。イラン(泣)
すいません。チェックしたつもりだったのですが。。。。イラクではなく、イランです。。。。


「ヒズボラのプロパガンダ」ですかぁ。確かにヒズボラは今回の件で、被害者の立場は手に入れたのかもしれませんねぇ。んーー。。。
報告、楽しみにしています。

投稿: tabe | 2006.08.01 22:57

tabe さん、

あ、やっぱりタイプミスでしたか。そうかな、と思ったんだけど、私自身、よく理解していないところもあるので自信がなくて(^^;)。

これに懲りずぜひまたコメントしてね(^^)。

投稿: じゃりんこ | 2006.08.02 00:46

今後とも相手をしてやってください。。。。(涙)

投稿: tabeo | 2006.08.02 11:19

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17663/11172098

この記事へのトラックバック一覧です: レバノンでの緊急救援活動への支援を:

» 中東 [共通テーマ]
紛争が続くイラン、イラク、パレスチナ、レバノン・・・ 中東の政治、経済、社会、文化について語ってください。 [続きを読む]

受信: 2006.08.01 12:46

« 放送大学「フィールド社会心理学」 | トップページ | カナ(レバノン)で起きたことの真実は »